カテゴリ:麺料理( 21 )


 SALAISARA Thai Cooking Salonでは プライベートレッスンも 承っております。

というか。 私も原点、 プライベートレッスンのコーディネートです。


飲食店の方などに、 こういうタイプのお店なら、 どういうお料理出すといいだろう?とか、
そういうご相談を一緒に考えて、
これぞ、というタイ料理を 今度は ご自身で作り方を学んで頂く。

実際にご自身では作らなくても、調理スタッフと 味や作り方の確認ができるようにと、
タイまで来て習われた 飲食店経営者の方のコーディネート、承ってまいりました。


今の自宅レッスンは、主に、 
タイ料理の 「終わり良ければすべてよし!」的、サバーイな調理法を ご家庭の主婦の方に広めたいと
色々展開している次第ですが。


で。 そうそう。 今日の御題の 彼氏の胃袋わしづかみ とは。


あるお嬢さんから プライベートレッスンの お申し込みいただきました。

「タイ駐在歴のある彼氏が タイ料理が大好きで。 だから、記念日に彼の好きなタイ料理を作ってあげたいんです。」

もう、おばちゃん、きゅんきゅんです。
頑張って、絶品タイ料理、教えちゃうよー!


と、続けて読んだ一文に、驚愕。

「ネットや我流で 3年間トライしてきたんですけど、なかなか美味しいのが出来なくて。」


3年も待ったんだ、彼氏!

偉いぞ、彼氏。

もう~~~~! 3年前に さっくり習いに来てくれたら、
今頃 彼氏は あなたの手作りタイ料理なしには生きていけない体になったのに!!!!


日本でなかなか美味しいタイ料理が見つからないと嘆く前に。

習いに来てください。

タイ料理好きなら 必ずや、胃袋わしづかみにできるお味を お教えします。
ついでに、 日々のご飯づくりも、 我流でやってきたよりも 3倍速くらいに 楽して美味しいの作れるようになっちゃうよ。

彼氏の為に、 これ、絶対習得したい!という方は、(いや、相手は彼女でもいい)
Monthly lessonsで3年4年待ちながら過ごすよりも、
びしーっと、 ご指定の日時、メニューで マンツーマンで しっかり習ったほうが 絶対身につきますよって。
ちゃんと 作ったレポートまで、サポートさせて頂きます。



あと、今晩20時。
メルマガ読者さm先行予約の イベント告知、配信します。
仮登録と本登録がありますんで、 ご興味ある方、 きちんと登録してねん。




by salaisara | 2019-01-11 11:49 | 麺料理 | Comments(0)

11月の3連休中。 いかがおすごしでしょうか?

うちは 娘のバレエのレッスンと、自分の仕事と、 こういう メールマガジンとかブログとかをのんびり書いて過ごしております。

話変わって。


私は、タイ料理教室を、 横浜市鶴見区でやってますが。
横浜といえば。 日本最大の中華街がござまして。

私、多分、 中華街がある街が好きなのかもしれない。

食べ放題や買い食いや甘栗をスルーして、 美味しい老舗も色々ありますんで、
タイ料理教室でランチ食べたら、 夜は中華街、くらいに 
横浜を楽しんで頂けると嬉しいです。

またまた、話変わって。
中華街で 私がしみじみ美味しいなーと思うお店は
汁麺のスープが するする飲める。

うちのタイ料理教室のスープも、
お鍋任せではありますが。
ちゃんと ベースの鶏スープとって、お教えしてます。

このスープがまた、 二日酔いに沁みる と、好評でして。

・・・・二日酔い気味でも、 皆さんちゃんと たどり着いてくださり、
しかも、 スープ飲んで「元気になったー!」と 帰ってくださるのも、また嬉しいのですが。

タイでは、汁麺のスープは、飲めることが基本です。
だって、折角 体にいいエキスが沁みたスープが、しょっぱすぎて飲めないって、もったいないでしょ。

ちゃんと飲めるスープ飲んで、心身健康になりましょう。


そんな、タイの色々、
サクライチエリが在タイ8年、日本人エリアじゃないところで
すごくニュートラルな一人暮らししていた時に出会った人や物事の話、
メールマガジンで 紹介してます。


毎晩寝る前とかに タイのゆるーい空気を感じて、
くすっと笑って 明日もがんばろ、と 思ってください。






by salaisara | 2018-11-23 14:59 | 麺料理 | Comments(0)

さて、子ども達の学校も始まり、
母さんの 日々のランチが 貧相になってきたような?

