人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


もういっかい、同じ画像使っちゃいますけれど。

マッサマンカレー。 かつて、 アメリカCNN.GO! という旅行サイトで
「世界一美味しい料理」と言われたことがあります。

が、タイ人も、東北や北、中部の出身の人の中では、 マッサマンカレーを知らない人もいます。


私は、このカレーの醍醐味は、 スパイス使いだと思っています。

スパイスが加わるごとに、 香りも味わいも変わります。



ということで、
デモンストレーションレッスンの第一回目を マッサマンカレーにしてみました。




ここ、横浜タイ料理教室 SALAISARAでも、お酒持ち込み可にて、 タイカレー作りを観られるのですが。


更に、この度、 もう少し 突っ込んだ、 面白いイベント、やります。






どんだけ濃い組み合わせだよ。

会場は、 竹橋駅、 神田駅から近いので、
横浜まで来るのは しんどいなー という方で、
かつ、
日本酒が好き という方は、ぜひとも遊びにいらしていただきたいです。


おりしもこの日、 夜は隅田川の花火大会です。
花火見る前に、 本当に美味しいマッサマンカレー食べて、 
珍しいどぶろくの飲み比べをして、
ほろよいで 花火見に行かれてもいいかもです。


ご参加、手ぐすね引いてお待ちしてます。






by salaisara | 2019-06-30 10:25 | カレー | Comments(0)


以前から 生徒さんからご要望があったのですが
今までできずにいたことを、
はじめてみました。


デモンストレーションレッスン。

まずは、 マッサマンカレーから。


スパイスが加わるごとに、 香りがかわり、味が変わるさま、 すごいー と、楽しんでいただけました。


まずは、 土日での開催を考えていますが、

平日お昼ご希望の方がいらっしゃれば、 開講させていただきます。
お気軽にお問合せ下さいませ。




by salaisara | 2019-06-29 22:15 | カレー | Comments(0)


うちのお教室は、 横浜市鶴見区の端っこ、
港北区、川崎市とも チャリ圏内で接している、
住めば都的な立地にありますが

横浜っていうと、 どうやら一般的には

中区 のイメージが 強いような気がします。

横浜市中区について ウィキ様に問うてみると。
まず、

神奈川県庁横浜市庁横浜地方裁判所神奈川県警察本部など、神奈川県内の行政機関が集中している中心的なである。金融機関企業の本店・支店も多い。近年は都心回帰や、みなとみらい線開通の影響によりマンションが増えたため、人口は増加傾向にある。横浜市で人口の4.0%(2009年10月)、面積の4.7%(同)を占める。

とあります。


横浜市中区。。。。。

タイ料理やっている身としては、 黄金町とか 日ノ出町、若葉町あたりのほうに、よく食材買いに行ったものです。

その昔は、 風俗店がたくさんあり(今でも 私から見ればかなりすごい)
そこで働くタイ人のお姉さんたちに 故郷の味を提供するお店が立ち並び、
故郷のテレビドラマをビデオにダビングして、 レンタルするお店が流行っていました。

違法風俗店が一掃され、 タイ人姉ちゃんたちが 強制送還され、
ビデオからオンライン視聴が主流になり、
東日本大震災で 高級熱帯魚が死んで(あ、これは 個人の問題な。うちじゃなくって、あるタイ食材店の)

若葉町の羽振りの良かったタイ食材店+タイ食堂が 店をたたみました。
2012年だったかな?

その後、違法でないマッサージ店のお姉ちゃんたちにお弁当を売っていた 食材店が だんだん有名になってきて、
タイ好き日本人たちが「現地にいるような雰囲気」を求めて 食べに来るようになりました。


