小4娘が、 1人でお昼ご飯をつくってくれました。

「みないでね!」と、キッチンに篭り、 ランチョンマットも自分でチョイスし、
「みていいよー」と、 目を開けたら

そこには、バミーヘーンがあった

さすがは私の娘。

味は、ちゃんと 冷やし中華でした。

彼女いわく、 「普通はお皿だけど、たまには別の演出をしたかった」だそうです。


そうです。冷やし中華だから、お皿に盛り付けなくちゃいけないなんてこと、ないです。

そして娘、ちゃんと最後は使ったものを全部洗い、
母さんに、食後のアイスカフェオレまで 入れてくれた。



こんな10歳児に、誰がした? あたした。


どうしたら、こういう子になるか?
やりたいといった時に、やらせてあげる。

それよりも何よりも、 毎日、楽しく料理する姿を見ているから だと 思います。

ママが日々のご飯を、スーパーのパック詰めからお皿に移している姿しかみていなければ、
子どもは、食べるものは、買うものだ、と 認識します。

面倒だーたいへんだー って言いながらご飯作っていたら、
子どもは、料理は面倒で大変なものだから、やりたくないと と 思うでしょう。

キッチンは危ないから、テレビみていて!と いわれた子は、
どんどんテレビに飲み込まれていくでしょう。

「料理手伝う時間あったら勉強しなさい!」と キッチンから追いやると、
勉強は出来ても、キッチンは、何をするところか 理解せずに成長するでしょう。


今、子どもに対して色々なお稽古事とか、食育とか、何とか 言われていますが。

その前に、お母さん。 
お子さんに、 きちんと見せられる姿をしていますか?



ママが料理苦手なら、これから好きになればいい。
タイ料理好きなママさんなら、 SALA ISARAで 変身してください。
タイ料理は、世間で思われているよりも、ずっと身近で簡単で 
自分で作れば そこいらのレストランより 美味しくできます。


夏休みには、 親子で参加OK料理教室、 開催します。
先行予約などは、 メールマガジンで行います。

ご登録、お待ちしております。





[PR]
# by salaisara | 2018-06-30 12:42 | ときどき・娘のこと | Comments(0)

6月のmonthly lessons, 全日程終了いたしました。

7月は22日は満席。 31日は残席2 となっております。

あと、29日募集中でございます。

その他日程、ご希望がございましたら、 お知らせくださいませ。
7月はトムヤムクン・チャーハンやります。
生ハーブを チャーハンで違和感なく食べられる方法、伝授致します。



と、さて。
このMonthly lessons,
すごーくディープにタイ料理が好きな方、
ご自身でお教室やられている方や、 レストラン関係者の方々にもお越しいただいておりますが。


もう1カテゴリーございまして。

私のタイ料理が美味しいから、どちらかというと、食べに来る生徒さん。


その中に、 仮名Aさんとします。
普段の家族へのご飯は、 宅配キットで、 まさに「あてがわれたものを言われたままに調理すれば、
絶対に失敗することなく、 効率的にご飯が作れる」
ものを 偏愛されていました。

で、ご自分のランチなどで、大好きなタイ料理を タイ人のお友達にご馳走になっていた。
でも、その友達が帰国してしまった。
友達にならっておけばよかった。
じゃ、 日本人から習ってみるか。

そんなのり?

Aさん、 通い始めは、 宅配キットを崇拝していました。
「食材や調味料も余る事ないし、自分で献立考える手間もないから、 楽なんですよ!」


で、
うちで タイ料理を作るようになっても、最初のうちは、調味料がないから、とか、
食べる方を優先されていたようです。


これが、ある料理をお教えしたとき、
「これは美味しい! 中華のやつよりも タイのこの味付けが好き!」

と、 材料買って、作ってみたそうです。

タイ料理は苦手といっていた、ご主人様筆頭に、 家族に大好評。


「あの料理は美味しいから!リピートしています!」

あの料理、センセー的には、結構面倒臭い料理なんですけど。


こちらも、敢えて詮索はしませんが、
彼女の発言が だんだん変わり始めました。

「揚げ物の揚がったタイミングって、どうでしたっけ?」

「このレシピの倍量作るとしたら、使う卵は全卵でいいんですか?」

とか。

倍量? 作る気まんまんか?
揚げ物? 極力やりたくないって、最初はいっていたような?


結論。
美味しいものが自分で作れると知ってしまうと、
どんどん自分で作るようになる。

イコール。

美味しいものを食べれば、自然、料理が上手になる。

いや、ほんと、食べるだけじゃ、駄目よ。
作る工程が分かって、その手順で作った料理が美味しいと、 自宅で作りたくなるってこと。



ということで。
タイ料理好きだけど、料理苦手なお嬢さん。
タイ料理を足がかりに、 料理上手さんになりませんか?
出来ない、で 足踏みしていると、 一生できません。
そうして、ダイエットとかしたって、 絶対成功しませんから。

自分の体は自分で作れ。 料理上手は とっかかりは何であれ、経験値だ。


SALAISARAでは
タイ料理をきっかけで、 料理上手になれる最短距離のレール、敷いて差し上げます。

まずは、読むだけでタイに行った気分になれそうな、メールマガジンご登録、よろしくです。









[PR]
# by salaisara | 2018-06-29 15:31 | Comments(0)


6月のMONTHLY LESSONS,
愉快に終わりました。


7月の日程につきましては、 今は、個別にお問い合わせくださいませ。

今、22日が満席で、 他の日程も、刈予約の段階なので、
もし、別の日程で希望がございましたら、 募集を掛けたいと思います。


諸事情により、MONTHLY LESSONSの日程についてフレキシブルに対応できるのは、7月までみたいです。

お早めにお問い合わせいただけますと、 精一杯対応させて頂きます。



さて、そうだ。

このMONTHLY LESSONSに 2年くらい通われている生徒さんが 

じわじわと、すばらしい成果挙げているので、ご紹介します。


彼女は、
タイ料理は大好き。
でも、子どもが小さいし、家族がタイ料理NGなので、
「お友達のタイ人」が よくランチを作ってくれたのを
子どもが幼稚園に行っている間などに 食べに行っていたとのこと。


が、そのご友人が、タイに帰国!