基本、1人では、あるもの食べるか、試作か、 時間ないと食べないとか。
だめじゃん、あたし。

e0159569_14261302.jpg
今日は、戸棚から タイのインスタントラーメン見つけて、 作ってみました。

器に麺入れて、 320mlの湯を沸かし、器に注いで、皿で蓋して3分間。

って、具なしですから、タイの袋麺。
小鍋でお湯沸かして冷凍庫にあったフィッシュボールと小松菜、もやしも投入。
そのお湯をフライ麺と調味パウダーを入れた器にざばりと入れて、
待つこと3分。
パクチー散らして、 頂きます。




って、具を刻んだりした時点で、
いつもの 冷凍鶏がらスープを解凍~沸かして、水で戻したクイッティオ茹でる
ちゃんとしたクイッティオ・ナームと手間的には 変わらないじゃん。


ええと、タイ料理、
インスタントに手を加えるのと 変わらないくらい、 簡単ってことですね。


そういう、かんたーんなお料理ばっかり集めた、
ベーシックコース。

10月14日(日)10時半~の日程は、
ほとんど 満席でございます。

平日なら、どの曜日が希望とかいうの、お知らせいただければ 追加募集させて頂きます。

10月の御題は
「タイ料理の揚げ物は、 実はヘルシーなのであ~る」
です。
詳細、こちらですよ。

また、そうそう。
本日20時配信の メールマガジンでは、
タイ人の インスタントラーメンとの付き合い方について、
面白いこt、 色々書いてます。

ご登録は こちらよりお願いいたします。





by salaisara | 2018-09-12 14:34 | 麺料理 | Comments(0)

9月ですね。
夏休みが終わりましたね。

毎日のお昼ご飯、がんばりましたね。

お子さんの給食が始まったら、好きなもの食べましょう!


って、うち、夏休み中も、好きなもの食べていましたけど。


たとえば、これ。
カノムジーン・ナムヤー・ガティ
という、タイ料理です。

あ、麺は タイの麺じゃなくって、お素麺で代用ですけど。

夏の間、素麺ばっかり食べて、めんつゆで食べるのは飽きたよ という方、
そうめんじゃ、栄養が偏りそう、と 思われる方。
栄養満点、 油使わない。お鍋にぽいぽい材料入れるだけです。

1 ココナッツミルク 200ml入り缶を鍋にあけて、 ぐつぐつ煮る。

2 レッドカレーペーストをお好みで適量、味噌汁の味噌溶くように、溶かす。
  私は 大さじ1くらい、かな。

3 ツナ缶1缶、がぱっと 投入。 このときは更に、冷凍庫にフィッシュボールがあったので、それも凍ったまま放り込む。

4 ナンプラーとパームシュガー(無ければ三温糖とか、黒糖とか?こくのあるやつおすすめ)で
  適当に塩気と甘みのバランスとったら、出来上がり。

茹でて水で〆た素麺と、きゃべつの千切りとか、バジルなんかと一緒に頂きます。
もっとたんぱく質が欲しかったら、 ゆで卵も添えてください。


と、 市販のものでも全然出来ますが。
9月のMonthly Lessonsでは、 ペーストから作る、
最強に香りがいい グリーンカレー 
を作ります。


4年に一度、一度習ったメンバーさんも 食べに来られるという、
グリーンカレーのレッスンは

こちらで ご予約承ります。



時短料理をタイ料理で、
作りおき料理をタイ料理で、
家族に内緒で タイ料理を出して 普通におうちで食べたい
という方。
タイ料理苦手さんが、 一瞬で「これなら自宅で作りたい!」と 道具まで買い揃えた人もいる
ベーシックレッスンも、 受付中です。
9月は8日、土曜日の 10時半から やります。



それから、レッスンのお得情報と、
ディープにタイに住んだ気分になる 面白い話万歳の、
メールマガジンは こちらより 御登録ください。
あ、登録しても、配信されないよ、というかた、迷惑メールフォルダ見てみてください。
特に携帯アドレスでの御登録。
大体毎日20時に配信してます。
今は、タイの水が安全かどうか、みたいなネタです。

by salaisara | 2018-09-01 14:39 | 麺料理 | Comments(0)

1人で食べる お昼ご飯、どうしています?

よく、
「1人だから、包丁すら持ちたくない」
というお声もよくききますが、

私は、
いつ死ぬか解らないから、 
死ぬ間際に「あれ食べておけばよかった」とか思わぬよう、
なるべく、その時その時に、 自分が納得するものを 食べるようにしとんよ。

それが、インスタントであろうと、買ってきたものであろうと、何にしろ。


で。この日は、 
何とも決まらずに、 うーんと お腹と相談した。

ルークチン(つみれ)が冷凍である。 クイッティオ(米麺)ある。 鶏がらスープも冷凍してあった。
庭に花咲いちゃったけど、パクチーあるじゃん

= クイッティオ・ルークチン・ナーム(つみれ入り、汁入り米麺)
だな、 ということで、落ち着いた。

そう。結構な。冷凍できるんよ、タイ食材。
思い立ったら、ぱぱぱーっと作れちゃうのが、 タイ料理のいいところ。


冷凍庫をあさってみる。

あれ?鶏がらスープ、在庫ないやん。


ガッテム・あたしったら!!!(怒)