私もしばらくそこでハーブを買ったりしていたんですが、
行ってみたらしおれていたとか、 会計でモヤっとすることが重なったりして、
足が遠のきました。



そして、久々に、タイ関連の友達とランチしよう、と 向かった 若葉町のタイレストラン。


えっらく、ディープでした。

何がディープって。

ランチビュッフェのメニューとしては
グリーンカレーとか パッタイ、ガパオ炒めとか、人気メニューが食べ放題ですが。

辛い料理の辛さが半端ないっす。

お店で食べているのは 日本人が多かったようですが、
タイスタイルの袋詰めして持って帰るタイ人が多かったです。


おまけに、同じお店がやっている お向かいのタイ食材店。
ハーブが新鮮できれいで、 しかも 安かったっす。


私もまた、若葉町通いが始まるかも。




ご一緒されたい方、 ご連絡下さい。
レストランタイ語学びがてら、 いろいろなタイ料理、食べましょう。



今回、びっくりしたお店。
クアー・サイアム



1250円だったよ。 これにジュース250円足すと、1500円。 

一応、うちの宣伝もしますが。
うちは、 タイ料理でも、 お上品系でございます。
たまに、タイレストランに行って タイの空気を感じるのもいいけれど、
やはり 自分で食べたい時にちゃちゃっと作れるほうが、 私はストレスないです。





















by salaisara | 2019-06-29 16:17 | その他のソトメシ | Comments(0)


横浜タイ料理教室 SALAISARA 6月のMonthly lessons終わりました。

横浜市内各地からお越しの皆様、
多摩川超えて 東京都からいらして下さった皆様。
「電車は1本でプチ旅行気分」で 千葉からお越しの方。(横須賀線・新川崎駅から 一応バス1本)

ガパオ炒めの あまりの簡単さんに 驚いていらっしゃいました。

ガパオだけなんだよ、 手に入りづらいのは。

それでも 習われた皆さんから 次々に「作ったよ!」報告が!!

中には
「家庭菜園でガパオも作っていますし、 インゲンも12本程収穫できたので
 主人と娘のお弁当に作りました。」
とのご報告も。

新鮮野菜とハーブでガパオライス弁当なんて、 うらやましすぎるよ。


ガパオライスは、ガパオを入れなければガパオライスと言いません。
バジル炒め と 言ってください。

そして、 横浜市では コーナン港北インター店でガパオの苗、手に入るそうです。


しかし、むーん。
やっぱり スーパーのハーブコーナーで扱いがあれば、
もっともっと、家庭でガパオ炒め、作れるのになー。


どこかのハーブ会社さん、 パクチーの次は、ガパオの流通、 ご検討くださいませ。



とはいえ、通販とか、冷凍とか、全くてに入らないわけではないので、
7月以降も 2名様以上のお申込み、 日程要相談にて ガパオ炒め食べ比べレッスン、 
Monthly lessons価格にて開講させていただきます。
(通常は プライベートレッスン価格)


また、7月の通常レッスンは
グリーンカレーチャーハン、作ります。

e0159569_13535184.jpg

市販のペーストでも簡単に作れますが、
SALA ISARAでは ペーストの材料のハーブの配合から お教えします。
香りだけでも癒されますよー。





by salaisara | 2019-06-25 18:15 | Comments(0)


横浜タイ料理教室 SALA ISARA 6月の 「ガパオ炒め 食べ比べレッスン」 予定分の全日程が終了いたしました。

生徒さん方のご感想。

「今まで豚肉好きでしたが、 SALAISARAのレシピの鶏肉は、 美味しいです」

「どっちも全然違う美味しさ」

「ひき肉はご飯に合うし、鶏肉は おつまみとしても食べたい」


ほーほーほー。 狙ったところでございます。



そうして、みんなでぺろりと料理を平らげて
デザート頂きながら


レモングラスの話になりました。

そこで気づいたセンセー。

今日、満席のレッスンの生徒さん全員が、レモングラスを育ててるって。


すごいなー。 皆さん、 やる気満々っす。


レモングラスの栽培自体は、 水さえ切らさなければ 結構簡単です。
虫よけハーブでもあるので、虫もつきませんん。
ナメクジに食べられたことはあるけれど。



7月のレッスンにご参加の方で、 ご希望の方は レモングラスの苗、お分けします。


7月は ハーブから ペースト作って グリーンカレーチャーハン、 やりますよ。

e0159569_13535184.jpg
カレーペーストにも レモングラス入ってます。

スケジュールは ↓こちらをご参照頂くか、 開講してほしい日程を 直接 こちら より お問い合わせください。







by salaisara | 2019-06-23 18:46 | 生徒さん | Comments(0)

