カテゴリ:肉料理( 77 )

タイ・コンチネンタル

本当は、早速8月のレッスンで作った料理を紹介しようと思っていたのですが。


日曜日。
朝起きたら オトーチャンがいなかった。

釣りに行ったらしい。

e0159569_18331272.jpg

*写真でみるとますます分かる、娘の固太り。(爆)


しかも、今年の旅行で大物を釣って気に入ってしまった 伊豆に行ってしまったらしい。

ふーん、そうか、へー・・・・・・・

やった!(がっつ)


ということで、朝から娘とのんびりと。

・・・のんびり?

色々作らせていただきました。
丁度今週は、パクチーの消費週間。

まずは、朝から。
[PR]
by salaisara | 2009-08-23 18:46 | 肉料理 | Comments(0)

ちぐはぐなゴハン



やらねばならぬことが山積み、考えねばならぬことも山盛り、
どれも思うように片付かない。
おまけに暑いとなれば、ご飯を作りながら「今日のこの取り合わせは何だ?」
ということになる。

鶏肉を使わねばならぬ。
  ↓
ジャパニーズに照り焼きにしよう。
  ↓
でも、オトーチャンが何だかコッテリしたものが食べたいような事を言っていたから中華がいいかな?
  ↓
でも、他に中華のオカズが思いつかないな。ワンプレートにしちゃおうか?それならトマト煮込みとか?
いやいや、先週やったばかりだな。
 ↓


e0159569_1221372.jpg


結果が、これでした。

気分的に、お醤油→にんにくとオイスターソース→寄り道してジャガイモを揚げたり インゲンをいためてみたり。→

・・・・・・

それにしても、最後の最後にナムプラー(あと、シーズニングソース)を加えて蒸し焼きにしてしまったアタクシ、かなりテンパラカッテいたらしいです。

タイの料理学校で、よく賄いに出てきた、鶏肉の蒸し焼き(ガイ・オプ)。
ちょっと味が濃い目なので、ご飯に合います。


もちろんアタクシは、下味にパクチーの根っこが使えなかった悔しさを解消するために、仕上げにパクチーの葉っぱも。・・・・・ふ。


ちなみに、他のオカズは、冷奴と、収穫した青唐辛子のジャコ炒めでした。

もう、いやぁねえ、日本の暑さって。(と、とりあえず気候のせいにしてみた。)
[PR]
by salaisara | 2009-08-06 12:40 | 肉料理 | Comments(0)

e0159569_1020455.jpg


7月のレッスンで作ったもの その3.
トートマン・カオポート(とうもろこしのさつま揚げ)。
豚挽き肉とあわせてまとめて油に落としてあげたもの。
生とうもろこしをバクバク叩いているので、甘みがお肉にも移って美味しいです。

と、いうか。
日本のとうもろこしは、びっくりする位に甘くてジューシー。

ということで、私のレシピだと大人風、ビールに合うようにニンニク、コショウ、それからパクチーの根っこもガッツリ加えて甘みの中にもパンチのある味付けにしているのですが、これらを控えめにする、もしくは入れないで作れば、そりゃーもう、オコチャマ大喜びの1品になります。

生徒さん達からのご意見だと、お弁当に入れたいとのこと。
そうね、ナムチム(添えダレ)をつけても美味しいけど、そのままでも十分味がついているし、フワフワに仕上げているから冷めても美味しい。


と、さて、何でも食べる、うちのオコチャマ。
あんまりよく食べるから、まだ揚げ物は与えていませんんが、(オトーチャンはホイホイあげていますから意味ないのですが・・・・泣)小さくまとめて蒸し焼きにしたやつを両手に掴んでワシワシ食べてくれます。

オカーチャンは、とうもろこしは、皮つきのまま魚焼きグリルで焼いたやつが好き。
皮が黒コゲになったら取り出して、皮を剥いてワシワシかじる。
皮を剥いて茹でたやつよりも味が濃くなると思う。
それを食べていたら「そっちを食べたい!」と身を乗り出してご所望。
1人で食べられるのかな?と、与えてみたら、意外と上手に前歯を使って食べていた。
全く持って頼もしい娘です。
[PR]
by salaisara | 2009-07-30 10:54 | 肉料理 | Comments(4)

やっぱりビール

最近、胸の辺りがむかむか、モヤモヤ。
何だろ?と思っていたら、 どうやら早くも夏ばて気味だったらしい。

タイに8年も住んでいたのにと思われるかもしれないが、
湿気の質が違うみたい。
タイの雨季は高温多湿と言われているけれど、その湿気の粒子が大きい気がする。
日本の湿度の高い日は、細かい水の粒子がベタベタべたべた、まとわりつくみたいで、何だか息苦しい。

何にしても、
日本の夏は暑すぎる!!(怒)



