<   2018年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

やっぱ、
夜に撮影すると、駄目ですね、シロートは。

でも、 腹を空かせたでっかい小人を前に、レフだなんだって、 やっていられないのが、 主婦の定め。

料理撮影は、日中の 自然光を死守、


なんか、色々あって、 いまさらながら、ルークチン・ムー(豚肉のつみれ)を 試作中。

頭の中で色々練り、 現物も練り、 出来上がったものは

まあ、 市販より ふわふわしていて、 美味しいじゃん、
と思えども。

娘からは 「もっとぷりぷりしてほしい」と 駄目だし。

はい、そういうこと、ありますあります。
色々あります、人生は。

その前に。どなたか、晩御飯時に 試作した料理を撮影したい場合の スピーディに いい写真撮れる方法、教えてください。


撮影の素敵な方法も、ゲットしたら
メールマガジンで、こっそり共有したいです。

4月末に 配信予定。

メールマガジンご登録、 こちらより、 宜しくお願いいたします。






[PR]
by salaisara | 2018-04-19 10:47 | スナック・前菜系 | Comments(0)

横浜中華街に行こう!

って。
タイトル、これでいいのか?

うち、タイ料理教室ですけど。

ご安心ください。
タイ料理です。


タイ料理の中でも、 確固たる地位を築いているのが
中華系タイ料理。
このジャンルの特徴は

まず、辛くない。

そうなんですよー。 タイ料理は辛い というイメージですが、辛くないもの、たくさんありますよー。

そして、最大の特徴はというと。

本家・中国のそれよりも、全然 重たくない。

もう、脂っちいものが もたれやすい、 おばちゃん年代にとって、 
もたれない 調理法ほど ありがたいものはないっす。

あ!
その割には、表題の 「横浜中華街に行こう!」って、非常に矛盾していないか? と いうはなしですが。


ご安心ください。 ちゃんと、まとめます。

はい。今月作った、このお料理。

e0159569_11270430.jpg
ゲーンチュー・サラーイタレー。
海苔のスープ。

この材料。 私は 横浜中華街で買ってきました。

占いと食べ放題とにくまんトと、甘栗の呼び込みだけじゃないのです、横浜中華街。


うちの教室から横浜中華街は、 
京浜東北線鶴見駅から関内まで1本。
東急東横線 綱島駅から直通、みなとみらい線 元町・中華街駅までも 1本です。

レッスンついでに 中華街で 食材買っていかれるのも、 楽しいかも。


横浜中華街の 食材屋さんとかも、
メールマガジンで 発信していきたいと思います。
4月おしまいくらいから、 配信予定してます。

先行登録してくださった方には
「パイナップルのカップ・フルーツポンチなどに」の作り方、
配信させて頂きます。

e0159569_18115544.jpg


[PR]
by salaisara | 2018-04-18 12:14 | スープ | Comments(0)


今年は、梅の実。 結構実ってます。

その調子で、 今年はたくさん梅干作れるといいなー。


って。
今年のはじめくらいから、 ひどく「 だすだす詐欺 」だった
メールマガジン。

ようやっと、 なんだか 書きたい事とか、 もわもわ出てきて、
ようやっと、 設定が終わり、
ようやっと、HP上でも 紹介ページを作り上げ、

さあ、ご登録お願いします! と、 告知したが

生徒さんから
「登録できません」

・・・・・
失礼仕った。 やってしまった。 

あいてぃー なんざ でぇっきれぇだー!!!

なんてことも、言っていられんので。

すいません、 一度登録を挫折された方。
全ては私の責任でございます。



お手数ですが、もういちど、 トライして、また駄目だったら 
ここのコメント欄でも、 HPの問い合わせページでも、 

「おりゃ!まだできねーぞ!」と ご連絡くださいませ。


SALAISARA
サクライチエリ



[PR]
by salaisara | 2018-04-17 16:55 | ごあいさつ | Comments(0)

e0159569_17261463.jpg
先日、ケータリングでお出しした、

カノム・チョームアン(紫のお花の形の宮廷しゅうまい)を食べたお客様がたから
「これは、どうやって作るの!?」
と、 次々、聞かれました。

皮の材料は、 白玉粉、上新粉、くず粉、片栗粉。
あんの中身は、 とりひき肉、玉ねぎと、ニンニク、胡椒、ちょっとのパクチーを、 ナムプラーとお砂糖類で濃い目に味付けしたもの。


