12月のレッスンは、 Monthly Lessonsから 始まりました。

今月は、タイ料理で お・も・て・な・し  で活用できる お料理オールスターズ。・・・か?

まずは。 日本人に人気の エビパン。

って、 海老パン、海老トーストって、誰が約したんだろう?
私もいい加減、ぶっ飛んだネーミングでタイ料理を約すので、 あまり他人様の事をとやかく言えませんが。


でもね。

e0159569_18153991.jpg
手前のパクチーや赤いのが くっついていて かわいらしいのが 豚ひき肉のっけ揚げトーストの
カノムパン・ナー・ムー。

画像奥の 三角の地味なやつが、 カノムパンナークン。あの 人気者のえびぱん。


どう見たって、豚パンのほうが フォトジェニックじゃね?


タイの屋台でも、カノムパンナームーのほうが ポピュラーです。


今月のMonthly lessonsでは、 海老も豚も、同時にやってしまいます。
けちじゃないよ、ぐりとぐらSALAISARA.

今日のレッスンでは、 揚げたてを みんなでほおばって、うまい~♪ の 大合唱、頂きました。


ご予約はこちらより よろしくです。
開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。



なお、9日の パイナップルチャーハン・レッスンは、 満席となりました。
別日程を御希望の方は、 HPの お問い合わせページより、 希望日をお知らせください。




# by salaisara | 2018-12-03 18:23 | スナック・前菜系 | Comments(0)


韓国唐辛子も 持ってはいたのですが。

日本の調味料でタイ料理が 誰もが納得するレベルに作れるレシピが出来たのであれば、

タイの調味料を使って 別の料理を作る事も やってみたくって

丁度、最近お安い白菜使って、 キムチ漬けました。

結果。

辛い、タイ唐辛子!!!!


少量で 脳天突き抜けるからさ。

韓国唐辛子なら、がっつり入れて、コクも出せるのですが、
タイ唐辛子では、 お砂糖増量しても、 こくという点では及ばず。


生徒さんには散々っぱら、唐辛子の代用するな、と言っているのに。


いや、想定内でした。大丈夫。 私が全部、頂きます。
カピ(蝦醤)とか、ナンプラーとか、 ほかの材料は全然いけたんだけどなー。



そういう事とか何とか、
実際にお喋りしながら 美味しいタイ料理を学びたい方は、是非遊びにいらしてください。

開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。




もちろん、12月のレッスンも、絶賛受付中でございます。




# by salaisara | 2018-12-01 20:36 | 素材・調味料類 | Comments(0)


私、 実は お粥が好きみたいです。

風邪ひくと、「さあ!お粥だ!!」と、嬉々としてお粥さんこしらえる人です。
お茶漬けには余り未練はないけれど、 とろりと煮込まれたお米は 
少しの御飯でも お腹が温まって満足感が得られます。

あ。
タイで暮らしていた時、タイ米の御飯に 日本のお茶漬けのもととお湯注いでお茶漬けにしたら
下手に膨らんだ細長いタイ米が 大いに食欲減退しましたっけ。。。


日本のふっくら甘いお米で作るお粥さんは、
シンプル正統派で 梅干で頂くのがいちばん とは思うものの。

普段元気な時には、それだけだと 物足りない。


元気な時のお粥として、 タイのカオトム に 寄せて ランチでいただきます。
カオが御飯。 トム は 煮る。

その後に、クンと続けば 海老。 ガイとくると 鶏 になります。

ナムプラーは 出汁しょうゆ的な役割になるので、
白粥にさっとかけるだけで、 いい風味が出ます。

年末年始の 忙しい時期。
元気なおかゆさんで 乗り切りましょう。

って。 タイのおかゆレッスン、来年1月のメニューなんですけど。


今から どうぞお楽しみ二でございます。

ベーシックコースでは、 日本の冷ごはんから だんだんタイ料理になっていく過程を楽しんで頂きます。

マンスリーコースでは、 きちんとタイ米でしろ米~海老入りの薄ピンクのお粥、
それから、 食べるスープともいえる、 滋養たっぷり、ジョークという スープお粥の食べ比べをレッスンします。


