<   2018年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

昨日は娘の誕生日でした。

毎年、真剣勝負で ジェノワーズ焼いているんですけど。

毎回、 一台目は 絶望レベルに 失敗してます。

だから、1年に一度か2度は、 1日に2台、ケーキ焼いているんです。
私、 本当に なにやってるんだYo!


もう、かなり イメージトレーニングは出来ているつもりです。
前日から卵は冷蔵庫から出して、 常温にします。
粉は 何度もふるいにかけてます。
湯煎にかけて、温度も確かめてます。
泡立てた卵で、必ず 「リボン状って、これくらい?」とか、あと、8の字かいてます。
粉を入れたら ののじに混ぜてる つもりです。
バターは、直接生地に入れてません。

でも、
まあ、毎回、色々ちょこちょこと、検索したりしてゲットした
「絶対失敗しない!」「しっとりふわふわ」「お店みたいな」なレシピを試してみて、

見事なくらいに玉砕して、 元々の 私自身の「安心レシピ」で、 
「ま、こんなもん?」と、不完全燃焼のまま、 お腹に収めて 証拠隠滅してます。

その「安心レシピ」も、 一時期、気合入れて焼まくり、冷凍し、おやつでせっせと消費して、
タイ料理のレッスンのデザートにも パフェみたいにして出しまくり、

それで ようやく得た、でも、「もっと上にいけるはず」と思いつつ、安心レシピとしてキープしてるレシピです。


あたし、いい加減、ジェノワーズちゃんと習いに行こうYo!


そうなです。
?とか、「つもり」といっているポイントが、一番怪しいのが、自分でわかっているけど、
見極めができない。

プロがみたら、きっと一発で
「ここがこうなったら、もう、泡立てOK!]
とか、
「混ぜた時の感覚が こう」
とか、
ぴしっと、教えて下さる事でしょう。


私は、タイ料理でなら、そういうの、びしーっと、言えるし、
絶対に失敗しない方法も、教えられる。


だから、ケーキで 未だに手探りでやっているのは、 結構ストレスなんですが、
なにぶん、のど元過ぎると 次の真剣勝負が 半年後から1年後になるので、
日々の、もっと切羽詰った案件に翻弄されて、
今だに習いにいけない現実。


だめだ、あたし。
今、ここで宣言します。

娘が中学生になる前に 
ジェノワーズをどっかに
びしーっと 習いに行きます。


という、娘10歳の お誕生日ケーキ。
e0159569_17013430.jpg


自画自賛的に、ナッペは上達したかも。

そして、このデコレーション。

何故に、昭和?

娘の、ハードルがた上げの、ご要望でした。
「生クリームで お花絞って」

はい。このように、毎年、死ぬ気でお誕生日ケーキ、作ってます。
もう、何度死亡したかわかんないくらい。

それで娘がハッピーな誕生日が迎えられるなら、
ケーキでだったら、いくらでも 死亡しようぞよ、かーさんは。




死亡、じゃない。失敗しないタイ料理の monthly lessonsは

こちらより お問い合わせを。
メールマガジンご登録は、エニタイム・ウエルカム。
昨日から、「タイって、政治不安定みたいだけど、旅行行っても大丈夫?」の
お問い合わせへの アンサーが
えらく長期連載になってます。 
ゴルゴ13とか、出てきちゃうよ。













[PR]
by salaisara | 2018-05-24 10:37 | ときどき おかし | Comments(0)

娘今日、お誕生日です。

何をしていようが としはとる。
やれやれ。


よく 私のことを昔から知っている人は

「よくぞ、母親になったもんだ」
と びっくりしています。

私自身も、そう思います。

よくぞ、娘に育ててもらったもんだ。





More
[PR]
by salaisara | 2018-05-23 09:42 | ごあいさつ | Comments(0)

e0159569_14551415.jpg
5月のmonthly lessonsで お教えしているお料理。

ムー・トート・ガティアム・プリックタイ。 豚肉のニンニク胡椒揚げ。

お醤油系の下味+がっつりニンニク+豚肉 = ビール合いすぎますけど。

これ、バンコクの屋台でも、よく 日中からじゃーじゃ揚げられてました。

でも、やっぱ、これは、自分で揚げた方が美味しいです。

屋台のは、かさかさに揚がっているから。

私は かりかりカサカサなのはニンニクに任せて、お肉はジューシーであってほしいのであります。



タイ料理。

屋台で 色々じゃーじゃー揚げられているのを目にする事、多いかもしれません。

横浜のタイ料理の先生な、 タイ料理、ヘルシーへるしー言いよるけどな、
あーんな、 揚げ物ばっかりやりよるしな。
何がヘルシーやねん、って、 思うんよー。

と、言っているあなた。

言い分はよく解る。
私も、タイに住んでいる時、よく思った。
揚げもん屋台ばっかやん。

地震起きたら、 揚げ油ひっくり返って 火事になるんちゃうん? って。

実際、私が住んでいるとき、 私自身は気づかなかったけど、地震、多分、1回だけでした。
2004年のスマトラ沖地震のときは、さすがに、 
サトーン通りの高層ホテル、バンヤンツリーホテルが揺れていた と聞きました。(怖)


でもな、姉ちゃん。
なんとかとはさみと 揚げ油は使いようって 言葉、知ってるか?