ないかしらのキャリアのある方には、これだけでも 十分再現できるかもしれません。

まあ、なにをいいたいかというと。

タイ宮廷料理も、日本の食材でも、作れるということ。

タイ料理を 日々の食卓か、お仕事か、
何かに生かすかスルーするかは、
私がどうこうは いえる筋は一ミリたりともございませんが。

こういうのを、作れるようになりたい、と思った時は、 習得する時期だと、思います。

もちろん、タイに行って習われるのもいいでしょう。

その時間がない時二、私の教室を おもいだしてくだされば 嬉しいです。


もう、びしっと、みちっと、 教えますよ。





[PR]
by salaisara | 2018-04-17 10:03 | スナック・前菜系 | Comments(0)

e0159569_16132783.jpg
お庭のパクチーの花、咲きました。 

SALA ISARA] Thai Cooking Salon には
ありがたいことに、愉快な生徒さんが たくさん 
一緒にご飯作って、食べて、しゃべり倒して、時々みんなで レッスンの外で楽しい事したり
出来ています。

最近、また ありがたいお声をいただいたので、ご紹介いたします。


以下、 生徒さんからの コメントです。

私は料理をちゃんとやってみたいと思ったのが30代後半(遅)なので最初は色々と料理教室を調べました。
技術も知識も無いのでいけるだけ料理教室に行くジプシーをしていたら見えて来る世界があったんです。
料理上手な主婦がやっている教室、食に関係した仕事をしていた方の教室、元調理師学校の講師の教室、外国で1ヶ月くらい習ってきた料理を教えるOLさんの教室、日本に住んでる外国人の教室などなど。
教えるスキルの違いがバラバラなのが衝撃でした。

人間としては皆さん優しい先生ばかりでしたが、なんだかなーって事や不満足な事も沢山ありました。

ただ勉強になったのは教え方の素晴らしい先生には共通する事があるという事です。
レシピの説明の仕方や調味料の事や切り方や火力などが親切丁寧。
日本以外の料理であればまるでその国で食べてるような気持ちに。
駄目な先生は○○○○○。

あと気づいたのは人数の事です。
チエリ先生はさらっと4-5名でやってますが計算しての事ですよね??
見える人数で作る量も理解しやすい量という考えかと。
8人のレッスンは単純に4人×2にはならなくて、更に分かりにくいですよね??
食べるレッスンならば人数多くてもいいのかなとは思いますが。
前に魚のお教室に行ったたのですが、先生いわく「本当は大人数は無理」だそうです。
先生は経験と知識が豊富だから頭ひとつ抜き出てます。
素晴らしい料理教室には哲学があるのも共通してると思います。料理=人生
先生からも溢れてますよ!

夜のレッスンも前はよく行ってました。
習うというか仕事終わったら美味しい物が食べれる、という感覚だったと思います。
だから仕事も早めに切り上げるように頑張っちゃう、みたいな


S.Mさん。
詳細なご感想、ありがとうございました。

なんか、レッスンのことで、 色々質疑応答したりしているうちに、
このこのような ご意見いただけました。
ありがたい限りです。


まず。 レッスンの人数について。

はい。 4人前を基準にすれば、2人暮らしなら 半分にすることもできるし、
ご主人様がたくさんたべるなら、それに、奥様の2回目のお楽しみも含めて、4人前。

これは、プライベートだろうが、グループだろうが、 替える気はありません。

夜のレッスンも、
今まで、 ちょっと、 電車のエキチカでない立地なので、遠慮していましたが。
(バスチカでは、あります。 渋谷も品川も新横浜、横浜も、1時間以内の圏内です)
ご希望ございましたら、 承ります。

出張ワークショップは、また、 随時ご相談ください。
子連れでこども10人+親御さんのワークショップから、
成人10人~20人の 実習つきワークショップ、
40人参加のお食事ケータリングまで

あたし、もしかしたら 器用貧乏?

いや、それはともかく。

器用貧乏ついでに。

出血大サービスで、 タイで旅行に行った時に困らない料理の注文方法など、
ここのブログで書ききれないので、
メールマガジン発行することにしました。


















[PR]
by salaisara | 2018-04-16 10:05 | ごあいさつ | Comments(0)

重たくない甘酢あんかけ

今月のMonthly Lessons,
あ、来月も引き続きになりますが

「日本で タイのシーフードレストランごっこ」
みんなで楽しくやっております。

生徒さんの中には
1年に一度はタイに通っていらっしゃる方がいらっしゃいますが
「私はいつも、ローカルの食堂や屋台でしかご飯食べていないので、高級シーフードレストランに行った事がないんです」
という方もいらっしゃったりして。

そうなんですよね。
シーフードやさんは、 タイであろうと、 そこそこには お安い。

日本のタイ料理レストランで食べたって、なかなかのお値段。

だったら、スーパー買い物行って、海老や魚が安かったら ちゃちゃっと自分で作っちゃえー!