あたくし、タイ料理のセンセーですので。

よく いろいろな方から聞かれます。

「普段のご飯も タイ料理ばっかりですか?」


全然、ばっかり じゃないっす。

でも、タイ料理の調理法は よく登場します。


そして、 タイ料理ばっかりじゃないけど、 世界各地を網羅している感じです。
かつて、色々な所を旅したりして、 いろいろなお料理を知りました。
それらは、 今のおうちご飯のバリエーションにも貢献しており、
今もなお、 その時そのときのマイ・ブームによって、 色々作ってます。


このレシピは、 中米のお料理を 簡単に、日本の食材で作ったやつです。

冬瓜の白ワイン煮
カリブ海辺りで、はやとうりを使って蒸し焼きにしている料理を、冬瓜で作りました。 冬瓜、癖がないやつなので、和食に限らず、色々使えますよー。

ワインに合います。
合うにきまってる。
だって、ワイン使ってるんだもん。

はい、ワインあけちゃったから、飲みますよー。


そして、冬瓜、こいついいやつですよ。
タイではカレーにも入れたりします。
味がしみしみで、うまうまですよ。


って。やっぱりタイ料理に舞い戻ってるな、あたし。


試してみてね♪









by salaisara | 2019-06-21 18:48 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)



横浜タイ料理教室 SALAISARA 6月のMonthly lesssons,

ガパオライス、食べ比べレッスンです。

やっぱりね。
自分で作るのが 一番おいしいですよ。

ガパオ入っていないじゃん! と むかっとすることもないし。
辛さが足りない! と、いらっとすることもない。

しかも、習われた生徒さん、皆さん
「こんなに簡単に作れるの!? と、びっくりぽん。



23日のレッスンは、満席になりました。

「えー、調整していたのに!」 という方。
このレッスンでしたら、 引き続き7月も 承りたいと思います。
ご希望の日程をお知らせくださいませ。




by salaisara | 2019-06-18 09:36 | ごはんもの | Comments(0)


【レシピブログの「家飲みを楽しもう!スパイスでひと工夫♪夏のおつまみ」 レシピモニター参加中】
おつまみ料理レシピ
おつまみ料理レシピ スパイスレシピ検索




チャーハンの次にやりたかったのは、
トムヤムクンピザ。


[1人分]
むきえび 5尾
ぶなしめじ 100g
トムヤムペースト 10g
とろけるチーズ 適量
食パン 1枚
パクチーの葉っぱ 適量

1 パンにトムヤムペーストを塗る。

2 エビと石突を取ったしめじは小さじ1の油でしんなりするまで炒める。

3 2の海老、ブナシメジをパンに乗せ、チーズをかけて  トースターでチーズがとろんとするまで焼いてから、 パクチーの葉っぱを飾る。


チーズとトムヤム、合いますって。
嘘だと思ったらお試しあれ。


しかし、娘の方が上手だった。
トムヤムペーストとトマトケチャップを混ぜて塗り、 チーズは粉チーズ。
すぐに食べちゃったけど、娘の作ったトムヤムピザトーストのほうが 数倍斬新だった。

大人って、やぁねー。 頭が柔らかくない。







by salaisara | 2019-06-17 17:21 | Comments(0)

どうやら世間一般の 料理への関心事は 
「いかに簡単に栄養を摂るか」
なのかなー と 実感した 執筆記事です。

このスープができたのは、 
かつて私がバンコクに住んでいて、
死にそうなくらいに 飛行機に乗っていた時期。

深夜便に乗るためにラウンジでぐったり座り込んでいて、
お酒も飲みたくないけれど、 ジュースみたいな甘いものも要らない。

ジュースバーのピッチャーには 私が嫌いで飲めないトマトジュース。
その脇に、ウスターソース。

トマトジュースをグラスに注ぎ、ウスターソースを少し足して、
野菜スティックコーナーからセロリ1本もらってきて、セロリでかき混ぜて、きゅっと飲んだ。


これはトマトジュースじゃなくって、冷たいトマトスープだ。
しかも、セロリスティックでかき混ぜるって、なんかおしゃれじゃないか、あたし!