タイ料理の揚げ物、 基本、素揚げマストやねんか。

油吸う粉や衣、ないやんか。

肉の脂身とか、 揚げ油の高温で、溶けるねんか。

油きっちゃえば、 そんなにぎょうさん油、口に入らんなんか。


タイの揚げ物、恐れるべからず。
*料理や調理法、素材によっては、そりゃーもう、 高カロリーなものもありますので、
摂取に関しましては、各自の管理下にて ご調整くださいませ。


今晩20時の メールマガジンは、
こういう、タイの揚げ物とかにつける、
ナムチム(ちょっとツケダレ)の タイ料理達人的 使い分け法について、 配信します。
ニワトリにでかい顔させないわよ。(謎)

ご登録、よろしくです。 ↓













[PR]
by salaisara | 2018-05-21 09:20 | 肉料理 | Comments(0)

5月のMNONTHLY LESSONS
順調に 開講中でございます。


あ、既に6月のレッスンの
先行予約もはじまってます。

先行予約につきましては、 メールマガジンご登録ください。


なんか、
日本帰国10年が過ぎて

なんか、私の体が タイ人から日本人に変わりつつあるという事。
興味深いので、 ブログで公開しときます。


More
[PR]
by salaisara | 2018-05-20 09:28 | シーフード | Comments(0)

e0159569_18464980.jpg
プリッキーヌーの花が咲きました。

そして、あっという間に、レッスン分の唐辛子が収穫できました。

去年分の唐辛子の在庫が ぎりぎりだったから、
天の助けとは、このことぞよ。


あ、タイの唐辛子、 多年草です。
なんかね、木みたいになるの。

タイに居た時、 唐辛子畑の取材、撮影の通訳として 同行した事あるんですけど。

背の丈くらいの木から、唐辛子をぷちぷち摘む というかんじでした。

日本だと、そこまでは大きくならない。


冬場、室内に入れても、枯れたようになっているんだけど。
地道に水遣りしていると、 春になって、温かくなると同時に、 
一気に葉っぱ出して、花咲かせて、
あっという間に 実がなるという。

プリッキーヌー。おまえ、どんだけ大盤振る舞い。


この株ですね。
干し唐辛子として 料理で使ったときに出た種を 植木鉢に撒いたら、
育ってしまったという代物です。

こんな 生命力の強いもん、食べていれば
元気になるよな、タイ料理。

これから、うまく収穫できれば
プリッキーヌー、新鮮なやつ使って レッスンできます。
レモングラスも順調に生育中。
バジルも、芽がでましたよ。

フレッシュハーブで タイ料理レッスン受講されたい方、
まずは、monthly lessonsに 遊びにいらしてください。






今晩お届けするメールマガジンは
唐辛子の使い分けについて、配信します。  仮登録したら、ちゃんと本登録してね。








[PR]
by salaisara | 2018-05-19 09:45 | 素材・調味料類 | Comments(0)

e0159569_14535083.jpg
タイ定食屋、SALA ISARA 開店しました。

じゃないや。5月のmonthly lessonsはじまりました。

今月は、タイで食べるには キビシかった、海老刺身、作ります。



More
[PR]
by salaisara | 2018-05-18 15:47 | シーフード | Comments(0)

ある日のランチ。

e0159569_14262873.jpg
サバサンドなり。

タイ料理じゃないです。 トルコ風。

今回も、お腹と 冷蔵庫との相談の上。

塩鯖OK.
パン、あるある。
レタス、あるある。
新玉ねぎ。 大好き。
レモン絞って、
もちろん、パクチーもりもりで。

巷のおねーちゃん。
「私、パクチー大好きなんです♪」とかいって、
たまに行くパクチー料理レストランのランチで喜んでいちゃ いけない。

自分でパクチーを冷蔵庫に常備して、 華麗に使いまわせるようになって、
初めて パクチリストを名乗ってくれ。


って、誰だ、パクチリストって?
あたしですか?