と、いうことで、それじゃ、暑気払いに冷たいビールを♪
それなら、晩御飯のオカズもビールに合うものを♪

e0159569_11222873.jpg 鶏もも肉を消費しなければならなかった都合で、ガイ・トート・ガティアム(鶏肉のニンニク揚げ)。

ムー・トート・ガティアム(豚肉のニンニク揚げ)のほうが一般的ですが、鶏肉でも当然美味しい。

私は、豚肉だと味を濃い目に漬け込みますが、鶏肉はもう少しあっさりした調味料の配合にしています。
ついでに、本場どおりにガリガリに揚げないで、日本酒を揉み込んでジューシーにしたりもしている。




タイ料理では、一般的には料理にお酒は使わない。
昔はお米を発酵させて作った密造酒どぶろくみたいな、泡盛の親戚みたいなお酒だったらしいし、
(実際、沖縄の泡盛はタイ米で作られているという。ルーツは同じみたい。)
メコン・ウイスキーとやらも、本当のウイスキーじゃない上に、最近は隠し味に使っている人もいるみたいだけど、私は匂いだけで「うわ、ヤバいアルコール臭!」と、飲まないし料理に使うのもためらってしまう。

それを考えると、料理に使う日本酒は偉い。ちゃんといい仕事をしてくれるのだもの。


で、いい感じにお肉も揚がり、さー、ビールだ、ビール!!
と、冷蔵庫を見てみると。


・・・・・在庫、残り缶で2本。(ボーゼン)

うち1本は、ダンナがタイから買ってきた、本場のビアシン(SINGHABEER).
1本を2人で半分こしたら、ダンナは元々焼酎派なので、平気のへっちゃらで焼酎ロックに切り替える。
えーえーえー、それじゃ、アタクシ、最後の1本のビアシンをもらってもいいのかしらー?

「貴重な1本だから、駄目」



(;一_一)




あーのーさー。
ビールはさっ、製造日から2ヶ月くらいが美味しく飲めるんだよっ!(ビールを造っている某K社の方から聞いた話)
それを後生大事に寝かせてしまってどうするんだよっ!!(怒)

あー、在庫管理を怠っていたアタクシ、
あー、会社にお中元で頂いてあったのにー。
・・・・・・・っきしょぉぉぉぉぉーーーーーー!!!(泣)
[PR]
by salaisara | 2009-07-10 11:18 | 肉料理 | Comments(4)

パクチーの魔力。

e0159569_10242347.jpg



ガイ・オプ・ナムデーンといいます。鶏肉の蒸し煮。
ダンナが予想の帰宅時間よりも遅かったのと、煮詰めている間に娘に構っていたため、煮汁が飛んでちょっとお肉が焦げてしまいましたが。(汗)

意図的に見てくれを全然タイ料理に見えないようにしてしまいましたが、
一応、調味料は、ケチャップ、お醤油、オイスターソースに、ちょこっと ナムプラー。 あとはお砂糖。

本当は、下味にパクチーの根っこも入れたかったのですが、そこはぐっとガマンして、私の分だけ仕上げにパクチーの葉っぱを散らしました。


今レッスンに来てくださる生徒さんもおっしゃっておりましたが。
パクチー。
「最初は嫌いだったんですけど、タイ料理は好きだから食べているうちに、だんだんパクチーがないと寂しくなってきちゃって~」だそうです。

確かに、タイで自宅レッスンしていた時も、何人かはパクチーが苦手だけどタイ料理は好き、パクチーが苦手だけどタイ料理を学びたいという方、いらっしゃいました。
やっぱり、何度か作っているうちに、パクチーなしでは寂しくなるとおっしゃっていた。

パクチー、恐るべし。

と、いいつつも。
うちのダンナはタイは好きだけどタイ料理の、特にパクチーが駄目だという。
タイ好き仲間とタイ料理を食べるときは、そ知らぬ顔して食べてはいるものの、
普段料理に使ったりすると嫌な顔をする。

一番、この人にパクチーに慣れて欲しいと思う、今日このごろ。


して、そのダンナ。
今朝、早起きをして、タイに遊びに行ってしまいました。ははは・・・・。
アタクシと娘は、インフルエンザが怖いやら何やらの理由にて、お留守番です。

さあてと・・・・。
これから3日間、何たべよっかな~♪
とりあえずは、現在冷蔵庫に残っているパクチーの消費に励みます。
[PR]
by salaisara | 2009-06-24 10:37 | 肉料理 | Comments(3)

ビールは太るか?

e0159569_14514049.jpg


*特に修正入れたわけでもなく、妙にくっきりした画像になった。 むぅ?


