人気ブログランキング |

タグ:タイ料理教室 ( 40 ) タグの人気記事


横浜タイ料理教室 SALA ISARA 6月の 「ガパオ炒め 食べ比べレッスン」 予定分の全日程が終了いたしました。

生徒さん方のご感想。

「今まで豚肉好きでしたが、 SALAISARAのレシピの鶏肉は、 美味しいです」

「どっちも全然違う美味しさ」

「ひき肉はご飯に合うし、鶏肉は おつまみとしても食べたい」


ほーほーほー。 狙ったところでございます。



そうして、みんなでぺろりと料理を平らげて
デザート頂きながら


レモングラスの話になりました。

そこで気づいたセンセー。

今日、満席のレッスンの生徒さん全員が、レモングラスを育ててるって。


すごいなー。 皆さん、 やる気満々っす。


レモングラスの栽培自体は、 水さえ切らさなければ 結構簡単です。
虫よけハーブでもあるので、虫もつきませんん。
ナメクジに食べられたことはあるけれど。



7月のレッスンにご参加の方で、 ご希望の方は レモングラスの苗、お分けします。


7月は ハーブから ペースト作って グリーンカレーチャーハン、 やりますよ。

e0159569_13535184.jpg
カレーペーストにも レモングラス入ってます。

スケジュールは ↓こちらをご参照頂くか、 開講してほしい日程を 直接 こちら より お問い合わせください。







by salaisara | 2019-06-23 18:46 | 生徒さん | Comments(0)



横浜タイ料理教室 SALAISARA 6月のMonthly lesssons,

ガパオライス、食べ比べレッスンです。

やっぱりね。
自分で作るのが 一番おいしいですよ。

ガパオ入っていないじゃん! と むかっとすることもないし。
辛さが足りない! と、いらっとすることもない。

しかも、習われた生徒さん、皆さん
「こんなに簡単に作れるの!? と、びっくりぽん。



23日のレッスンは、満席になりました。

「えー、調整していたのに!」 という方。
このレッスンでしたら、 引き続き7月も 承りたいと思います。
ご希望の日程をお知らせくださいませ。




by salaisara | 2019-06-18 09:36 | ごはんもの | Comments(0)


【レシピブログの「家飲みを楽しもう!スパイスでひと工夫♪夏のおつまみ」 レシピモニター参加中】
おつまみ料理レシピ
おつまみ料理レシピ スパイスレシピ検索




チャーハンの次にやりたかったのは、
トムヤムクンピザ。


[1人分]
むきえび 5尾
ぶなしめじ 100g
トムヤムペースト 10g
とろけるチーズ 適量
食パン 1枚
パクチーの葉っぱ 適量

1 パンにトムヤムペーストを塗る。

2 エビと石突を取ったしめじは小さじ1の油でしんなりするまで炒める。

3 2の海老、ブナシメジをパンに乗せ、チーズをかけて  トースターでチーズがとろんとするまで焼いてから、 パクチーの葉っぱを飾る。


チーズとトムヤム、合いますって。
嘘だと思ったらお試しあれ。


しかし、娘の方が上手だった。
トムヤムペーストとトマトケチャップを混ぜて塗り、 チーズは粉チーズ。
すぐに食べちゃったけど、娘の作ったトムヤムピザトーストのほうが 数倍斬新だった。

大人って、やぁねー。 頭が柔らかくない。







by salaisara | 2019-06-17 17:21 | Comments(0)



初夏の美味しい「イエシゴト」!わがやの食卓を飾る手作りメニュー

e0159569_17041726.jpg

もう一回、 画像使いまわし。

6月の Monthly lessonsから、 梅ジュースがお出しできると思います。
野菜や果物は何でもそうかもしれませんが、 鮮度第一。

毎年、このシロップのファンが続出します。

また、毎年 梅干しも作ってます。
梅干しは、作ってすぐよりも、1年以上寝かせたやつが 塩の角がとれて おいしいです。


6月のベーシックコースでは、 自家製梅干しを使った 超絶簡単タイ料理を お教えします。

そういう意味では、 小粒な梅漬けで作る、本場タイの味よりも、 3ランクくらい 美味しいやつが 横浜で頂けます。
もちろん ご自宅でもすぐに作れます。
まだ募集中ですので、 休日のランチ食べる感覚で 遊びにいらしてください。
近所の三つ池公園の新緑もきれいなので、 食後、いや、レッスン後の散策もおすすめです。



それから。 最近、スーパーで ナスがお安く手に入るようになりました。
ナス好きにうれしい季節到来です。

子供のころはナスの食管が苦手でたまりませんでしたが、
20歳のとき、 何をとち狂ったか、 ランチに入ったレストランでナスとトマトとチーズのグラタンなんぞをオーダーしてしまい、
えいや!と食べたら以来、大好きな野菜に変身し、
大人になったと 実感したものです。