あの、友人の味!と、近隣のタイ料理教室を お試し受講しているうちに
うちの出会い、
ほれていただき、
お友達と2人組で 毎回 monthlyにご参加いただくことになりました。


で、そんな彼女のさいしょの発言が




「*****(食材宅配業者)に献立をお任せすると、
自分で考えなくってもいいし、すごーく楽なんです!」


で、ご自分が好きなタイ料理は、タイ人の友達の家に遊びに行って、
有料化無料か、食べていたという。

それが、 うちで ディープなタイ料理を作るようになったら
「あ、これ、友達が作ってくれた」
「こうやって作るんだ!」
「今日つくったやつのほうが、 美味しいかも!」

となって、

つい先日

「タイ料理のこれは、家族も気に入ったので、 調子に乗って結構作ってます!」

そうよ、調子に乗ってくれ!

そんな彼女は、回数重ねるごとに、
質問も増えてきて、
どんどん お料理上手への階段を上がっています。


やっぱ、とりかかりは、タイ料理好きなら、タイ料理がいいと思います。

****の食材キットの言いなりになるのが なんだかなー と思う
タイ料理ラバーさんは、

是非、 横浜までおいでませ。

1日、美味しいもん食べて、 ベイブリッジとかみちゃって、
1日トリップを、 タイとよこはま くらいののりで、

どうぞ、遊びにいらしてください。


9月からは、 レッスン料お得で、 
家庭料理がいつの間にか上手になっちゃう タイ料理コース、 立ち上げます。


先行予約は告知は、メルマガでします。
今のところ、つらつらと、タイで経験できたらたのしそうなネタ ダダ漏れに披露してます。

ご登録よろしくです。



[PR]
# by salaisara | 2018-06-28 22:10 | ごはんもの | Comments(0)

6月のMonthly Lessons, 最後は全てのハーブを自家栽培で賄うという、
私個人的に、夢のレッスンができました。

あ。この前、あるタイハーブを手がけている農家さんから
「ハーブお持ち帰り付レッスンにして、 うちのハーブ、販売してくれませんか?」
とのオファー、頂きました。

千葉の某所で、すごぉく丁寧に、中国野菜を作っているところで、
渋谷区の某有名・中華のレストランに稀少中国野菜を卸している農家さんが
タイハーブも手がけるようになったとの事。

今から 契約が結べれば、 希望の生徒さんに レストラン卸クオリティと価格の
タイハーブが レッスン時にお配りできます。

ただ。。。
うちの今の生徒さん層で、 帰ってすぐに作るかと言うと。
お昼に食べて、夜も食べる という生徒さんが 大体、 55パーセント。



大体はんぶんってことですね。
いや、分かります。
私だって、昼と夜、同じごはんって、 いや、好きなのですが、 何というの?
レッスンは、突発事項としてのカテゴリーかもしれないし。


いや、要するに。


習って、家に帰って、家族の為に すぐに作れるか否か

だと思います。

作るよーというご意見、多ければ、 すぐにでも、その千葉の農家さんと契約します。
お墨付きですから。
ハーブの香りを重視しているから、 脇芽とかでも、もう株が疲れたものは出荷しないという。



その辺ご興味ある方は、
この際、業者さんでもいいです。
まず、 私の方に おと追い合わせくださいませ。


って、
教室の宣伝、ちゃうやーん!!!!
いや、いいんです。 紹介者のお人柄に報います。



[PR]
# by salaisara | 2018-06-28 20:48 | ごあいさつ | Comments(0)


北京帰りの友人と、 
「何処の有名店の?」「売り物にしま見えない!」と 送った全員から驚愕される
絶品パイナップルケーキト 中国茶のテイスティング講座、開きました。


私のパイナップルケーキ作りは、 かなりスパルタです。
アバウトなところはアバウトに、 計量をきっちりするところは きっちりと。

で、パイナップルケーキ焼いている間に、 3種の中国茶の、香り、味、茶葉の大きさの違いなども 堪能してから

焼きたてパイナップルケーキと一緒に、 好みの種類のお茶で 頂きました。


企画した 我々が言うのもなんですが。
贅沢すぎるぜ、 この午前のひと時!


9時半くらいから始まって、 12時くらいに 終わります。

終わってから、 お友達同士で 余韻に浸りつつ、ランチに行くのもよし。
幼稚園午前保育なら、みんなでお子様をお迎えに行くのもよし。

こちらのレッスン、
コラボ・レッスンとなりますので、
私と、中国茶の先生の予定と、 ご希望の日程があえば、 開講いたします。
プライベート1DAY LESSONのグループごとでの定額のお申し込みとなりますので、
お友達同士で割り勘になると お得になります。

ご興味のある方は、 こちらより お問い合わせくださいませ。







[PR]
# by salaisara | 2018-06-27 14:01 | お菓子(カノム) | Comments(0)