タイ料理だけじゃなくっても、使っちゃうよ、パクチー。
中華料理にトルコ料理。 モロッコ料理にペルー料理。




ここクリックすると、 本題の ダイエットについて。
[PR]
by salaisara | 2018-05-17 09:15 | シュフのスピードランチ | Comments(0)

e0159569_13330694.jpg
レモネード、 はじめました。

って。いや、レモンのシーズンになってから、 手に入れば作っていたんですが。

ホットのレモネードは、 どちらかというと、 イメージとして、
「はちみつれもん」と、
まったり、ひらがなのイメージで、
「レモネード」は、 すかっと、暑い日に飲むイメージ。

これが、 ソーダで割ると、もっと暑い日の レモンスカシュ! になる。

・・・・イメージ、そういうイメージ、ないですかね?


我が家のはちみつレモンは、 もう、 岩城島のレモン が 定番です。

このレモンとの出会いは、
2012年、 愛媛県の美味しいもの使ってタイ料理作って、 タイ好き、タイ料理好き、美味しいもの好き、愛媛好き
な人々を 繋ぐイベントでした。

その後、 レモンに惚れすぎて、島まで畑みにいきました。 ここ↓クリックすると、当時の記事に飛びます。




このご縁で、 一度、岩城島で、レモンメインで、島の食材使ったタイ料理をみんなで作って、
レモンを使って島の未来を語ろうぜ、みたいなワークショップに招いて頂き、

そこでお友達になった、 隣の島、伯方島の方からお声がけいただき、
今度は、 品評会日本一にもなった、 美味しいイノシシ肉で タイ料理考案して、
伯方島で みんなで作って、
そのレシピで 島の夏祭りで 一般の方にも 美味しい!と ご好評頂いた という。


なんか、すごぉく、素敵なご縁が めぐっています。


で。
ええ。タイには イノシシ肉、全然メジャーじゃないです。
レモンじゃなくって、 タイライムっていう、 レモンより甘い味のかんきつ使います。
かんきつの皮を使うとしたら、コブミカンの皮であって、 レモンゼストっちゅうのは、 使いません。

でもな。

私は、
美味しくできれば、 それが一番だと 思ってます。

前にご紹介させていただいた 下関さんの ご本しかり。
私が 自分のお教室で教えているお料理も。

6年とか8年とか、 在タイ日本人として、 
現地の美味しいところ 美味しくないところ、屋台から食堂からホテルのレストランまで
がっつり、 食べ込んできて、 その味が しみついている ってこと。

もっとも。
下関さんと私の 大きな違いは、

下関さんは、 
現地で日常的に 食べる側にいて、 ご帰国後にその味を
ご家庭向けとして再現されていて、
どっちかというと、そのプロセスをコラムとして 楽しんでもらいたいという趣旨の本で、


私はと言うと、
タイでは日常的に 学校で生徒さんと一緒に作って教えて、その味をベースに、
帰国後は、主に、タイ食材店から本場ハーブ取り寄せて、
日本の食材と組み合わせて 計量も検証して、
タイ食材+日本の美味しい食材=「本場以上」のレッスンを主にしていること。

立ち位置違えども、 「美味しいタイ料理を日本で自分で作って食べようよ」
っていう、ベースは、全く同じなわけでして。

だから。
タイ料理好き であれば
美味しい日本の食材で、 自分好みの 美味しいタイ料理、作って食べて お腹も心も満たしてください。


横浜のSALAISARAに来ていただければ
更に、日本のお母さんが、目から鱗がぼろぼろ落っこちるような
タイ料理の時短調理法、
お教えします。

ということで。
それじゃ、今晩20時配信のメールマガジンでは

レモンについて 書いちゃいます。
ライムがなくっちゃ、タイ料理じゃない っていう方、 でっかい鱗、おっこちますんで、ご注意を。










[PR]
by salaisara | 2018-05-16 09:31 | 素材・調味料類 | Comments(0)

1人で食べる お昼ご飯、どうしています?

よく、
「1人だから、包丁すら持ちたくない」
というお声もよくききますが、

私は、
いつ死ぬか解らないから、 
死ぬ間際に「あれ食べておけばよかった」とか思わぬよう、
なるべく、その時その時に、 自分が納得するものを 食べるようにしとんよ。

それが、インスタントであろうと、買ってきたものであろうと、何にしろ。


で。この日は、 
何とも決まらずに、 うーんと お腹と相談した。

ルークチン(つみれ)が冷凍である。 クイッティオ(米麺)ある。 鶏がらスープも冷凍してあった。
庭に花咲いちゃったけど、パクチーあるじゃん

= クイッティオ・ルークチン・ナーム(つみれ入り、汁入り米麺)
だな、 ということで、落ち着いた。

そう。結構な。冷凍できるんよ、タイ食材。
思い立ったら、ぱぱぱーっと作れちゃうのが、 タイ料理のいいところ。


冷凍庫をあさってみる。

あれ?鶏がらスープ、在庫ないやん。


ガッテム・あたしったら!!!(怒)


