カテゴリ:肉料理( 77 )

シンプルか 複雑か。


引き続き、オトーチャンのいない、平和なランチ。(笑)


e0159569_13514968.jpg


今回は、カオ・ムーデーン(焼き豚のっけご飯)の 試作をちょっと。
ご飯はばっちりジャスミンライスで。

実はこれの作り方について、悩んでおりまして。

More
[PR]
by salaisara | 2011-04-13 12:36 | 肉料理 | Comments(4)

やっぱり好きなの。

明日のごはん会に向けて、朝から着々と準備を進めております。

思えば引越してから、まともにタイ料理を作っていなかった。

そりゃーもう、楽しいの何のって。

改めて、自分、タイ料理作るのが好きなんだ と、認識いたしました。


e0159569_13184834.jpg




写真は、朝から煮込んで、明日もお出しする、カイ・ガイ・パロー(卵と鶏肉のあまじょっぱ煮)を、
お昼ごはんにも頂いたもの。

自分で言うのもなんですが、うまいっす。

他にも色々作りますので、明日来られる方、お楽しみに。
・・・逆に、作りたい料理が多すぎて、センセー、困っております。(苦笑)
[PR]
by salaisara | 2011-03-26 13:15 | 肉料理 | Comments(0)

ファストフード

e0159569_13545552.jpg

オトーチャンが「仕事で夜、ちょっと遅くなるから、外で適当に食べてくるわ」という日のご飯。

娘と2人ご飯の時は、迷わずワンプレート。

今回は、カオ・ナー・ガイ・トゥンという、鶏肉の煮込みのっけご飯。
パクチー山盛りで見えづらいですが(爆)、ちゃんとご飯も盛ってあります。
それに、茹でたもやしと青梗菜、あと、彩りにプチトマトを添えて。

作り方は大層簡単。
肉にナムプラー、オイスターソース、お醤油とお砂糖などの下味をもみこんで、
フライパンでジュウと焼き付けたら、水をひたひたに加えて、煮込むだけ。
肉にちゃんと火が通り、煮汁がいい具合に煮詰まったら。
お好みで片栗粉でとろみをつけてもいい、そいつをソースにして、ご飯の上にのっけた鶏肉にトロリとかける。
そのソースのかかったお肉をご飯と一緒に食べ、茹で野菜を時々かじってお口直しをする。

ご飯に、お肉に、お野菜。はい、きちん1食。

タイの屋台は、大体、こんな感じで、注文がきたら肉を切り、野菜を切り、お皿にポンとご飯を盛り付けた上にヒョイヒョイっとオカズをのっけて、はいよと出す。
ファスト・フード。

こういうファストフードをちょっとのお金で毎日食べられるって、なかなか幸せなfことだと思う。



[PR]
by salaisara | 2011-02-05 14:19 | 肉料理 | Comments(6)

卵が先か。



e0159569_147515.jpg

これは、オトーチャンが夜にお出かけした時の、ワンプレート晩御飯。
娘と2人で食べるときには、大体こんな感じの手抜きご飯です。

カイ・パロー(卵の甘い煮込み)。
お肉とゆで卵と、今回は省略しましたが、油揚げを、ナムプラー、パームシュガー、ブラックソイソース(甘いおしょうゆ)と五香粉で、甘じょっぱく煮込んだやつ。これも子供受けタイ料理。


・・・・
名前には、卵(カイ)が入りますが、メインは、どう見てもお肉ですね。

しかしこの料理、お肉は実は、何を使ってもいいのです。
豚肉(ムー)を煮ても美味しいし、タイではあひる(ペット)の肉で作ったりもする。

でも、卵は、どうやら必須らしい。

そうだよね、やはり煮卵は、ないと悲しい。



その、卵ですが。

e0159569_1416910.jpg

←これも、たまごです。(汗)

ゆで卵の殻を剥くことを覚えた娘、
ゆで卵を見ると
「たがも(卵)、ひいたって(手伝って)くれる(あげる)のっ!!!」
と、キーキーうるさいので、それじゃー剥いてちょーだい と渡してしばし後。


黄身だけゴロリと手のひらに乗せて
「たがも、生まれたのぉ~!」

そういう言い方やめてー、バロットじゃないんだから!
いや、ここは日本、そんなことはないと思いながらも、一瞬黄色い球状のものを見て、かーちゃんビビリました。

しかも娘、剥いた白身、ちゃっかり食べているし。(怒)


しかし、子供って、卵が好きね。なんでだろ?












