9月のMonthly Lessons,
新たに12、21、28日で 開講予定出ました。

これらの日程で
カレーペーストの材料から見られる グリーンカレーのレッスン、
(あとは、イカのパプリカ炒め、白きくらげのタイサラダと、夏の肌の疲れを癒しメニュー・ タイのお茶、デザート付)

1回参加でも大丈夫です。
一度遊びにいらしてください。

なお、
うちでグリーンカレー食べたら、そんじゃそこいらのランチのグリーンカレーなんざ
色も味わいもモノクロに見えるかもしれません。


あ、昨日の続きです。


食プロ、セミプロが集まってしまった日のレッスンにて。


この日は、カオモックガイのソースが 2種類 出来てしまいました。


ある生徒さんが「カオモックガイには ミントソース」と おっしゃったので。

残念ながら、私が今まで食べてきたカオモックガイは 全て スイートチリソースでした。
ざっくり調べてみても、
その時出てきたレシピに 民とソースがなし。
 
1件、出てきたのが微妙すぎて、
何とか自分なりに解釈して作ってみたら、試作段階で
「これはカオモックのソースとして、 認められない」とまで いわれ。


ええい!
それじゃ、 ミントソース経験者に、 つくってもらってしまえー!
という 大雑把な レッスン。

それはそれで、すげー 楽しいのです。

生徒さんは、 自分のアイディアを即興で試せるし、
ほかの生徒さんは、 どんなものが出来るか、わくわくしながら見ていたり、
これもいれたほうがええんとちゃう? みたいな意見も出てきたりして。

そうして みんなの意見を取り入れて出来た、 ミントソースは
全員が 爽やかで 美味しいね! と 大満足。


こんな、ラボ的レッスンも SALA ISARAっぽいと思ってます。


食べ物の 実験で わくわくしてみたい方。
一度、遊びに来てください。

9月は、カレーペーストの材料大公開の、グリーンカレーレッスンやります。

お申し込みは、こちらから。



他の日程、平日開催、子連れレッスンにつきましては、 個別にお問い合わせくださいませ。2名以上で開講します。



[PR]
by salaisara | 2018-09-04 09:27 | 生徒さん | Comments(0)

8月Monthly Lessons, ご報告遅れましたが、毎回スパイスの香りにわーっと歓声上がるレッスンとして、
全日程がおわりました。

タイのビリヤニ、めっちゃ簡単で、美味しかったー。


そして
ある日のMONTHLY LESSON開講日。

お菓子づくりのセミプロ、
パンとおもてなし料理の先生、
フレンチ系現役コックさん。

と、めっちゃ 濃いメンバーでの レッスンになりました。

特にMonthly Lessonsのメンバーさんは、
タイ料理を深く知りたい人が
多く通ってくださってます。

まあね。
ホールスパイス潰してビリヤニ作りたいとか、
生ハーブ潰してタイカレーペースト作りたい

普通、市販品を買って喜ぶソース類を 手作りしたいという人が 
主にMonthly Lessonsに通われていますん。

私としては、 ここに 料理初級者の方が入っても、
全然 大丈夫と 思ってます。

だって、

何とかの素使っても、 その「素」に何が入っているか分からなければ、
エンドレスに その「なんちゃらの素」を買わなきゃいかんわけですよ。

それがさ、
たとえば、カオマンガイのたれ、 使いまわし編 
みたいに、

e0159569_14024592.jpg

いっこ、ソースの配合覚えたらな、
色々な料理に使いまわしできるねんか。

このタレ、おいしいなー と思ったら、
習った料理以外でも、試してみたら、ええねんか。

調味料をそろえるのがねー ってったってな、奥さん。
オールジャパンのカオマンガイみたいに、 
お醤油だぁの、お味噌だぁの、ジャパンなら、どのご家庭でもあるような調味料でも、
「タイの味!」と 家族がガン食いするくらいのクオリティのやつが、 ちゃーんと 出来るんよ。

8月のカオモックガイのレッスンで使ったスパイスもな。
大体5種類くらい持っていればな、
タイだけじゃなくって、インド料理もあらかた出来るしな。
あれや、フレンチだって、以外にスパイスとかな、よう使うねんな、えきぞちっく、いうの?デザートとか。

瓶入りの 粉のやつな、あれ、ぎょーさん、ラックに並べても、
埃被るぅの、使い切れないぃの、やったらな、
ホールスパイスの、これーっちゅうやつ、5~6種類だけ、もっとけばええねん。

使いたいときに、ちゃちゃちゃー 乾煎りして、ふりかければ、いつもの料理がグレードアップ、ちゅう訳や。

クミンシードなんてね、奥さん。
こども、好きやねん、カレー味やっちゅうて。
消化促進効果あるし、アーユルヴェーダでは、子宮浄化するっちゅうて ありがたーく食べられているんやて。

で、な。
なんで、タイ料理が プロと混じっても、 初級者が気後れせえへんかってな。

そもそもの作り方が 
パンの計量、フレンチの統一性とか、
それがなんやー っていうくらい、 おおらかやねんか。

そして、それらの作り方について、
そんないい加減なの、料理ちゃうねん!っちゅう、あったま固い人は、
そもそも、うちのレッスンには来ないねん。

みんな、 それなら こういう食べ合わせか、どう~?
みたいに、 
持ってる専門知識とか、披露してくれたりな、
一緒に 遊んだり、しとるんよ。


だからな、タイ料理、
食のプロが 知識と技術を広げる為に習うばっかりちごうてな、

特に、日本の、毎日いっそがしぃのに、 何でもチャンとしたい、
料理のバリエーションは増やしたいけど、どこからどう手ぇつけていいかわからへんとか、
ちょこーっと 悶々としているお母さんがな、

ここ来て、ざざーっと、簡単に出来ちゃって、しかも美味しいタイ料理食べてな、
たかが3~4時間、レトロな空気感で癒されてな、
これなら、家族が食べてくれるかな? みたいに、おうちで こっそりタイ料理出したりして、
みんなから「おいしい~!」といわれたら、 密かにガッツポーズする

そんなところやねん、 SALA ISARA って。

・・・・・

あ。

本題、まだ書いていなかった。


本来、私がここで書きたかったのは

「食のプロが うちで 実験的に 手作りソースを試せるんよ」
みたいなことだったのにー!

その話題につきましては、 次に紹介します。




[PR]
by salaisara | 2018-09-03 15:57 | 生徒さん | Comments(0)