タグ:ハーブ栽培日記 ( 48 ) タグの人気記事


6月のMONTHLY LESSONS,
愉快に終わりました。


7月の日程につきましては、 今は、個別にお問い合わせくださいませ。

今、22日が満席で、 他の日程も、刈予約の段階なので、
もし、別の日程で希望がございましたら、 募集を掛けたいと思います。


諸事情により、MONTHLY LESSONSの日程についてフレキシブルに対応できるのは、7月までみたいです。

お早めにお問い合わせいただけますと、 精一杯対応させて頂きます。



さて、そうだ。

このMONTHLY LESSONSに 2年くらい通われている生徒さんが 

じわじわと、すばらしい成果挙げているので、ご紹介します。


彼女は、
タイ料理は大好き。
でも、子どもが小さいし、家族がタイ料理NGなので、
「お友達のタイ人」が よくランチを作ってくれたのを
子どもが幼稚園に行っている間などに 食べに行っていたとのこと。


が、そのご友人が、タイに帰国!

あの、友人の味!と、近隣のタイ料理教室を お試し受講しているうちに
うちの出会い、
ほれていただき、
お友達と2人組で 毎回 monthlyにご参加いただくことになりました。


で、そんな彼女のさいしょの発言が




「*****(食材宅配業者)に献立をお任せすると、
自分で考えなくってもいいし、すごーく楽なんです!」


で、ご自分が好きなタイ料理は、タイ人の友達の家に遊びに行って、
有料化無料か、食べていたという。

それが、 うちで ディープなタイ料理を作るようになったら
「あ、これ、友達が作ってくれた」
「こうやって作るんだ!」
「今日つくったやつのほうが、 美味しいかも!」

となって、

つい先日

「タイ料理のこれは、家族も気に入ったので、 調子に乗って結構作ってます!」

そうよ、調子に乗ってくれ!

そんな彼女は、回数重ねるごとに、
質問も増えてきて、
どんどん お料理上手への階段を上がっています。


やっぱ、とりかかりは、タイ料理好きなら、タイ料理がいいと思います。

****の食材キットの言いなりになるのが なんだかなー と思う
タイ料理ラバーさんは、

是非、 横浜までおいでませ。

1日、美味しいもん食べて、 ベイブリッジとかみちゃって、
1日トリップを、 タイとよこはま くらいののりで、

どうぞ、遊びにいらしてください。


9月からは、 レッスン料お得で、 
家庭料理がいつの間にか上手になっちゃう タイ料理コース、 立ち上げます。


先行予約は告知は、メルマガでします。
今のところ、つらつらと、タイで経験できたらたのしそうなネタ ダダ漏れに披露してます。

ご登録よろしくです。



[PR]
by salaisara | 2018-06-28 22:10 | ごはんもの | Comments(0)

横浜も暑い日が続き。
ベランダの植物に、毎日せっせと水をあげています。


で。

春先にプランターに突っ込んだ ホムデン(紫小たまねぎ)の葉っぱが 
枯れ枯れだったので、
何気なく、ひっぱってしまった。

e0159569_13021719.jpg
そうだよね。
玉ねぎとか、葉っぱが枯れた時が 収穫時期。

ダミット!アタシ! 
誰がベランダ掃除すんのYo!


不用意に 何でもひっぱっては いけない。
何事も、段取り大事。

うまくいけば、6月のMonthly Lessonsで
新ホムデンが使えるかと思ったのに、収穫しちゃったよ。

また、しばし干すことにします。

Monthly Lessons, 
ご参加随時、お待ち申し上げておりまする。
お申し込みは、こちらから。↓





と、まあ。
タイハーブ、 ほんと、生命力強いっちゅうか。

本能のまま っちゅうか。

有る意味、健全ですね。


こういう パワーあるハーブとか ざくざく食べて、
元気になりませう。


メールマガジンは、 今、パクチーについて 熱弁中。
パクチー博士になりたい方、 お早めにご登録を。
ちなみに、我が家のパクチーは 今、こんなかんじ。

e0159569_13173129.jpg
花咲いちゃうと、香りが変わる。
タイ料理で重要な根っこは、 もう、木の根っこみたいになって 食用には適さない。

でも、奴等も生きているんだ。
どんどん子孫を残してくれ。

熟した実は、コリアンダーシードとして、 カレーのスパイスで使える。

こぼれた実からは、また、芽が出て、美味しいパクチーが庭に生える。


そこんとこ、コントロールして、通年市場に卸している、農家さんって、すごいと、
自分で栽培していると、思います。

だから、 うちに来た奴等は、 心して、美味しく頂きます。









[PR]
by salaisara | 2018-06-01 13:44 | ハーブ作り | Comments(0)

