タグ:タイ料理 ( 504 ) タグの人気記事

11月のmonthly lessons,

現在の開講決定日は、
9日(木)10:00-13:00、 
19日(日) 10:30-14:00くらい です。

その他、20日か27日の月曜日、 10:00-と
25日 10:30- が 絶賛 募集中でございます。

11月の おそらく 学びどころは

e0159569_14101422.jpg
サクー・サイ・ムー。 あまじょっぱい豚肉団子を タピオカで包んで蒸した前菜。 
タイ料理でも、 宮廷系。
辛くないタイ料理です。
辛くしようと思えば、食べる時に いくらでも出来ますが。
胃が荒れるので、 おススメしません。 (経験者談)


私、娘が幼稚園の頃、 よくお弁当に入れてました。

e0159569_10340593.jpg
娘、今でもこれ、好きだそうです。

うちの娘に限らず、 甘じょっぱくて、もちもち、かりかり、にむにむした食感が
結構子供受けします。

冷凍保存も出来ますんで、 
事前に作っておいて、 パーティに持っていって、現地で蒸して出したら、すっごく好評だったというお声も頂いてます。



うちのレシピは、 私が見た限り、 バンコクのその辺の屋台で作っていたものよりも、
よほど美しく仕上げるので、
4年に一度のこのチャンス、 是非、つくりにいらしてくださいませ。


お問い合わせは contact より お願いいたします。


それから。 11月をかっとばして、 すでに12月のmonthly Lessonsも 熱烈開講希望の日程がでております。

お店の定休日である火曜日、
12月5.12.19の いずれかに、

ゲーン・ハンレーが絶対習いたい! という ソムリエ・マダムの熱烈希望。

e0159569_10423404.jpg
マダム。これですね。

別名、チェンマイカレー。

うちの娘がかつて、 「ママのタイ料理で一番好きな料理はなに?」と お料理の先生から聞かれ、
「ゲーン・ハンレーっていう、ぶたにくとしょうがとぴーなっつのかれー!」と 即答して、
チョイスがすごすぎる!と、爆笑された、 伝説のカレー。

冬場の、特に12月。
娘のバレエ発表会を控えて
いかなるウイルスも体内に持ち込むな
という時期に、
たっぷりの生姜のはいったタイ・カレーは 大変有効かと思われます。

・・・・バレエ発表会は、うちの事情だな、うん。


とりあえず。
11月のレッスンも もちろん絶賛募集中ですが、

生姜loversの皆様、 しょうがカレーも ご興味ございましたら、 お早めに
「この日は開講できますか?」というかんじで、

contact より お問い合わせくださいませ。

いや、その前に、 かわいいマダムと一緒に 12月の火曜日い カレー作ってくださる方、 熱烈募集します。






[PR]
by salaisara | 2017-11-05 10:52 | カレー | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

10月の レモングラス祭り、 華々しく 31日のぎりぎり月末まで 宴が繰り広げられました。

10月のレッスンが始まる前の うちの庭の レモングラスコーナー。


こんなかんじでした。

で。11月1日の今日。 どんだけ食べたかというと。

結構、空いた。

細めのやつは、あえて残してみた。

でも、奥のほうっていうか、 道路からみたら手前か。
全然減ってないし。

予想以上の繁殖っぷり。

でも、お任せあれ。(誰に)

11月でも 使います、 レモングラス。

e0159569_14064907.jpg
豚肉の 煮込みトムヤム。 トムセープという、東北料理です。
ささっと作る、中部のトムヤムもいいけど、 じっくりこっくり、 滋味のあるトムヤムも 大好きです。


