人気ブログランキング |

いやもう。暑いですね。
暑い暑い。
タイよりも 日本の方がよほど暑い!
と、毎年のように言ってますが、

実際に、タイ旅行から帰ってきた お教室の生徒さん、
「日本に帰ってきた方が タイより暑い!」と 申してました。

ほんとうだよ、 夏はタイより日本が暑い。


暑い夏こそタイ料理。
でも、子どもがいるとタイ料理食べられんねん。
毎日、お昼ご飯、大変やねん。

という、夏休み中のタイ料理好きママのため息が聞こえてくるような。


ノンノンノンノン!

子どもと一緒に作ってしまえ。
こちら、普通のスーパーで手に入る材料だけで作れるタイ料理コースもありますし。
(8月は、4日の開講です。その他の日程は ご希望の日程をお知らせください)

庭のハーブ引っこ抜いて、現地よりも美味しいカレーペースト作って さつま揚げ作ったりする
超本場級レッスンも、 
意外にお子さんがた、 楽しく一緒に作ってくれます。

お子さんは 小学生は1000円(+税)で、 一緒にお料理できまっせ。



日本食糧新聞社様の たべぷろ にも 紹介されました。
 

子ども受けばっちり、子ども向け専門教室の中で、 かなり異彩を放ってますけれど。

大丈夫。幼稚園で おやつ先生として、人気なんだぜ、チエリセンセー。



超本場級タイ料理レッスンのほうは、
現在、 18、20、25、26日が 開講日です。




by salaisara | 2019-08-02 15:54 | ごあいさつ | Comments(0)


すいません、前回と同じインスタ画像ですが。

このたび、 瞬殺満員御礼!  時短簡単タイ料理教室での 生徒様のご感想。

「これなら子どもと一緒に食べられます。」

いえーす。 今回は、 元々の料理がシンプルなのに加えて、
秘伝のたれに 唐辛子を入れませんでした、敢えて。

唐辛子は 後で自分で足せばよろしい。

タイ料理って、 辛いばっかりじゃないし、
そもそも、自分で作れば辛さは調整できます。


公共施設の 普通のお鍋でも 皆さんちゃんと 炊けました。


どうして炊飯器を使わないの? という質問もいただきました。

作れますよ。ばっちりと。 むしろ水加減火加減とか、炊飯器の方が絶対失敗しないでしょう。

でもね。
チキンライス作った後の 普通に炊いた御飯に
ニンニクやら鶏の臭いがつくのよ。

なんかねー。
私、不思議なんです。
日本人、けっこう香りに敏感なのに、
炊飯器で色々炊いている人、いますよね。

うちは、日本の御飯炊く炊飯器とタイ米炊く炊飯器、分けています。
日本の御飯炊く炊飯器で作るのは、甘酒だけ。
炊き込みご飯も あんまりやらない。 そういうのは 出来るだけお鍋で炊く。

うちのルクルーゼは、煮込み料理よりも 多分、カオマンガイか、その他炊き込みご飯を主に作っているかも。

11月のレッスンで作った
e0159569_11322097.jpg
カオ・オプ・プワック サトイモの炊き込みご飯も、ルクルーゼで炊きました。



12月の 簡単タイ料理のベーシックレッスンでは
同じ御飯料理ですが

e0159569_22521511.jpg
パイナップルカップに入った、パイナップルチャーハン、やります。
日本の御飯で作ります。
日本米でも、 気楽にぱらっと チャーハン作れる技、伝授します。

その他、
ベーシックコース、マンスリーコース共に、 年末年始のパーティシーズンに重宝するメニューですので、
こちらも是非、ご検討くださいませ。
開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。









by salaisara | 2018-11-28 11:35 | ごはんもの | Comments(0)

今日は、 夏休み・親子レッスンでした。

遠方よりお越しいただき、ありがとうございました。


うちには 女子しかいないのと、
今まで私も、幼稚園男子の取り扱いにはある程度慣れていたものの。

つくづく 思った。


小学生男子、 面白いな。

美味しいものを食べているときも 分かりやすいし、
面白い事考えている時も 分かりやすい。

そして、思いついた面白い事を口にすると、
それを言った自分がおかしくて、
また一人で笑い転げる みたいな。

そして、 ママと息子の両方に それぞれ説明して、 それぞれ作業してもらいながら

なんか、 思ったアルよ。


親子だけで料理作るより、
間に先生が入った方が、親子関係は よくなるんじゃね?


実際、たった今現在、
料理じゃないんですけど、
私と娘の間では、 読書感想文戦争 が 勃発しています。
母は、ここをこうすれば もっとこの感想文はよくなるよ!と言っても、
娘は 内容よりも、 早くこの苦行を終わらせたい一心で 文字数埋める事だけに腐心するので
もう、全然、かみ合わないわけですよ。
そして双方、ケンケン言い合ったり、黙り込んだりと、 無駄に疲労する。

こういうケンケン状態、 一度、間に女子高生に入ってもらって
「ここの表現、私もわからないなー」とか言われると、
あれだけ母さんから言われても直そうとしなかった娘、 えらく素直に直したのですね。




これ、うちの 料理教室だとね。
ママは 美味しいタイ料理が 意外に簡単に作れる事が分かるし、
子どもは、料理の楽しさ、大変さも、 体験する事で分かることになる。

ママが教えると、アラばかり見ちゃってイライラするような 包丁使いとかは
先生が 手取り足取り教えてくれるから
ある程度集中して実習が出来る。

で、2人で力を合わせて作ったお料理が美味しい、となったら、
双方ハッピー。
特に、今回は、パクチー苦手男子が、スープで 多少克服できたらしいです。

更に、おうちで2人で作って、パパも美味しいって食べてくれれば、今度は3人でハッピー。

更に更に、子ども、自信ついて、
今度はオレ1人で作るよ!って 作れるようになったら
子ども、自信つくし、
家族みんながハッピー。

もっと言えば、 使う素材の素性が知れたものだから、
健康面での安心感も半端ないわけでして。


ましてや、
カオマンガイ+春雨スープ+たっぷりタピオカ・ココナッツミルクのランチを
レストランで家族3人か4人で食べたお値段で
この先一生、カオマンガイについては困らない人生が歩めるのって、
ものすごく お得じゃないっすか?


もっとも。 今回レッスンに来られたママは

今度は 私1人で レッスンに参加して 大人の癒しを得たいです

とのこと。

はーい! そちらも お待ちしてますよ!!

うちに来られる生徒さんの中には
「3人の子育てに追われるだけの人生はいや!」
「子連れでタイ料理レストラン行けないし、 子連れで外食は疲れるから嫌」
「家で自分の為に、好きなだけタイ料理を作って楽しみたい」
と、土日に ご主人にお子さん預けて、 月に1度のお楽しみで 習いに来られた方、いらっしゃいます。


ということで。
夏休み特別レッスンは、今回で 今年の夏休み分は終了しましたが。

親子レッスンにご興味ある方は、 こちら より お問い合わせくださいませ。

なお、特別レッスンなどは、メールマガジン読者様には 更に特典とかございますので、
ご興味ある方は 御登録 宜しくお願いいたいます。

























by salaisara | 2018-08-17 17:01 | 特別レッスン | Comments(2)