今月のレッスン料理の1つ、ムートートガティアム・プリックタイ(豚肉のにんにく・こしょう揚げ)

お肉をニンニクを叩いたものを加えた調味料液に漬け込んだ上に、カリカリに揚げたニンニクまでトッピングするのですから、そりゃーもう、 ニンニクです。

これ、タイでは、腹持ちのよいもち米と交互に食べると「ビンボー食」になりますが、
日本人的には、お酒のつまみにピッタリ!と、 人気の料理です。

これは、うちのダンナも好き。


さて、今月のメニューにこれを入れたのは、やっぱりこれからはビールの美味しい季節だから。

私、ええ、ビールが大好きです。
飛行機に乗るバイトをしていたころも、 なにはともあれ、仕事が終われば行った先の地元料理と地元ビールを飲まねば気がすまなかった。

ええ、フランクフルト空港でのトランジット1時間半の間に、カフェテリアを見つけて生ビールとソーセージ、ザワークラウトをお腹に収めて飛行機に飛び乗った人です。
(空港の料理は残念ながら しょっぱいばかりで美味しくなかった。ビールはさすがに美味しかった~)


「えー、すぐにお腹いっぱいになっちゃうじゃん、ビールって」と言われますが、
飲んだ分、すぐに出てくれるので、そんなことないじゃんと思っちゃう。


でも、実は焼酎とか日本酒とかウイスキーなどは苦手です。ワインは好き。
体質なのかしらん?


バンコクは、ドイツビールが幅を利かせていて、日本で飲んだら高い、ドイツのビールが安く飲むことが出来ました。
外国人向けパブや、タイ人に人気のビアホールなどでも、おっきい銅の釜が「ドイツからもってきたの」と鎮座して、美味しい生ビールが飲めたものです。


そうやって、ビールばっかり飲んでいたら、

飲み友達、知り合いのアメリカ人やらイギリス人やらドイツ人、タイ人にも 不思議そうにいわれ他。

「お前はビールばっかり飲んでいるのに、どうしてそんなにSKINNYなんだ?
俺の腹を見ろよ。ビールのお陰でこれだよぉ。」

・・・それは、ビールだけじゃなくて、たっぷり食べるお肉やらポテトによるところも大きいのでは?
というのは、言いたかったけど言いませんでした。

そうねえ、よく、ビールは太るとかいいますが・・・・・体質なのでしょうかねぇ。
[PR]
by salaisara | 2009-06-18 15:24 | 肉料理 | Comments(0)

e0159569_1385381.jpg


しつこく、ガパオ。 
レッスンの時は、こうやってお皿に盛り付けて、各自お好みの量をご飯にかけてもらうのですが。

ぶっかけ飯というと、なぜか使ってしまうお皿があります。

恋焦がれてやっと手に入れたのに。
[PR]
by salaisara | 2009-06-04 13:51 | 肉料理 | Comments(2)

e0159569_1125287.jpg


今月のレッスンでは、生徒さんたちが大喜びの ガパオ と日本で言われている料理をやっています。
インゲンのしゃきしゃきと、ガパオの香りが私も大好き。

目玉焼き(カイダオ)も作ってもらいました。
油じゃぶじゃぶの中に卵を落とすので、まさにフライドエッグです、タイの目玉焼きは

土曜日は、レッスンが終わって後片付けを終えてから、代々木公園で毎年やっている、タイフェスティバルにいってきました。

いやまあ、すごい人、ひと、人!!!!
いたるところに座ったり足ったりしながら皆さん、よく食べて飲んでいらっしゃいました。

金曜日の夜、レッスンの買出しに タイ食材店に行ったら
お店のタイ人のおばちゃんから「明日代々木に行くの?」と聞かれた。
「うちで美味しいガパオを作って友達と食べてから行く」といったら、
「それが一番よ!私、前にブースで作っていたけど、一度に大量に下ごしらえして、お客さんに出すときには鉄板の上でウァシウァシ和えて容器にガバっと入れてハイと渡すだけだから、美味しく作れないのよね」
だって。

実際、行列して買っている光景を見て、その作り方でもしょうがないな と思った。
ここは日本。いくら手早く作ったところで、タイの屋台みたいに作っていたら、とてもじゃないが客ははけないし、何よりもブース代も回収できない。

日本、いや、東京は人が多いやね。

と、いうことで、私は会場ではタイ・ビアをぐびぐび。

タイ料理は、自分で作るのが美味しいのさ。
[PR]
by salaisara | 2009-05-18 11:48 | 肉料理 | Comments(0)

チュウカ「風」で騙す


e0159569_9502977.jpg

ヌア・パット・ナムマンホーイ。
牛肉のオイスターソース炒め。直訳です。

って、これ、チュウカじゃん。

いえ、一応、タイ料理。
[PR]
by salaisara | 2009-05-14 10:23 | 肉料理 | Comments(4)

パイナップルの威力

e0159569_10371940.jpg


ムー・オプ・サッパロット と 申します。
豚肉の パイナップル煮込み。

タイ語の「オプ」というのは、例えばオーブンで焼くのも「オプ」ですが、お鍋に蓋して蒸し煮にする事も指します。

More
[PR]
by salaisara | 2009-05-13 10:58 | 肉料理 | Comments(0)