というのが、 テーマでございます。


特に中華系タイ料理は基本的に辛くないし、
本家中国のより、全然あっさりしているので、 食べやすいです。

何が違うかというと。

大きく言うと、 こんなかんじ。

e0159569_17365095.jpg
奥さん! フライパンから魚が飛び出していますよ!!

いや、そこじゃない。
というか、 全長40cm級のお魚を スマートに揚げる方法、これ以外にあったら教えてください。


あっさりした揚げ物の秘訣。 がりがりに、素揚げする


e0159569_17533653.jpg
こっちの画像は、 タイのクラビの市場で撮った写真ですが。 
ね。 がりがり、 素揚げ。

もうね。粉はたいてあげちゃうと、 途端に チャイニーズです。

ちなみに、 素揚げの油吸収率は一般的に3~6パーセント。
フライの10~20パーセントと比べると、 格段に 軽い。


それから、 タイの甘酢あんかけが 「中華とかの甘酢あんかけは苦手でも、これは軽いから好き!」
といわしめた、
あんかけを 軽く仕上げる タイ料理技。

e0159569_17373474.jpg
タイでは鱗とらずにガリガリ揚げますが、さすがにウチの教室では鱗ひきます。
魚の処理の仕方もイチから学べます。

粉でとろみをつけない。

もう、てきめんです。
どうしたら 粉でとろみをつけずに、 軽く美味しい甘酢ができるかというと。

これは、 タイのスイートチリソースの作り方とかとも通じるのですが。

素材の組み合わせ、配合です。

その辺わかると、 もう、 ちゃかちゃかっと、 気軽に 高級レストラン級の 
ヘルシーシーフード料理が作れるようになります。

実際、今日の生徒さんの中にも
「今日、海老と魚を買って帰れば、晩御飯に家族に出せますね」
と、つぶやいておりました。



これから、こーんな感じで、フライパン1つで ちゃちゃやーっと出来る、ヘルシー・タイ料理のこととか、
メールマガジンでお伝えします。



     ↑
こちらより、 ご登録くださいませ。

あと、 
5月のmonthly lessonsは

クン・チェー・ナムプラー(タイ風甘エビのお刺身)

プラー・ヌン・ブアイ(白身魚の梅干蒸し)

ムー・トート・ガティアム・プリックタイ(豚肉のニンニク・コショウ揚げ)

の3品です。
今月の3品は、 バンコクのエアコン効いたシーフードレストランで食べる味なら、

来月は パタヤのオープンエアの 薄暗い中で
ピンクのネオンがきらめくシーフードレストランで出てくるようなラインナップかと。
 
現在の開講予定日は

5月8日、13日、 15日、 22日、 27日、29日

で出ております。

パタヤの 生ぬるい風に当たりながら、新鮮なシーフードを食べている気分にひたり、
かつ、 ご自宅で そしらぬ顔で 習ったタイ料理を タイ料理じゃないような感じで出して、
家族から美味しい!って言って貰いたい方、

Contact より お問い合わせくださいませ。













[PR]
by salaisara | 2018-04-15 18:27 | シーフード | Comments(0)

ご挨拶が1日遅れましたが。
明けましておめでとうございます。

タイは、4月13日から15日が ソンクラーン という、
タイ正月になります。

派手な「水掛け祭り」で有名な この お祭り。

ええ、私も在住8年の間、当時住んでいた外国人向けアパートの住民たちと一緒に楽しんだり、
逆に、祭りの喧騒を避けて、この時期に一時帰国したり、別の国に非難したりもしましたが。

仕事で飛行機乗って、いい加減ズタボロになった帰宅途中に水かけられると、
非常にいらつきましたっけ。

という、ソンクラーン。

本来、 この時期が1年で最も暑いタイで、
かつ、作物が最も生長し、これから実りのシーズンを迎えるに当たって

十分な雨に恵まれ、豊作になりますように、という お祭りであります。


そして、うちの庭では。

e0159569_16132783.jpg
パクチーの花が咲き始めました。

今年も、たくさんパクチーが育ちますように。


と。
昨日のケータリングといい、
タイ料理を 美味しい♪ と、ぱくぱく食べてくださる方が めっきり増えたと思う、今日このごろ。

でも、
タイ料理は 作るのが難しい との 定説があるらしく。


もったいないなー。
タイ料理、日本の調味料で十分美味しく作れて、
しかも、フライパン1つで、ちゃかちゃか出来ちゃう料理
たくさんあるのに。

そういうレシピとか、
タイのこととか、

メールマガジン で 発信します。

ご興味ある方、 とりあえず、 
 より、 ご登録くださいませませ。







[PR]
by salaisara | 2018-04-14 16:34 | ごあいさつ | Comments(0)