[PR]
by salaisara | 2011-02-01 14:29 | 肉料理 | Comments(4)

ソバメシ

おとーちゃんが飲み会に出かけたので、娘と2人の晩御飯は、ぶっかけ飯にて簡単に。

冷蔵庫を覗いて、「おお、あれが出来るじゃん」と、ぱーっと作るのが、やはりタイ料理になるところ、
私も相当に思考がタイらしい。


e0159569_102523100.jpg


パット・ウンセン・サイ・ カイ という、食堂の定番メニューの1つ。
この料理名を直訳すると、「卵いり 春雨炒め」。

ニンニクを香りがたつまで炒めたら、薄切り肉を炒めて、調味料と水で戻した春雨を投入したら、野菜を加えて、その野菜の水分と加減しながら加える水で春雨を戻しつつ、味を入れていき、最後は卵を溶きいれて、ざっくり混ぜたら出来上がり。

フライパン1つで作れるし、野菜も肉も入るし、炒め煮なので油は少量。
おまけにメインの具は春雨ときたものですから、かさも随分と増えるためにお財布にまで優しいときたもんだ。


今回入れた野菜はトマト、きゃべつに玉ねぎ。味付けはケチャップとお醤油、少量のオイスターソースとお砂糖。

ちょっと甘くてしょっぱくて、おまけにちゅるちゅる。ふんわり卵まで絡まった時にゃー。

お子様受けばっちりの、ソバメシなのさ。


そう、普通、ご飯にかけていただくのです。
日本では、関東地方しか住んだことのないアタクシ、やきそば定食が信じられんと思いつつ、こういう、春雨チュルチュルはオカズになるって、それって、タイ生活で身につけた「慣れ」というものなんだろうな。


と、さて。
うちの「食いしん坊将軍」が大好き要素がたっぷりの、この日のオカズなのですが。

日中、散々公園で駆けずり回ったりしたくせに、お昼寝の時間になって
「じぇいくん、みるのーっ!」とDVDを持ってきたのを、うっかり見せてしまったら。

そのまま何だかんじゃと起きつづけ、
夕食の準備中に無意味にモノに八つ当たりしたり号泣したりした挙句、

晩御飯が丁度出来上がった時になって、抱っこで1時間ほどお休みになられまして。(怒)

布団におろすとまた泣くので、オカーチャンは娘を抱っこしたまま1人で食ました。(涙)

2歳児、まだ君はお昼寝しないと身が持たないのだよ。






それにしても、久々に見てしまった「カンフーダンク」、内容はともかく、ジェイははまり役である。
ばかばかしいストーリーなので、娘にも大好評。












[PR]
by salaisara | 2011-01-27 11:00 | 肉料理 | Comments(6)

今年最後のレッスンも 無事に終了!
皆さん、お疲れ様でした。

e0159569_1243345.jpg

特に、今回は、これ、お疲れ様でした。 チキンですガイ。

*手モデル、生徒さんのOちゃん。よく出来ましたー。

何をやっているかというと。
[PR]
by salaisara | 2010-12-27 13:28 | 肉料理 | Comments(4)

SALA ISARA タイ料理レッスン  今月のレッスン。

タイ料理でクリスマス。
パーチーメニューです。
サラダからスープ、メインに、クリスマスらしくケーキまでつけました。
デコレーションも、オサレにしてみました。
はい、やります。できました。・・・・できたと、思う。

e0159569_10195754.jpg


HIKAどん、テーブルクロス、超活躍中。改めてありがと~♪

では、まずは、サラダから。
[PR]
by salaisara | 2010-12-20 11:15 | 肉料理 | Comments(4)