あとは。

e0159569_14101422.jpg
サクー・サイ・ムー。 あまじょっぱい豚肉団子をタピオカで包んで蒸した前菜。

SALA ISARAでは 通称「タピコ」。
これ、タイの屋台でも時々作りながら売っているけど、

自慢しちゃうけど、SALAISARAで作ったやつのほうが 見た目もきれい。

お子様も好きな味みたいで、 4年前にこれ習った生徒さんが、 子連れ持ち寄りランチ会に持っていったら絶賛されたといいます。


あと1品は、お葱と魚のあっさりいため。

葱、これから冬場、美味しくなりますし、 風邪予防にもいいかな。と。

現在開講決定しているのは、 9日(木)と 19日(日)です。

あと、24日、25日も 募集中です。


寒くなってもタイ料理。
寒さに震えながらお店にいかずとも 自宅で美味しいタイ料理が食べられるようになりたいかた、
是非お越しくださいませ。


。。。。ごめんなさい、お店関係者様。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。






[PR]
by salaisara | 2017-11-01 14:19 | 素材・調味料類 | Comments(0)


そう。レモングラス祭りが 華々しく幕引きを迎えようとしています。


「レモングラス、 足りなかったら 刈ってくるから
買ってくる じゃないです。 刈ってくる



こんな 横浜の山奥まで、 生徒さん、来てくれるのかしらん? と、
2011年から この場所で(その前は2008年から 別の場所で)
 ずーっと ソフトオープン状態で 細々と レッスンしていますが。

そうそう。こういうレッスンしたったんだよな、
足りなかったら、レモングラスを がさがさ採ってきて、 みんなでお料理するの。





以下、最近思ったこと
[PR]
by salaisara | 2017-10-30 12:45 | ごあいさつ | Comments(0)

10月のレッスンメニューでご紹介し忘れました。

e0159569_16550907.jpg
ゲーン・ソム・パックルワム・クンソット。

なんだかべた長い名前ですが。 直訳して、 生エビとミックスベジタブルのサワーカレー。

カレーがすっぱくていいのか? と 食べた事のない方は思われるでしょう。

いやもう。 絶品です。
あたし、このカレー大好きなんです。
エビの濃厚なダシ。 たっぷりのお野菜。 そして、ほっとする味の酸味。

タイで暮らしていた事のある人は、このカレーのファン、多いです。


でも、このカレー。 味噌汁並みに作り方簡単なのです。

タイで、その辺の道端で作っているの見て、驚愕しました。

お鍋にお湯沸かして、
適当にペーストを味噌汁のように溶いて、
エビやら野菜やら入れて、
酸味の調味料とナンプラーをちょちょいと入れて、
全部火が通ったら出来上がり。


もっとも、レッスンではちゃんとペーストから作りますけど。
ダシをびしーっととって、絶品間違いなしに仕上げます。


なので、生徒さんがたが 皆さん驚愕する。

レモングラスに浮かれてきたら、実はカレーもメニューにあって、
しかも、スープを飲み干したい程に美味しいときたもんだ。


一度、お皿のふちに穴が開いた飾りになっているお皿で このカレー食べたら、
生徒さんから やんわり 苦情をいただきました。

このお皿じゃ カレーのスープが飲み干せないです。


今月のレッスンは、あと、ぎりぎり29日と31日、若干のお席残ってます。

飲み干したい方、お早めにお問い合わせくださいませ。


それから、もう季節は初冬? 11月のメニューです。

トム・セープ・ムー (豚肉の煮込みトムヤム)
サクー・サイ・ムー(甘い豚肉団子のタピオカ包み蒸し)
プラー・パット・トンガティアム(白身魚と白ねぎのあっさり炒め)

スープは、ことこと煮込みます。でもトムヤム。

タピオカ包み蒸しは、 もちもち、かりかり、むちむちの 三層仕立て? 

ねぎと魚もあっさり、ほっこり。


いまのところ、11月は19日(日) が 開講濃厚。

他の日程につきましては個別にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-10-24 17:05 | カレー | Comments(0)

10月のレッスンメニューでご紹介し忘れました。

e0159569_16550907.jpg
ゲーン・ソム・パックルワム・クンソット。

なんだかべた長い名前ですが。 直訳して、 生エビとミックスベジタブルのサワーカレー。

カレーがすっぱくていいのか? と 食べた事のない方は思われるでしょう。

いやもう。 絶品です。
あたし、このカレー大好きなんです。
エビの濃厚なダシ。 たっぷりのお野菜。 そして、ほっとする味の酸味。

タイで暮らしていた事のある人は、このカレーのファン、多いです。


でも、このカレー。 味噌汁並みに作り方簡単なのです。

タイで、その辺の道端で作っているの見て、驚愕しました。

お鍋にお湯沸かして、
適当にペーストを味噌汁のように溶いて、
エビやら野菜やら入れて、
酸味の調味料とナンプラーをちょちょいと入れて、
全部火が通ったら出来上がり。