春は、出会いの季節ってなことが よく言われておりますが。

今日は、 その、出会いの場のランチパーティにて、
ケータリングのお仕事をさせて頂きました。

出会いって、 お見合いパーティじゃないよ。
参加者は ほとんど女性でした。


ということで、ほな、女性受けを狙って。

e0159569_17261463.jpg
食べる、お花畑、作りました、

すごいやろー。
きれいやろー。


こいつのお陰で、あたし、 何人かの美女たちから 囲まれました。
「これ、どうやって作るんですか!?」
って。

もう、女子受けの半端なさっていったら、 ないっすよ。

このお花の形の宮廷しゅうまい。
慣れれば、成型1個1分です。
時間がある時二、
ぱちぱち作って、カチカチ冷凍させちゃえば、
現場持っていって、蒸したらすぐに提供できます。

中身は 鶏ひき肉と玉ねぎを 甘辛くいためたものなんで、
子どもだって食べられます。

熱々でも冷えひえでもなく、常温がマスト。

持ち寄りパーティの機会の多い方、
ケータリングのお仕事されている方。

タイ級底流折、いいっすよ!
Private Lessonで みっちり、お教えしますよー。



あと。
プロじゃなくっても、タイ料理好きな方。

タイ料理好きだけど、タイ語わからないし、旅行行ってうまく注文できるかドキドキの方。
なによりも
楽して ヘルシーで 栄養バランスもいい、 
ついでにインスタ映え料理も作りたいかた。

タイ料理で 願いをかなえませんか?

タイ料理、タイ語、タイ旅行、簡単すぎて、 レッスンで教えられないレシピ、など、 
ここより余程、書き散らしたい事、 メルマガで お知らせします。
こちら より ご登録くださいませ。





[PR]
by salaisara | 2018-04-13 17:45 | その他 | Comments(0)

e0159569_16315763.jpg
画像使いまわし、恐縮ですが。

今日は、 うちに通われている すごい生徒さんのお話しを。


何がすごいかって。 ここ クリックで つづきをどうぞ。
[PR]
by salaisara | 2018-04-12 10:03 | ひとりごと | Comments(0)

最近の フォトジェニック和食。

これくらいの お花のカービングは、1つ 5秒で出来ます。

普段のお弁当とかに入れてもらえればと、
私のお試し的に、
5月
6月から 綱島カルチャーセンターで、3回コースで、 「食べるカービング」講座、
提案させていただいてます。
また近くなったら、 告知させて頂きます。

あ、綱島。ね。 一応、 私的にはチャリ圏内です。

綱島駅近隣は、 日本人従業員など見たことのない 爆安八百屋さんとか ございまして。
引っ越すなら、綱島か! と、 チャリチャリしながら ぼんやり考える事もあり。

・・・・いや、まだ全然引越しの予定など、ありませんけど。


ああ。本題。
昨日ね。 ちょっと素敵な人と 密談するために
アキバまで 出かけたんです。

アニメや電気は 全くの門外漢なのですが、
お互い、ここなら電車一本 ということで。

普段引きこもりのオバチャン、
なんだか、 都内に出かける= 移動時間1時間半! と、刷り込まれておりました。

そして、Ya○oo乗り換え案内などで、 駅ナカなどで迷う時間も考慮して、
待ち合わせ時間1時間半前に 出発すれば、 待ち合わせ10分前だぜ!

ジャパニーズたるもの、時間厳守はエチケットだぜ、
ここはバンコクじゃない。渋滞は。。。。。嗚呼、うちからのバスで たまに事故渋滞とか?

と、 まあ、待ち合わせに遅れるべからず!と、わしわしバスと電車を乗り継いだわけですよ。

そして、 到着して 気づいた。

うちからアキバまで、 Door to Doorで ジャスト1Hour!!!!!

まじか!そんな距離!?

すいません、 貝○さんの セミナーも、そしたら積極的に参加します。



と、まあ、
婉曲に、
SALA ISARA 山奥と言いながらも、 一応都内1時間圏内ですよー! 横浜ですよー!綱島も近いですよー!
などと、
宣伝しつつ。

もういっちょ宣伝。
今日は宣伝が多い。

すいません、こちらのブログに直接貼り付けられないので、
ここ○ いっちょクリックして、 HPに跳んでいただきたいのですが。

メールマガジン、 発行します。
その前にバナーとか早く作れという話ですが。
私自身、えいやー!という 性格なので。

試行錯誤ですが、 タイ料理に関する 色々な情報や、
今までとはちょっと毛色の違ったレッスンなどのお知らせも
お届けしたいと思いますんで、

ご興味ある方、どうぞ一度、ご登録くださいませませ。

SALAISARA
サクライチエリ







[PR]
by salaisara | 2018-04-11 09:34 | ごあいさつ | Comments(0)