ナスとトマトとチーズの組み合わせ、最強。

レシピ1つ 公開しました。  

ジューシー焼きナスチーズオムレツ
元ネタは、フィリピン料理のトルタンタロンという、焼きナスをぺたんこに潰して卵液と合わせて揚げ焼きにするという、若干ナスにかわいそうなビジュアルなので、より食べやすく、かつ、大人も子供も喜ぶ味と形にしました。

子どもも一緒にナスをおいしく食べられるレシピを目指しました。

あー、フィリピン、また 行きたいなー。
治安、あのころよりは 良くなっているといいなー。




by salaisara | 2019-06-01 15:22 | Comments(0)

e0159569_17041726.jpg
昨日の夕方、 娘が「梅の実がもう 熟してきているよ!」と とれとれプレッシャーをかけてきたので、 
仕事帰り直後に 梅の収穫、 一晩水に漬けてから、
熟して傷のないやつを 塩漬けにして、 青いの、ちょっと傷ついているやつは、梅シロップ仕込みました。

6月のベーシックは間に合わないかもしれないけれど、
Monthly lessonsからは、 ウエルカムドリンクで 梅ジュースお出しできると思います。


6月は、 17,18.23日で、 本当のガパオライス、お教えしますよ。
お申し込みは、こちらからお願いします。 ↓


すいません、 今、 HPが消されてしまいました。
別のドメインで 再開を目指しておりますので、
しばらくは、 各種お問い合わせはクスパ様のページから お願いいたします。

お教室以外のお仕事のお問合せも 超絶募集中です。



ところで。 私。 ちょっと面白いお仕事をいただき、 都内のキッチンでたくさんのお料理を盛り付けるお仕事を 始めました。

色々なところから来た、加工食品などを 表示通りに調理して、 きれいに盛り付けるお仕事。
残ったり、意見を求められる時には味見したりもいて、
なんだ、すっごく楽しいです。

ところが 就業2回目で、私のアレルギーが出ました。

なんか、ごくたまに、 恐らく食品添加物のアレルギーで 蕁麻疹が起きます。

一度などは、旅行先のカナダで あれよあれよと蕁麻疹が広がり、
ひどく焦りました、あの時は。

でも、レストランで出てくるものは 表示もないので避けられないし、
ましてや、日々の買い物で 「こいつが蕁麻疹の元だ!」と、 いちいちチェックするのも難儀なので

特定はしていません。




同時に、 思いました。

自分の体に入れるものについて、 知っておくのは良いことだ、と。


6月のレッスンでは、「本当のガパオライス」お教えします。
材料は、ちゃんと目に見えるもの。
ガパオと呼ばれるバジルの香りを きちんと香っていただき、
メイン素材によって 調味料の配合を変えて、
いつでも 「自分で作るのが一番おいしい」ガパオライスが作れるようになるレッスン。

今、いろいろな合わせ調味料が販売されていて、
あっという間に 失敗のない味のお料理ができる 世の中です。

でも、その中に どんなエキスや香料や保存料が入っているか 表示はされていても、
私は それらが一体何なのか、わからないものが多いです。

そうして、 時々 「あれ?ちょっとかゆい」とぽりぽり掻いたら どんどんぶつぶつが広がっていったりもします。


便利な食材に頼るのは、 時間的、気持ち的にも 全然良いこととは思うけど、

せめて、自分の好きなものは、 自分で調味料を配合して、 自分がおいしいと思う食材使って
自分が一番おいしいと思える味付けで食べるのが
長い人生でも 最もコスパの良い事だし、 
もちろん 体にも心にも優しい事だと 
私は 思います。


なぁんて言ったって。
6月のレッスンでは、 デザートで がっつり着色料使いますけど。

e0159569_17403552.jpg
ガパオライスのデザートに。 タップティム・クロープも みんなで作りますよー。






by salaisara | 2019-05-31 17:42 | ひとりごと | Comments(0)


6月のMonthly lessons。 私としても4年ぶりのお楽しみは、 ミエンカム。

普段のごはんには作らないけど、パーティには絶対いいな、と 再確認。
ハーブがっつり食べられて、うまうまです。


今月は、あと、26日に1席空きました。  
バーンカニタでかつて、 1個しか出てこなくって、 心行くまで食べたい方、ぜひいらしてください。



6月は、梅干しレッスンと、 ガパオ食べ比べレッスンです。



それから。
今の生徒さんたちからリクエストがあって、前向き検討中なのが

イブニングレッスン。

例えば土曜日夕方から、 ビール1本ずつつき、
デモンストレーションで2品くらい私が作って、
みんなでゆるっと頂くの。

夏なら 普通のmonthly lessonsでやらない、ガイヤーンとか 焼いちゃったり。

今のところ考えているのは、
開催日は土曜夕方なのですが

平日開催希望!など ございましたら、
お知らせくださいませ。







by salaisara | 2019-05-20 17:23 | スナック・前菜系 | Comments(0)