既に麺は戻した。
ないのは スープだけ。


どうする、サクライ? ビッグマウスたたいた直後に。

e0159569_16294177.jpg
クイッティオ・ルークチン・ヘーン。 汁なし米麺。
スープない分は、 ナムプラーが、 だし醤油の役割を果たします。

日本人、よくな、 ナムプラー=しょうゆ っゆうてんやんか。
ちゃうねん。
出汁しょうゆやねん。

そいでな。
タイのクイッティオと ベトナムのフォーな。
日本人、同じちゃうちゅうてんやんか。

全然、ちゃうねんか。

鶏がらスープのとりかたからして違うやんか。

でも、 一番、 これ入れたらフォーだってタイ人化けるやんか!
ちゅう ブツ、あるねん。

そのブツ、5月のmonthly lessonsで がつーん、作りますねん。

夏になったらタイ料理食べたくなるわー 
って、口だけ言ってる人。
一度、横浜来て、 口ばっかちゃうとこ、みせてみいや。
家で作るとコスパええし、 お客にご馳走したら、 タイ料理っちゅうだけで、仰天されるで。


それから、メールマガジン。
今日の御代は、暑くなってたからな。
タイに旅行行って お腹いたくならないようにする事、 配信します。









by salaisara | 2018-05-15 09:28 | 麺料理 | Comments(0)

春休みだよ、こどもレッスン絶賛開講中!

こどもれっすんは、 プライベート1dayレッスン扱いになります。




そう。この日は、 4歳児の 男子たちが、 大いに盛り上がっておりました。

4歳児、です。

4歳でも、料理、します。



まだ、鶏がらへの畏怖は、ありませんでしたね、うん。

その代わり、手触りは、やっぱり「ぬるぬるしていて、いや」みたいな。

でも、ちゃんと、出来上がりました、 クイッティオ・ナーム。

テーブルと、ママの環境保全上、試食は こどもブースを設けましたが、
遊びながらでも、みんな、スープまで飲み干してくれました。

とっとと食べ終わった子が、おもちゃを取り出して、
まだ食べ終わっていない子が、 食べたいけど、おもちゃで遊びたい、と、うろうろするとか、

お決まりの

「かーしーて!」 「・・・・」 =取り合い 見たいな事も、 当然 ありましたが。


4歳 男子ですから。


この日も、 モンテッソーリスクールに通う4歳児のグループ。

ママたち、見てましたか?

包丁使うとき、 調味料の計量を、順番にお願いした時。

順番でもめることなく、 ちゃんと 自分達で決めた順番で 並んで待っていたんですよって。


今は、おもちゃの取り合いしようと、
ちょっとくらい、喧嘩しようと、

大丈夫。 彼らは、きちんと、成長してます。 おやつ先生が保障する。


だから。

ママがしんどいなーと、 思ったら、

アウトソージング してください。

子どもを諭す時も、 ママが言うよりも、 おやつ先生のほうが 刺さることもあります。

ママがしんどい時、 匍匐前進隊は、おやつ先生が抱っこして、 ちゃんと料理教えます。


あ。今回の こどもレッスン。
はいはいするくらいの子たちも 複数おりましたが。

タイのとりがらスープ、がん飲みしていましたって。

そうなんです。
ちゃんととったスープは、 美味しいんです。
しかも、お鍋に放り込んだら あとは 存分にお子さんと接しているうちに、勝手にとれるんです、すーぷ。

どうぞ、離乳食に お使いください。
自分で鶏がらからスープとれば、 塩分量なんて 気にする項目にも入りません。


こどもレッスンは、 プライベートレッスン枠ですので、
春休みとか 期間限定でなく、 土日でも、 オーダーございましたら開講させていただきます。

こちら→☆ より お問い合わせくださいませ。




by salaisara | 2018-03-26 21:11 | 麺料理 | Comments(0)


幼稚園は、既に春休みです。
私が 延長保育時の おやつワークショップを担当させていただいております幼稚園も
親にとっては長い長い春休み中。

ということで、春休みニート中の幼児のママさんたちのご要望にて、

こども レッスン、 やりました。

子ども達が 鶏がら洗ってスープをとり、
お肉に下味つけて、
青菜を刻み、
麺を茹でて、
出来上がったスープを注いで、
自分達で刻んだトッピングをかけて、 

バミー・ムーデーン という、焼豚のっけの汁麺を
一心不乱に、 いただきます。


そしてこの日は、
パパ、ママともにパクチーラバーなのに、幼稚園児のお姉ちゃんがパクチー苦手だったのに、
一番率先して、パクチを食べていたという。


タイ料理が辛いなんて、誰が決めた。
子どもはパクチーが苦手とは、誰が決めた。
ってなもんですね。



こどもレッスン。

わが娘が卒業した幼稚園は、 モンテッソーリスクールなので、
こどもレッスンの進行も、 モンテッソーリ教育のメソッドを取り入れております。

例えば。

これは、大人のレッスンでも必ずやりますが、
調味料は、全部味見してもらいます。
幼児のみなさま、結構味には敏感なので、
大人にはそれほどかんじない苦味とか、 かんじたりして、大人の方が感心します。
で、
苦いからいらねー!とか いったりもしますが、
最終的に美味しく出来上がったら、 味見に夢中になったりもします。

