全然自慢じゃないけど。
あたし、娘が幼稚園の時、 週に4回 お弁当生活でした。

ですがね。
3年半、そうやって お弁当スキルを磨き、
卒園時には 「撮影で使えるレベルの 美しいおむすび」と、プロに賞賛される腕前を磨けども。

一度、現場を離れると、たまの復帰は 余計に手順がわからんのよ。


料理を仕事にして、40-50人前のお料理を段取りできる、
この あたしだって、

たまに作るお弁当ほど、 手ごわいものはないのです。

原因を上げると。

1 子どもの成長による、お弁当の量が把握できない。
毎日詰めていれば、段々に 足りなくなったの何の、文句も出るというもんです。
しかも、たまにだと、 食べる本人でさえ、これくらい、なんていえないのです。

2 「お弁当枠」の冷凍食品などのストックがない
毎日のことなら、 例えば、晩御飯の残りを数日冷凍しておいて、そ知らぬ顔でお弁当に詰めるとか、
ちょっと材料があるときに、お弁当用につくっておくとか、
小技が効かせられるのですが、
たまのお弁当=ちょっと特別な事情 でもあり。
そうなると多少たりとも 張り切る必要性があるじゃないですか。

だから、世の中の お弁当苦手意識のあるお母さん。 何も気弱になることないのです。

たまのお弁当に あたふたするのは、もう、しゃあないや、
プロの先生だって 言っているんだから、と、 あきらめましょう。

・・・・・いや、あきらめちゃいかんか?


タイ料理の調理法だと、短時間で ちゃちゃちゃー っと フライパン1個で作れます。

ちゃんと、「腑に落ちる説明」があれば、
普段のお料理にも、その タイ料理で習った 調理の技が 使えます。

あれやってー、これやってー、はいできたー だと、
習った気分だけで終わっちゃうからな。

横浜のタイ料理の先生のとこ、習いにくればな、 その辺、びしーっと 説明しますがな。




メールマガジンご登録、お待ちしてます。
今晩20時には、 タイの卵って、どうよ、って話、配信予定。


ほいでもって。
散々っぱら、 お弁当がうまく出来ない 理由をごねまくった、 横浜のタイ料理の先生が 
小4の娘の社会化見学のために作った弁当。



e0159569_11300927.jpg
どこの運動部の中学生のお弁当か。って ほのかに母さん心配になる量なんですけど。

彼女が この量 と 言ってきました。
まあ、食べきれたかどうか、 結果を待ちます。

ちなみに、おむすびは2種類です。

お試しで買ってみた、 青森県産 青天の霹靂 の白米ベースと、
友人のご実家から分けて頂いた、 北九州産、夢つくしレンゲ米の玄米塩むすび。

彼女いわく、
「晴天の霹靂は、おむすび向きだね」とか。
「れんげ米は、ミルキークイーンにも似ているけど、れんげ米のほうが 香りがさわやかだね」

何処のお米評論家でしょうかね?


こういうの、 多分、それなりに意識して食べていないと わかんないかもです。
今回は、こういうお米をたいてみました、とか。

毎日食べる ごはんですもの。
健康にどうとか、何ちゃら というより、
楽しく美味しく、 細く長く、 続けていくもんだと、 思います。

だから、お母さんも、子どもや家族のために、食べたいものをガマンしないで、
毎日のご飯を、どんどんチャレンジしてみてください。






[PR]
# by salaisara | 2018-05-14 11:57 | ときどき・娘のこと | Comments(0)

Happy Mother's day!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by salaisara | 2018-05-13 20:50 | ときどき・娘のこと

e0159569_14550486.jpg
今更にはなりますが。
ご縁あって、購入しました。 

自慢しますが。
私と この本の著者である 下関崇子さんは、 同じくらいの時期に、タイに住んでいました。
同じ日本人向け情報誌に記事やコラム書いていました。
お互い、日本帰国後も、1~2年に一度くらい? 一緒にご飯食べて、近況報告とかしていましてん。

あたし、基本的に、タイ語以外のタイ料理レシピ本は、気が散るので 読まないようにしているのですが。

下関さんのこのご本は、 
レシピを読んで本格的に作るぞ! っていうより、
懐かしい、いい時代だった バンコクを 懐かしく思い出せる本であり、
日本にご帰国後、
タイ人ご主人のホームシック対策でもないらしく、(笑)
ただただ、下関さんご自身の 「当時のバンコクシック」解消のために
日本の食材とタイ語のレシピサイト(私は知ってる。かーなーり、分量とか、面白い事になっている)を調べまくり、
主婦として、家族のご飯を作りながら、 試作を繰り返し、
ようやく レシピ化して、

それを、出版までこぎつけちゃった という 本です。


いや。
日本全国に、 絶対いると思う。いっぱいいると思う。
「トムヤムクンや、グリーンカレーじゃないんだよ! あの、
 名もないぶっかけ飯食堂で食べた、あの、名前も知らないあの料理!
と、
ご帰国後に タイ料理シックに陥った経験のある人。


我々住んでいた頃のバンコクは、

まだ、屋台が大幅に、ハバを利かせてました。

サイアム・パラゴンが出来る前は、 えらく庭の広い、古いホテルがあり、 ホテルの庭に、孔雀が飼われていました。

繁華街に、夜になると 象が普通に居ました。
象の飼い主から観光客がえさを買い、
そのえさで象の小腹も、飼い主のお腹も満たされていました。

なんか、今のタイよりも、いろんなことが、 ゆるやかで、おおらかな時代でした。


このご本は、
下関さんと一緒に、 その頃のバンコクの「思い出」に浸りながら、
料理を再現してみる という  使い方が適当じゃないかしらん?と 
読んで、ほっこりしながら、思いました。