今月の 「習って、スーパー寄ってちょこっと買い足し材料買って、 お夕食にしれっと出せる、タイ料理レッスン」
というメニューを取り揃えております、 ベーシックコース、5月の回、終わりました。

あ、もし 「5月中に これ習いたい!」という方いらっしゃいましたら、 Contact より お問い合わせください

6月のベーシックこースは
梅干し がキーワードです。

おにぎりに入れるだけじゃないのだ、梅干しは。

6月9日(日)に 開講ですよ。

お申込みは 
クスパ様の予約フォームから お願いいたします。









この中の、 卵と春雨の炒め物は

日本食糧新聞社様運営の
働くママ向けウエブサイト、「たべぷろ」でも 紹介させていただいております。



あ。今一番最近のは、 布についたターメリックの落とし方、 白雪ふきんを実験台に、実証してます。

と、まあ、ね。
無料でも さんざんっぱら レシピが氾濫しているのですが

やっぱり、実際に習わないと伝わらない事も 実際あるわけで。

それ以上に、
料理だけ じゃない いろいろな刺激が得られます。

この日のレッスンでは、
お料理のほかに、
法律の話とか、芸能界の、すっごい裏話とか、
ほかの何処でも教えてくれなさそうな話が
ばんばん出てきましてん。

会社と家庭の間に、 月に一度くらい、 その間で どちらとも関係ない話で大笑いして、
おいしいもの食べて、
自分が実際に作って味わったものを、 おうちですぐに実践して、 
家族にも「こういう料理もおいしいね!」と 喜ばれたら

ものすっごーく ハッピーじゃないですか?


SALAISARA (自由のあずまや) は そんな お料理教室です。


って、いや、たべぷろ記事も Nadiaレシピも、 ぜひぜひ 日々のごはんにお役立て下さいませ。



by salaisara | 2019-05-13 14:20 | ごあいさつ | Comments(0)


今週1週間、 レシピサイト Nadia様 トップページにて、
おすすめartistとして紹介していただくことになりました。

ウォーリーを探せ、よりは 見つけやすいと思います。

見つけてみて、レシピみて、「あー、サクライらしいわー」と 納得して、
もしよろしければ、みたよー 作ったよー、と、レシピサイトのほうに ご感想など頂けると 励みになります。


応援、夜露死苦。(古)


5月のMonthly lessons
26日に1席空きが出ました。 ハーブを腹いっぱい食べてみたい方、
普通のタイ料理屋さんではまず出てこない、
出てきても、ちょびっとだけ、という お料理、
自分で作れば食べ放題です。





あと、6月のベーシックコースは 9日(日)、
お魚の梅干し蒸し、 エビまるごと春巻き、プラムソースと、 タイ菓子のくせに、クッキー・シンガポールっていう、クッキー、作ります。


by salaisara | 2019-05-13 08:55 | ごあいさつ | Comments(0)

ゴールデンウイークは、 前半ー仕事。 中盤ー掃除 後半ー実家 と、 有意義に過ごせました。

そして、家に帰ってきたら

庭のパクチー、花さいていました。

このまま実がなるのを待って、 また種がこぼれたら 夏にもパクチーが育ちます。

が、

どうも最近、 この過去記事が えらく検索されるのですね。


この最盛期ほどではございませんが、
今咲いている花と、 これから咲くであろう花、 どうぞ、食べてみてください。
完全無農薬、有機栽培です。
(ほったらかし ともいう。。。。)

パクチーのお花を愛でながら、 
みんなでタイ料理作って食べて、
ぱぱぱーっと、思い立った時に作って食べられる タイ料理のレシピもゲットして、
タイにいけないときも ストレスを感じないくらいに 日本でタイ料理を自分で楽しめるようになれますよって。


5月最初のレッスンは 11日です。 その次は21日、26日です。

もちろん、パクチーの花を食べてみたい 1回のみの御参加も、全然OKでございます。






by salaisara | 2019-05-06 17:13 | 素材・調味料類 | Comments(0)

e0159569_18061407.jpg
お仕事上、 キレイキレイに お写真を撮る事に 心血注いで 盛り付けをしておりますが。

アジア全域を網羅されている お料理研究家さんから
「タイでは ガパオライスは鶏のほうが多いと思う」とのご意見いただきました。

うーん、どっちもアリかな?
牛もあるよ。
私、タイでイスラム教徒の先生から習ったガパオ炒めは 牛肉でした。


日本のガパオライスは ひき肉を使う事が多いですけど、
タイは、 お肉がごろっとしているか、 叩いて粗みじん切りにしています。


で。
特に鶏肉入りのガパオ炒め、お肉がごろっとしているやつは、ビールのおつまみになります。
ひき肉だと、そうはいかない。

自分でお肉の大きさを選んで作るなら、 やっぱり自分で作るべし、です。










by salaisara | 2019-05-01 18:15 | ごはんもの | Comments(0)