来年用

e0159569_14101779.jpg


夜半、肉を叩いて何をしているのかというと。

来年、使えるんじゃないかと思って。
[PR]
by salaisara | 2010-10-22 14:25 | 肉料理 | Comments(4)

e0159569_13283690.jpg


中途半端に余った牛薄切り肉を使って、夕食にオイスターソース炒めを作った。
ヌア・パット・ナムマンホーイと、タイ語では言います。チュウカ系だけど、タイの甘いお醤油などを使います。
野菜も色々入るので、肉の少なさをカバーできる上に、ご飯にも合う。

・・・・と、丁度これを作った時に、オイスターソースがなくなってしまった。
やばい。すぐに買いに行かねば。

うちは、レッスンで消費するのもあるけれど、普段も中華などでオイスターソースをよく使う。
当然、買うなれば大瓶です。


ということで、最近ショックだったこと。

娘宛に某教材会社さんからダイレクトメールが来ます。
最初は「歯磨きを楽しく習慣づけようセット」とか、「トイレトレーニングをスムーズに終わらせる本&DVD(?)」とか?

大いに心が動きかけた時には急に娘が歯磨き好きになったりして、ご縁がないままなのですが。

ここが最近、「幼児食と大人ご飯を楽に作れる宅配サービス」についてのDMを送ってくるようになった。
一応、中身を拝見して、「そういえば、最近麻婆豆腐を作っていないな」などと参考にさせて頂いているのですが。

その「こういう点でお得!」なコピーの中で

「オイスターソースとか、瓶で買っても使い切れないから、1回分パックはお得だわ」
というのがあったのですよ。


ええええっ!?普通の日本の一般家庭って、一体日々何を作って食べているの?


確かに我が家には、ただでさえ色々な調味料を使うタイ料理を作るうえに、頂いて使って気に入ったオリーブオイルが3種類、気分や料理に合わせて使い分けていたりと、調味料の数はハンパないとは自覚しているものの・・・・・。
小瓶のオイスターソースを使い切れないというフレーズに、自分のガイジン度を思い知らされた気分でした。


この、牛肉の炒め物、娘はバクバク食べてくれました。
オトーチャンは、ほとんど食べてくれなかったようですが。

ちなみにこの日の献立。
私の母が遊びに来てくれて、地元でとれたての釜揚げしらす、朝採りトマトとソラマメをもってきてくれたので、しらすおろしとトマトと茹でソラマメ。

・・・・・シラスはおかわりしたくせにねー。(と、草葉の陰で涙してみる)
[PR]
by salaisara | 2010-06-10 14:01 | 肉料理 | Comments(6)

e0159569_1129014.jpg


4月なので、テーブルにコッテリと色モノを持ってきました。 テーブルセンターはタイの少数民族の刺繍もの。


今月はパイナッポー・ネタでまとめようとしたのですが、途中、バンコクが大変なことになったり、娘が1日中大騒ぎしたり、
なによりも、撮った写真がブレブレだったりして使えずに、中断してしまいました。
ごめんなさい。


e0159569_11472673.jpg


こちらは、パイナッポーのカップに入れただけなのですが。
ムー・オプ・サッパロット という料理。 豚肉のパイナップル煮込み。

パイナップルはたんぱく質分解酵素があるということで、一緒に煮込むとお肉が柔らかくなる。
レッスンでも 豚ロースを30分煮込んだだけで、お肉がホロっと仕上がりました。

ついでにパパイヤにもたんぱく質分解酵素はいっぱい入っているそうで。
だから、食後のデザートにパイナッポー、パパイヤを食べるのは理にかなっているそう。

して。出来上がりのテーブル全体図は。
[PR]
by salaisara | 2010-04-27 14:30 | 肉料理 | Comments(2)