でもね。 
多分、 これらの「思い出ごはん」、
一般の人なら、 レシピあげる前に、 とうに挫折してると思います。


「タイで食べたあの料理、日本でも出来ると思うんだけど、作れない!」と、
もやもやしてる方。

タイまで食べに、習いに行かずとも、
横浜のSALA ISARAにいらっしゃれば、
食べたい時に、フライパン1個で、ちゃかちゃか作れて、
しかも、
現地のそこいらのお店以上に美味しく出来ちゃう タイ料理、お教えしちゃいますよって。

あ、チープな味も、もちろん、いけまっせ。


読むだけで、 タイとタイ料理通になれる、メールマガジン、
 こちらより ↓ ご登録よろしく♪
今晩20時には、 タイフェスの サクライ的楽しみ方 を 来年の参考か、来週の大阪参戦者向けに 紹介します。


5月のMONTHLY LESSONSは、 
タイのシーフードレストランでよく食べた、 魚の梅干蒸し(プラー・ヌン・ブアイ)と
タイのシーフードレストランで、かなりびびりながら食べた タイの海老刺身(クン・チェー・ナンプラー)と、
タイの屋台だと、ほとんどのお店で、かっさかっさに揚げられていた、豚肉のニンニク揚げ(ムー・トート・ガティアム)です。

ムー・トート・ガティアムは、タイの屋台よりお肉柔らかに揚げます。

うちのレッスンの中で、一番お得なコースです。

こちらより お申し込みください。 いまのところ、18,27,29各日とも、 1席のみ、あいてます。






[PR]
# by salaisara | 2018-05-13 15:50 | ごあいさつ | Comments(0)

タイフェスティバル・ネタを さめないうちに、 とっととアップしときます。
あ、そのかわり、日曜日はきっと 投稿休むから。


いや、 つっこみどころが満載だった、ステージについて、ちょいと書き残しておこうと思って。

タイフェスティバルには タイの歌手とか踊りの人とかムエタイ選手とか、
ステージで色々みせてくれるのですね。
有名歌手がタイフェスに来るとなると、
タイ人が 大挙してステージ前にがぶりよる という現象もおきます。

うん、わかるよ。その気持ち。

で、 5月12日 お昼過ぎのステージでは。

e0159569_16555270.jpg
あんたたち、 誰よ?

ダーラー(アイドル)って 紹介されていたけど。

THE MASK SINGER

っていうやつらとのことです。

家に帰って調べてみたら、 
堂々と、公式フェイスブックページまで ありやがった。



タイ政府が、 ドリアンやガパオの認知を広げるために派遣された というのは、 考えすぎでしょうか?

でね。
あのね。 
ドリアンが最強なのは、なんとなく解るけど。(違)

タイ料理研究家として 言わせてもらう。

ガパオ君。 タイの目玉焼きの黄身は、そんなにこんもり、張りはナッシング。


その辺のネタも、 メールマガジンで書きます。そのうち。
ご登録、お待ちしてます。





[PR]
# by salaisara | 2018-05-12 20:00 | 素材・調味料類 | Comments(0)


ここ数年は、人ごみに遠慮して、 行っていなかったのですが、
今年は娘と ぷらぷら出かけてきました。

タイフェスティバル in 代々木公園。


いやもう、すっごいですね。毎年のことながら。

こんなにタイ好き、タイ料理好きがいるのか!って、 横浜の山奥から出てきたおばちゃん、
毎回ながら、びっくりです。

(注・山奥いうけどな。実は、バスで東急東横線の駅まで15-20分? そっから明治神宮前駅まで1本で、1時間圏内やで。)

あたしは 主にNPOブースに御用時あって、
ご挨拶やらなにやらして、
コスパよさげな ランチを購入して 
(ここ重要やねんか。 自分で作れるからな。 手間隙材料費とか、丸わかりやねんか。)

イベント広場から離れたところで、 ゆったりのんびり、食べ始めた。

すると、 同じようにタイフェスのご飯買ってき、「オトナ女子」3人組が、我々座っていた隣に どかどか座ってきた。
(そのまた隣の女性を どかすような座り方したねんか。 おばちゃんも、いらっとして、アカラサマにかばんとかずらしたねんか。
なーんも言わんねんか。 おねーちゃん、それじゃ、嫁にいけねーぞ、と言いたくなったねんか。)



1人のおねーちゃんが、 つぶやいた。

「グリーンカレーって、こんな、スープみたいなやつなんだね」

OMG!!!!
ねーちゃん、 何目的で タイフェス来てんねんか!


タイを知ってて、タイ料理を知っていて、 わざわざタイフェスに来る人ばっかりじゃない
ってか、もしかしたら、タイフェスにきている大半の人が、
タイのこともタイ料理のことも、知らずに来て、飲み食いしているのでは?
と 一瞬疑った瞬間でした。


ねーちゃん、
タイフェスでタイ料理美味しい思ったらな。
横浜の 日本人のタイ料理の先生のとこ、習いにおいでぇな。
ちゃんと、嫁に行っても使える、
時短、美味しい、油少なく、偶然世の中の流行に乗っちゃってる、低GI値とか抵糖質ちゅう料理も、
きっちり 教えちゃるからな。


とは、 実際には言いませんでしたが。

このブログ読んだ方。
 一度、レッスンきてみてください。

あ、その前に メールマガジンで タイフェスでは知りえない、タイの色々おもろいこと、読んで笑ってくださいませ。





[PR]
# by salaisara | 2018-05-12 16:50 | 泰国的なこと | Comments(0)