秋冬ものの衣類をがっさりクリーニングに出したとたんに、
この2日くらい、めちゃくちゃ寒かったですね。

凍死するかと思ったわ。

そうして。ようやく晴れた今朝、
ベランダの小物がどうなっているかな、と、見に行ったら。

そのまんま。
えいやえいやと、格闘することになるという、いつものパターン。

今回の相手は
e0159569_10245743.jpg
マダガスカルジャスミン。

ジャスミンとう言葉と、 圧倒的な香りで、
5年くらい前に 園芸店にて 悩殺された、 マダガスカルジャスミン。

タイのジャスミン(マリ)とは、全く別の生物ですけど。

あ、先日 タイのジャスミンについて、メールマガジンで書きましたが。
読み損ねたわー という方、 どうぞご登録くださいませ。
リクエストにて、もういっかいくらい、配信できると思います。 
・・・まだ、扱いに慣れていないんですけど。




で。ウチのマダガスカルジャスミンに戻ります。

ええ、ろくに栽培方法も判らず、毎年、アフロのようにもっさーっと茂らせて、
花が咲いて、2回くらい、迫力全開の 実と種までとれてしまい。

それだけ書くと、 
横浜のタイ料理の先生、どんだけ緑の親指よ
と思うかもしれませんが。

実際には、多分、日当たりに助けられた部分が大きいと思われます。

ということで。5年も、雑に育てられた木は、
もう、野放図極まりなく、見た目も悪い。

せっせと、「この枝は必要か、邪魔なやつか」と悩みながら枝を整理しつつ。

やっぱ、プロって、すごいなー と実感したわけです。

ちゃんとキレイに枝葉を整え、
シーズンになったら、びしーっと、キレイにお花咲かせちゃうんだもん。

目下、うちには、 梅の木を プロにお願いしようか、日々思索中。
もし、梅の選定得意な方がいらっしゃれば、ご紹介くださいませ。


お料理もさ。

我流でなんとなくやってるより、
プロに習って、理解して、復習して、応用するという手順が
一番 お料理上手の近道です。


あ。SALA ISARA ThaiCooking Salonでお教えするお料理は、
余程の宮廷料理とかでなければ、
フライパン1こで ぱぱぱーっと、出来ちゃうのです。

タイで8年間、
日本からタイ料理学びにこられた方の 
様々な疑問質問、失敗談に対処してきたんで、

1回習いに来られれば、 絶対失敗しない、
普段のお料理にも応用できる技術、持って帰れますってよ。

横浜の先生、 マダガスカルジャスミンは野放図に育てるけど、
タイ料理を教える技術は お料理のプロに教えるプロですから。

そこんとこ、きっちり、やらせていただきまっせ。



ついでに。
横浜のタイ料理の先生、 やっぱり 木より、ハーブと相性がいい? 
タイハーブ、色々育てています。

3年くらい前?に レッスンで使って、あまりを水にさして、
根っこが出たから植えてみたっていう、

e0159569_10475771.jpg

チャプルー (ハイゴショウ)。
何とか、生き延びております。
そろそろ もさもさになって、 ミエンカム(チャプルーの葉っぱでハーブとかを包んで食べる前菜)パーティをやらせてくれ、と 念を送りつつ。

今年も タイハーブ園・SALA ISARA ,頑張ります。

夏には、ガパオ育ったらガパオ祭りやりたいなー。
9月には、Monthly lessonsでも グリーンカレーだから、ホーラパーも 育って欲しいなー。


レッスンにこられる方、 お庭ハーブをお楽しみに。



[PR]
by salaisara | 2018-05-11 10:51 | ハーブ作り | Comments(0)