開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。




もちろん、12月のレッスンも、絶賛受付中でございます。











# by salaisara | 2018-11-30 14:43 | ごはんもの | Comments(0)


すいません、前回と同じインスタ画像ですが。

このたび、 瞬殺満員御礼!  時短簡単タイ料理教室での 生徒様のご感想。

「これなら子どもと一緒に食べられます。」

いえーす。 今回は、 元々の料理がシンプルなのに加えて、
秘伝のたれに 唐辛子を入れませんでした、敢えて。

唐辛子は 後で自分で足せばよろしい。

タイ料理って、 辛いばっかりじゃないし、
そもそも、自分で作れば辛さは調整できます。


公共施設の 普通のお鍋でも 皆さんちゃんと 炊けました。


どうして炊飯器を使わないの? という質問もいただきました。

作れますよ。ばっちりと。 むしろ水加減火加減とか、炊飯器の方が絶対失敗しないでしょう。

でもね。
チキンライス作った後の 普通に炊いた御飯に
ニンニクやら鶏の臭いがつくのよ。

なんかねー。
私、不思議なんです。
日本人、けっこう香りに敏感なのに、
炊飯器で色々炊いている人、いますよね。

うちは、日本の御飯炊く炊飯器とタイ米炊く炊飯器、分けています。
日本の御飯炊く炊飯器で作るのは、甘酒だけ。
炊き込みご飯も あんまりやらない。 そういうのは 出来るだけお鍋で炊く。

うちのルクルーゼは、煮込み料理よりも 多分、カオマンガイか、その他炊き込みご飯を主に作っているかも。

11月のレッスンで作った
e0159569_11322097.jpg
カオ・オプ・プワック サトイモの炊き込みご飯も、ルクルーゼで炊きました。



12月の 簡単タイ料理のベーシックレッスンでは
同じ御飯料理ですが

e0159569_22521511.jpg
パイナップルカップに入った、パイナップルチャーハン、やります。
日本の御飯で作ります。
日本米でも、 気楽にぱらっと チャーハン作れる技、伝授します。

その他、
ベーシックコース、マンスリーコース共に、 年末年始のパーティシーズンに重宝するメニューですので、
こちらも是非、ご検討くださいませ。
開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。









# by salaisara | 2018-11-28 11:35 | ごはんもの | Comments(0)


私が こども食堂のボランティアさせていただいている 地区センターの調理室で
タイ料理ワークショップの講師をさせて頂きました。


このワークショップ。
私にとっても、地区センター担当者さんにとっても、予想外だったことが。

1 予約開始からすぐに 増席分まで埋まってしまった。
しかも、予約開始の初日は、わざわざ地区センター受付に来て、対面で申し込み。翌日からが電話受付なのですが。
翌日からの電話受付も、朝のうちに満席になり、 その後の申し込みはお断りせざるを得なかったとの事。

2 参加者の性別、年代などのバリエーション豊かなメンバーだったこと。
30代、お子さんが小学生という主婦の方から、ロマンスグレーの男性から、
パクチー大好き♪なお料理好きさんから、 実はタイ料理苦手なんだよねー な、お友達のお付き合いさんから
地区センター料理ワークショップの常連さんから、
何はともあれ、料理教室という所に来て見たかった、という、習うの自体がはじめてという方まで。


タイ料理って、こんなに、色々なジャンルの人の 共通項になれるのねー。


そして、ここからが、サクライセンセーの本領発揮でございますが。

3 全員が 美味しかったと公言し、 ほぼ全員が、家でも作りますと宣言しました。

アンケート集計結果、 ほぼ全員が 「思ったよりも簡単に作れた」ので、「家でも作ってみたい」と回答されました。

食材の手に入れやすさも好評でした。

今回、私がタイの調味料で調合したものと、
レシピで作った、日本の一般的な調味料だけで作ったバージョンの 味を比べて頂いたのですが、

食のお仕事されている方からも
「さすが、サクライセンセー・クオリティ!」との お墨つきをいただきました。


ということで。
この、「時短で本格タイ料理・日本の食材で作ります」レッスン、
夏休みもすこぶる好評でしたが、
単発でも、グループ単位で オーダーメイドでも承りたいと思います。
通常のオーダーメイドレッスンよりも、かなりお安く提供させて頂きますので、
ご興味ある方、 HPお問い合わせフォームより、 お問い合わせくださいませ。


それから、12月の通常レッスンも、 
ベーシックコース、マンスリーコース共に、 年末年始のパーティシーズンに重宝するメニューですので、
こちらも是非、ご検討くださいませ。
開講日時につきましても、 2名さま以上、要相談にて承りますので、 そちらも お問い合わせフォーム↑より
お問い合わせくださいませ。









# by salaisara | 2018-11-26 16:23 | 特別レッスン | Comments(0)