もっとも、レッスンではちゃんとペーストから作りますけど。
ダシをびしーっととって、絶品間違いなしに仕上げます。


なので、生徒さんがたが 皆さん驚愕する。

レモングラスに浮かれてきたら、実はカレーもメニューにあって、
しかも、スープを飲み干したい程に美味しいときたもんだ。


一度、お皿のふちに穴が開いた飾りになっているお皿で このカレー食べたら、
生徒さんから やんわり 苦情をいただきました。

このお皿じゃ カレーのスープが飲み干せないです。


今月のレッスンは、あと、ぎりぎり29日と31日、若干のお席残ってます。

飲み干したい方、お早めにお問い合わせくださいませ。


それから、もう季節は初冬? 11月のメニューです。

トム・セープ・ムー (豚肉の煮込みトムヤム)
サクー・サイ・ムー(甘い豚肉団子のタピオカ包み蒸し)
プラー・パット・トンガティアム(白身魚と白ねぎのあっさり炒め)

スープは、ことこと煮込みます。でもトムヤム。

タピオカ包み蒸しは、 もちもち、かりかり、むちむちの 三層仕立て? 

ねぎと魚もあっさり、ほっこり。


いまのところ、11月は19日(日) が 開講濃厚。

他の日程につきましては個別にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-10-24 17:05 | カレー | Comments(0)


レモングラス祭り、大いにお祭り中でございます。

今月はあと、29日(日)10時半ー と、31日(火) 10時ー となっております。

で、さて。 レモングラスは生食できるか?

できます。 あんな、ススキみたいなやつでも。 口切れませんよ。


生食の代表格。

e0159569_14323456.jpg
ヤム・タクライといいます。 まさに、レモングラスサラダ。

いや、レモングラスと紫小たまねぎの下には、 春雨がありますが。

このはるさめのチュルチュルに、 レモングラスのざくざく感が たまらんのです。

で、口の中は一気にレモングラスの香りに包まれます。


で、このヤム、その レモングラスの多さゆえに、ドレッシングに ちょいとコツがあります。


お庭でレモングラスが育ちすぎたかた、 是非遊びにいらしてください。


ご興味ある方は、 お早めに
contact より お願いいたします。




[PR]
by salaisara | 2017-10-16 14:35 | サラダ(ヤム) | Comments(0)

10月のmonthly lessons,

水戸のなんだとか(謎)、 色々ありましたが、 無事にはじまりました。

この画像で生徒さんが刻んでいるもの。

ねぎじゃないよ。 レモングラスだよ。


いやはや。随分と立派に」成長してしまったもんだ、うちの庭のレモングラス。


More
[PR]
by salaisara | 2017-10-12 16:23 | 肉料理 | Comments(0)

e0159569_18194720.jpg
9月のMonthly Lessons,  快調に開講中。

・・・・とおもいきや。

実習の前に生徒さんに カオマンガイ好き?と問うと、

「前に食べたことあるけど、 美味しいは思わなかったんです」というご意見が あちらこちらから。

OMG!


ええ。もちろん、美味しい作り方をお教えして、 おうちで作ります、お弁当にもって行きます!と、 
がっちり胃袋つかませて頂きました。


今まで どこぞやで食べたカオマンガイにがっかりされた方は

9/17か26日には、 若干のお席がございますので、 お問い合わせくださいませ。
その他の日程は、9月中は、 日程によっては要相談、 2名様以上で開講させて頂きます。

カオマンガイを極めてみたい方、 どうぞ、 ご連絡くださいませ。





More
[PR]
by salaisara | 2017-09-10 18:56 | ごはんもの | Comments(0)