ゴールデンウイークですね。
もう、4月がおわっちゃうよ。早い早い。

バナナの鉢を、またベランダに出しました。
今度は 風で倒れないように、一応 ブロックで囲んでみたけど。

全くもって、フォトジェニックじゃないねんか。

だから。
インスタグラムには、 鉢は入れなかった。

というか、画面に入りきれなかった というほうが、 正しい。

未だに、日本の空とバナナの木が 見慣れない。

でも、日本の食材でタイ料理を作るのは、
もはや、日常です。

タイ料理、油少な目、時短調理、 野菜たっぷり、 GI値低め

現代日本人に 最適やん。

たくさんの日本人に、 辛いー、とか、作るの大変ー じゃない、
日本の気候に合う タイ料理を 知ってもらいたいなー 


と。
ぼんやりバナナを眺めていると
タイとバナナ、タイ料理とバナナ、 アジアとバナナ、 
今度はなんか、その辺のネタが 頭の引き出しから溢れてきてしまうので。

その辺は、 明日から始める、 メールマガジンで 
ぼいぼい 配信していこうと思います。

ご登録は、 ↓ バナークリック 、宜しくお願いいたします。
嗚呼、書きたい事が 山盛りだ。




[PR]
by salaisara | 2018-04-28 09:56 | ハーブ作り | Comments(0)

ご挨拶が1日遅れましたが。
明けましておめでとうございます。

タイは、4月13日から15日が ソンクラーン という、
タイ正月になります。

派手な「水掛け祭り」で有名な この お祭り。

ええ、私も在住8年の間、当時住んでいた外国人向けアパートの住民たちと一緒に楽しんだり、
逆に、祭りの喧騒を避けて、この時期に一時帰国したり、別の国に非難したりもしましたが。

仕事で飛行機乗って、いい加減ズタボロになった帰宅途中に水かけられると、
非常にいらつきましたっけ。

という、ソンクラーン。

本来、 この時期が1年で最も暑いタイで、
かつ、作物が最も生長し、これから実りのシーズンを迎えるに当たって

十分な雨に恵まれ、豊作になりますように、という お祭りであります。


そして、うちの庭では。

e0159569_16132783.jpg
パクチーの花が咲き始めました。

今年も、たくさんパクチーが育ちますように。


と。
昨日のケータリングといい、
タイ料理を 美味しい♪ と、ぱくぱく食べてくださる方が めっきり増えたと思う、今日このごろ。

でも、
タイ料理は 作るのが難しい との 定説があるらしく。


もったいないなー。
タイ料理、日本の調味料で十分美味しく作れて、
しかも、フライパン1つで、ちゃかちゃか出来ちゃう料理
たくさんあるのに。

そういうレシピとか、
タイのこととか、

メールマガジン で 発信します。

ご興味ある方、 とりあえず、 
 より、 ご登録くださいませませ。







[PR]
by salaisara | 2018-04-14 16:34 | ごあいさつ | Comments(0)

前進あるのみ


1年たつの、 早いですねえ。

今年の梅の花は、 新しい方の枝に たわわに?花がつきました。

逆に、古い方の枝は、花のつきも少なく、 枝によってはもう、枯れているところもあり。


そういえば、7年前の、 震災直後の週末。
停電もなく、なんか、うちの周辺は、妙に穏やかな、
かといって、 何をやればいいかもわからずに
もう、無心に、ひたすら、庭の雑草を抜いてました。

その効果かどうなのかはわかりませんが、
その後、庭の放射線量を測定しても、自然界レベルの微量の数値しか出なかった。

かくして、毎年安心して 梅の実を収穫し、梅干や梅シロップ作りに励んでました。


安心して 食べられるのが、あとは、これですね。
e0159569_12022937.jpg
パクチー。

庭に畑作って、最初に種まきして、こうやって春に芽が出たとたん、
何かしらの虫に食われて、
「お前らに食わせるために撒いた種じゃない!」と、 姿の見えぬ敵に吠えていましたが。

今じゃ、自然に種がこぼれて、 自然に発芽。

継続は 力なり。


はい、私も、 日本でタイ料理を教え始めて、10年になりました。
タイで 通訳をはじめてからの8年をあわせると、
もう、18年。 タイ料理を軸に、 教える 事を中心として、お仕事してまいりました。