大人と違う点は、
大人のレッスンでは、1人1組、包丁とまな板、ありますけど。
こどもレッスンは、 1組の包丁まないたを 順番に使っていきます。
使う順番も、 年長さんくらいになると、譲りあったりして、 混乱なく順番決まります。

でも、幼児ではありますから。
1人の子が真剣に青菜刻んでいる後ろで、 ちゃかちゃか押し合いへしあい、ふざけあう子たちが出てくるわけです。

こどもレッスンの先生、結構怖いです。
「そこの2人! 押し合っていて、包丁で切っているAちゃんにぶつかったら、
勢いでAちゃんの指、ざくーって切れて、なくなるわよ。」

ただ、危ない、っていっても、わかんないんです。
だから、若干盛り気味に、具体的に説明する。
本当にやばい事しでかしていたら、 その子の目線にあわせて座って、目ぇ見て説明する。

かなり、効きます。

・・・まあ、1分後には、Aちゃんから30cmくらいは余計に離れて、やらかしますけど。

後片付け、洗い物も 子ども達です。
洗いさん、すすぎさん、拭き係さん、 テーブルを拭く係、と 子供同士で役割を決めてもらい、
泡が残っていたら、すすぎやりなおしぃの、 油でぬめぬめしていたら、洗いさんに返却、と、
なかなか、容赦しません。

と、普段、ワークショップで何やっているのか知らないママたちもびっくりの、
なかなかのシゴキっぷりではありますが。

この おやつ先生、なかなかの人気らしく。

今回の こどもレッスンに参加された・される 親子さんの 受講理由のコメントで、

○○がチエリ先生のお料理教室が大好きなので一緒に参加希望しました。

息子は料理が好きで延長保育でもお料理ワークショップが一番好きです。家でもキッチンに立つのが好きで、料理の一工程を手伝う、というより創作料理を作ってくれます。あまりにも創作が過ぎるので(レシピ等を見ない)ちゃんとしたお料理教室で料理の基本を学びたいなと思っています。

当日を楽しみにしています。

などと、頂きました。


なぁに、チエリ先生、40代にて、 人生最大のモテ期じゃないですか!?



まあ、それはともかくとして。


こどもれっすんは、 1day プライベートレッスン枠にて、 グループ単位にて、承っております。


詳細は contact より お問い合わせくださいませ。















by salaisara | 2018-03-20 11:25 | 麺料理 | Comments(0)

e0159569_14531761.jpg
4月のMONTHLY LESSONS,
1人ずつ、 ご自身が食べる分のパッタイを作っていただいております。

「今まで好きで、いろいろなお店で食べたけど、 今日のが一番美味しかった」
という 嬉しいコメントまで いただいております。
やった!

と、そういえば。
パッタイ好きな外国人、多いですよね。

かつて、タイ人に言われた。
「どうして日本人やファラン(欧米人)は、パッタイ好きなんだ? 
だってさ、ごらんよ、
そこかしこに、汁麺の屋台はあるけど、パッタイ屋台は あんまりその辺じゃ見かけないじゃん。
どこで知るんだろう?」


どこで外国人旅行者は パッタイを知るのか?

あそこだと思う。


More
by salaisara | 2017-04-14 15:33 | 麺料理 | Comments(0)

菜の花祭

立春が過ぎて、 やっぱり 寒さのシバレ具合が確実に緩んでくるなー 

日本の季節の移ろいに感心する、毎年のこの時期。

って、 あたしにとっては まだまだ全然寒いんですけどね。

今から時々、足首見せている人とか、みかけますけど  みかけるたびに「無理だー!」と心の中で叫ぶ、
もう、すっかりおばちゃんのアタシ。

e0159569_1348375.jpg


 と、いいつつ。 レッスンでは、 春を先取りした気分で。

菜の花祭りよ。
by salaisara | 2016-02-18 14:41 | 麺料理 | Comments(0)

男前 / 現地以上

e0159569_13511969.jpg


今月は、 センセー、何をもくろんでいたわけではないが、

どうにも酒飲み向けのメニュー構成になった気がする。

More
by salaisara | 2015-06-25 14:30 | 麺料理 | Comments(0)