既に麺は戻した。
ないのは スープだけ。


どうする、サクライ? ビッグマウスたたいた直後に。

e0159569_16294177.jpg
クイッティオ・ルークチン・ヘーン。 汁なし米麺。
スープない分は、 ナムプラーが、 だし醤油の役割を果たします。

日本人、よくな、 ナムプラー=しょうゆ っゆうてんやんか。
ちゃうねん。
出汁しょうゆやねん。

そいでな。
タイのクイッティオと ベトナムのフォーな。
日本人、同じちゃうちゅうてんやんか。

全然、ちゃうねんか。

鶏がらスープのとりかたからして違うやんか。

でも、 一番、 これ入れたらフォーだってタイ人化けるやんか!
ちゅう ブツ、あるねん。

そのブツ、5月のmonthly lessonsで がつーん、作りますねん。

夏になったらタイ料理食べたくなるわー 
って、口だけ言ってる人。
一度、横浜来て、 口ばっかちゃうとこ、みせてみいや。
家で作るとコスパええし、 お客にご馳走したら、 タイ料理っちゅうだけで、仰天されるで。


それから、メールマガジン。
今日の御代は、暑くなってたからな。
タイに旅行行って お腹いたくならないようにする事、 配信します。









[PR]
by salaisara | 2018-05-15 09:28 | 麺料理 | Comments(0)

全然自慢じゃないけど。
あたし、娘が幼稚園の時、 週に4回 お弁当生活でした。

ですがね。
3年半、そうやって お弁当スキルを磨き、
卒園時には 「撮影で使えるレベルの 美しいおむすび」と、プロに賞賛される腕前を磨けども。

一度、現場を離れると、たまの復帰は 余計に手順がわからんのよ。


料理を仕事にして、40-50人前のお料理を段取りできる、
この あたしだって、

たまに作るお弁当ほど、 手ごわいものはないのです。

原因を上げると。

1 子どもの成長による、お弁当の量が把握できない。
毎日詰めていれば、段々に 足りなくなったの何の、文句も出るというもんです。
しかも、たまにだと、 食べる本人でさえ、これくらい、なんていえないのです。

2 「お弁当枠」の冷凍食品などのストックがない
毎日のことなら、 例えば、晩御飯の残りを数日冷凍しておいて、そ知らぬ顔でお弁当に詰めるとか、
ちょっと材料があるときに、お弁当用につくっておくとか、
小技が効かせられるのですが、
たまのお弁当=ちょっと特別な事情 でもあり。
そうなると多少たりとも 張り切る必要性があるじゃないですか。

だから、世の中の お弁当苦手意識のあるお母さん。 何も気弱になることないのです。

たまのお弁当に あたふたするのは、もう、しゃあないや、
プロの先生だって 言っているんだから、と、 あきらめましょう。

・・・・・いや、あきらめちゃいかんか?


タイ料理の調理法だと、短時間で ちゃちゃちゃー っと フライパン1個で作れます。

ちゃんと、「腑に落ちる説明」があれば、
普段のお料理にも、その タイ料理で習った 調理の技が 使えます。

あれやってー、これやってー、はいできたー だと、
習った気分だけで終わっちゃうからな。

横浜のタイ料理の先生のとこ、習いにくればな、 その辺、びしーっと 説明しますがな。




メールマガジンご登録、お待ちしてます。
今晩20時には、 タイの卵って、どうよ、って話、配信予定。


ほいでもって。
散々っぱら、 お弁当がうまく出来ない 理由をごねまくった、 横浜のタイ料理の先生が 
小4の娘の社会化見学のために作った弁当。



e0159569_11300927.jpg
どこの運動部の中学生のお弁当か。って ほのかに母さん心配になる量なんですけど。

彼女が この量 と 言ってきました。
まあ、食べきれたかどうか、 結果を待ちます。

ちなみに、おむすびは2種類です。

お試しで買ってみた、 青森県産 青天の霹靂 の白米ベースと、
友人のご実家から分けて頂いた、 北九州産、夢つくしレンゲ米の玄米塩むすび。

彼女いわく、
「晴天の霹靂は、おむすび向きだね」とか。
「れんげ米は、ミルキークイーンにも似ているけど、れんげ米のほうが 香りがさわやかだね」

何処のお米評論家でしょうかね?


こういうの、 多分、それなりに意識して食べていないと わかんないかもです。
今回は、こういうお米をたいてみました、とか。

毎日食べる ごはんですもの。
健康にどうとか、何ちゃら というより、
楽しく美味しく、 細く長く、 続けていくもんだと、 思います。

だから、お母さんも、子どもや家族のために、食べたいものをガマンしないで、
毎日のご飯を、どんどんチャレンジしてみてください。






[PR]
by salaisara | 2018-05-14 11:57 | ときどき・娘のこと | Comments(0)