しばらく、TGラウンジで出発前の儀式のように、「即席トマトスープ」を飲んでいました。



日本に帰ってきて、そんな無茶な仕事をしなくなり、
規則正しくご飯作って娘と一緒に食べて、 という生活に慣れたら、
この 簡単すぎるスープのことを 忘れていたよ。


それにしても、 今の日本の働くママさんは、 それほどに忙しいのだな。


それならなおさら。

タイ料理好きなら、 ハーブの香りに癒されに、 横浜のタイ料理教室に来ていただけると
美味しいご飯とハーブの香りと、 笑える会話で 元気になれるよ。


7月のレッスンの 先行予約、始まりました。
来週には ご案内できる日程が出てきますが、
先に「この曜日の開催希望」とか、 ご連絡いただけると 全力で調整させていただきます。


お知らせ。
今までの salaisara.com のHPが 使えなくなってしまいました。
ブックマークを
に ご変更の程お願い申し上げます。







by salaisara | 2019-06-15 18:28 | Comments(0)

【レシピブログの「家飲みを楽しもう!スパイスでひと工夫♪夏のおつまみ」 レシピモニター参加中】
おつまみ料理レシピ
おつまみ料理レシピ スパイスレシピ検索



我が小学5年生の娘が
2泊3日で 宿泊体験学習にいっておりました。

やっほう~! 好きなものを自由に食べられるぞ!

・・・・という程、日々我慢などしておらず。

何よりも、ちょうど ホームページのドメインが変わってしまい、作り替え総攻撃中ゆえ、
お昼ご飯は食べ忘れるの、
ずいぶん暗くなってから、はたと気づいて ゆで卵とブロッコリーゆがいて
簡単にホットサラダ作って、ビールあけつつ、またPCに向かうという
ひどくすさんだ食生活を送っていました。


あたし、子どもか料理の仕事がないと、 餓死しちゃうかも。


そんな折に、「これ食べて 元気におなりなさい」とばかりに

レシピブログ様より、 ハウス食品様スパイスセットが送られてきました。
e0159569_13183349.jpg
こんな便利なものが 出来ていたのね。 最近ハウス食品様、タイ料理普及に力を入れていらっしゃるようですね。



お題は おつまみ とのことですが、
やっぱり、ビール飲んで はい、おしまい、というのは、 健康によろしくないんじゃないかと、

チャーハンにしてしまいました。

e0159569_13195548.jpg
ベタですが。間違いない。 トムヤムクンチャーハン。

[1人分]
むきエビ 5尾
ぶなしめじ 石突をとって50g
油 小さじ1
ごはん   150g
エスニックガーデン・タイ風クッキングペースト トムヤムミックス 大さじ1弱くらい

パクチーの葉、きゅうり、レモン 各お好みで。


1 ご飯は 冷蔵庫に入っていたものなら一度チンして ほんのり温かい状態くらいにしておいてください。
  かたいご飯は割れやすい。

2 フライパンに油を敷いて、中火でむきエビ、ブナシメジを炒めます。

3 エビに火が通り、ぶなしめじんがしんなりしてきたら、ご飯を加え、クッキングペーストをかけて、
  ペーストが全体に絡むように炒め合わせます。

4 お皿に盛り付け、お好みで パクチーの葉、 箸休め?にきゅうりスライス、 酸っぱいの好きさんは レモンを添えます。


ペーストは、多分、大さじ1以上入れると、辛いというよりも しょっぱくなります。
ペースト少なくして 辛さ控える場合は、 また、塩気と酸味を足して調整してみてください。

パクチー・ラバーさんは、 チャーハンの具材と一緒に細かく刻んだパクチーの茎を一緒に炒めると、
食物繊維、パクチーの香り増量で 気分も上がります。



このチャーハン、 ビールのおつまみにもなります。
海老つまみつつ、きのこつまみつつ、 箸休め、辛さ中和に きゅうりかじって ビール飲んで
シメに、トムヤム味のごはんをいただく。



そうだ、今度娘がいない晩酌は、 このチャーハンだな。


・・・・・来年じゃん、今度は修学旅行。



ちなみに、7月のMonthly lessonsは
グリーンカレーチャーハン、作ります。
e0159569_13535184.jpg
こっちは ペーストの材料、まるっと 全部さらけ出します。
  

こちらのレッスンご参加希望の方、
ご希望の曜日など、 
salaisara @yahoo.co.jp (あっとまーく、半角になおしてください) 
まで ご連絡くださいませ。


まだ 格闘中ですが
も よろしくご登録下さいませ。



by salaisara | 2019-06-14 13:32 | Comments(0)