今までずっと、ゆるぅく、愉快に、 
「ここに来ると癒されるし、確実に美味しいものが学べる」という、
ゆるゆる4年以上通う生徒さんも多い、
MONTHLY LESSONS を 4月より料金を上げさせて頂き、

また、より多くの日本人の皆様に タイ料理「なんちゃって」時代を終えて
現地と同じ、「正しいタイ料理」を広めるべく、
コース  作りました。


これからも、 生徒さんたちが、
前進、成長していけるお教室にしていくべく
私も研鑽を積んでいく所存でございます。

これからも、どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。











[PR]
by salaisara | 2018-03-11 12:14 | ごあいさつ | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

10月の レモングラス祭り、 華々しく 31日のぎりぎり月末まで 宴が繰り広げられました。

10月のレッスンが始まる前の うちの庭の レモングラスコーナー。


こんなかんじでした。

で。11月1日の今日。 どんだけ食べたかというと。

結構、空いた。

細めのやつは、あえて残してみた。

でも、奥のほうっていうか、 道路からみたら手前か。
全然減ってないし。

予想以上の繁殖っぷり。

でも、お任せあれ。(誰に)

11月でも 使います、 レモングラス。

e0159569_14064907.jpg
豚肉の 煮込みトムヤム。 トムセープという、東北料理です。
ささっと作る、中部のトムヤムもいいけど、 じっくりこっくり、 滋味のあるトムヤムも 大好きです。


あとは。

e0159569_14101422.jpg
サクー・サイ・ムー。 あまじょっぱい豚肉団子をタピオカで包んで蒸した前菜。

SALA ISARAでは 通称「タピコ」。
これ、タイの屋台でも時々作りながら売っているけど、

自慢しちゃうけど、SALAISARAで作ったやつのほうが 見た目もきれい。

お子様も好きな味みたいで、 4年前にこれ習った生徒さんが、 子連れ持ち寄りランチ会に持っていったら絶賛されたといいます。


あと1品は、お葱と魚のあっさりいため。

葱、これから冬場、美味しくなりますし、 風邪予防にもいいかな。と。

現在開講決定しているのは、 9日(木)と 19日(日)です。

あと、24日、25日も 募集中です。


寒くなってもタイ料理。
寒さに震えながらお店にいかずとも 自宅で美味しいタイ料理が食べられるようになりたいかた、
是非お越しくださいませ。


。。。。ごめんなさい、お店関係者様。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。






[PR]
by salaisara | 2017-11-01 14:19 | 素材・調味料類 | Comments(0)

すいません、 ばったばったで 更新遅れました。

9月のカオマンガイ・レッスン、無事に全日程終了いたしました。


あれだな。
うちのカオマンガイ。
皆さん評するに、 すっきり爽やか系 。

次にmonthly lessonsでめぐってくるのが、 大体4年後ですので
4年も待てない! という方は、 プライベートレッスンをお申し込みくださいませ。


で。10月のレッスンは

これ、すすきじゃないよ。

レモングラス。

もっともあたくし。
タイから帰ってきた当初、
いや、実は今でも時々

道端に生えているススキ見るけると
「日本すげー!道端にレモングラス!!」と、 どきどきしちゃう。

そしてね。
これ、ハーブティとかだと、緑の葉っぱの乾燥したやつにお湯注ぐじゃないですか。

タイ料理では、 一番香りのいいところを使います。

ということで。

10月は、 この 庭のレモングラスを ばっさばっさと、 食いつくそうかと。


本当に、むしゃむしゃ食べられます。
無農薬。 オーガニック。

って、れもんぐラス、 あの香り?が 虫除けになるんですよね。

そんなレモングラスの茂みに手ぇ突っ込んで、 いやと言うほど蚊に食われているのは、このアタシですけど。



はい、レモングラス祭りレッスンの日程です。

10月13日(金) 10時ー 残席1
10月15日(日) 10時半ー
10月29日(日) 10時半ー 残席2?

10月22日も 一度募集かけていたのですが
はたと気づいた。

10月21日の 娘の学校の運動会が雨で延期になったら、22日になるじゃん!

と、いまさら気づいた だめだめ母さん。


その他の日程は、要相談にて、 開講できるかもです。


レモングラス食べて美しくなりたい方、 ぜひとも遊びにいらしてください。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-09-28 16:45 | 素材・調味料類 | Comments(0)