ご好評頂いております、「オールジャパンでカオマンガイレッスン」

タイ料理苦手と思い込んでいた方が、 
簡単に作れる!と 目から鱗落としていたり、

普段お仕事で忙しいお母さんが、
「簡単に作れるうえに、応用まで効く!」と 絶賛してくださったり。


カオマンガイのたれ、 別の料理に変身します。

初めてご自分でカオマンガイをつくられた生徒さんが
習ったその日のうちに おうちで復習され、
更に、翌日のおかずに、 こんな事をされたそうです。


早速残ったタレを豚肉に漬けて、もやしと一緒に炒めて食べました。
全く別モノの料理に変身した上に美味しい、そして凝った味付けに(≧∇≦)

普段残ったものを冷蔵庫や冷凍庫で保存したりするのですが、忘れっぽい私は保存した時点で存在を忘れておやおや…ということに…
でもこうやってすぐに使っても別モノになるなら忘れることないですね(๑˃̵ᴗ˂̵)


タイのカオマンガイの複雑なタレの味を
お肉の種類変えてマリネ液として使って
炒め物や蒸し物につかうと、

全く別物の 凝った料理の味付けになります。


また、別の生徒さんは、
こっちはガチでタイですが。
ソムタムピーラーを気に入られて、 買っちゃいました♪ と ご連絡くださいました。

e0159569_09421610.jpg
そうそう。 これ、すごく便利です。
ちょっとした飾り切りも出来るし、
メインの用途がささがきピーラーなので、
キャロットラペ、にんじんしりしり、 大根サラダとか、 
頑張って千切りにすることなく、 ぴゃーぴゃー 簡単にささがきができます。


こういう 便利な道具を知ることが出来るのも、
異国の料理を習うメリットですね。



夏休みの特別レッスン、「オールジャパンでカオマンガイ」レッスンは
お子様と一緒でも 受講出来ます。

お昼ごはんに困られている方、 是非遊びにいらしてくださいませ。


ご予約はこちらからね。


ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。

そして、9月からは

辛くない、普通のスーパーで手に入る材料で フライパン1つでぱぱっと作れる

タイ料理のみを 季節に合わせてチョイスした

6回1クールのコースを 開講します。

詳細は こちらです。☆

ご興味ある方、 どうぞ お問い合わせお待ちしております。


[PR]
by salaisara | 2018-07-22 09:34 | 調理器具 | Comments(0)

タイアップタイアップって、
センセー、だんだん大人になってきた風ですけど。


お肉の次は、こういうものが届きました。


e0159569_1364896.jpg


More
[PR]
by salaisara | 2015-11-09 13:44 | 調理器具 | Comments(0)

10月のmontyly lessons,全日程が終了いたしました。

e0159569_1338992.jpg

今月は、お友達をご紹介いただいたり、
カリーパフ狙いだったり、

新しい生徒さんにもたくさん来ていただけました。
ありがとうございましたー。

って。
カリーパフ、そんなに人気だったんか!?

現在、プライベートでも「カリーパフ習いたい」とのお問い合わせを複数頂いております。

プライベートレッスンでも、オーダーいただければお教えしますよ、カリーパフ。

そして、もう1つ、今月センセーが以外だったこと。
[PR]
by salaisara | 2015-10-29 14:19 | 調理器具 | Comments(2)

12月の特別レッスン

11月の通常レッスンが始まる前に、既に12月のレッスンですったもんだしている、今日この頃です。

が。
やはり、発端は、この先生でした。

e0159569_21204575.jpg

これは、バレエの発表会前のパンフレットに使用する写真撮影時に
先輩ママサンに整えていただいて、個別写真撮影に望んだ時、
感心して撮った写真ですが。
(まあ、こういう事でも出費があるわけですね、バレエって。 写真映えする為に黒いレオタード準備するとか)

バレエのシニヨンは、 お団子じゃないですね。
髪の毛をなるべく目立たないようにする技術が必要ということですね。


よく食べるせいか?
髪の毛が多い上に長いんで、ベテラン・ママさんも悪戦苦闘の、小人先生。

・・・・はい。発表会前には、シニヨンしやすい長さにまで切りそろえます。(焦)

この先生の、何がどうしたって。
[PR]
by salaisara | 2013-11-11 22:20 | 調理器具 | Comments(2)

e0159569_10222772.jpg


タイのフライパンと共に、私が愛してやまない調理器具がこれ。
クロックといいます。
これは、石で出来ているので、クロック・ヒン(石)。
めちゃくちゃ働き者なのです。

唐辛子やニンニク、コショウやコリアンダーシードがこの石の重みで簡単に潰れるし、潰れることで切ったときよりも香りが立つ。
炒りゴマとかを潰しても、日本のすり鉢と違って中がツルツルだから手入れが楽。
底が浅いから潰した素材をスプーンで掬いやすいのもいい。
殻の固いマッドクラブの爪もこれで一撃。
おまけに、この石臼の縁で包丁も研いだりも出来る。

自分の中でサイコーにこのクロックをイケてる使い方をしたと思った時は、ドーナツを揚げた時、パウダーシュガーが手元になかったので、これでグラニュー糖を潰してしまった時
潰せるもんだなー、粉になったよー、と、やってみて妙に感心。
石なので、ちゃんと洗えば匂いが残らないのも使いやすさの1つ。

姿かたちは無骨なヤツですが、ひとたびレッスンで使ってしまうと皆さん欲しくなるようで、
タイで買って手荷物で持ち帰った人多数。

でも、それってさ。
眉用ハサミや、ソーイングセットにチョコントついている糸切りカッターよりもよっぽど凶器になるんじゃないですかね? どちらもかつて、うっかりポーチに入れていて没収された。
それに、「これを抱えて飛行機に乗るまでに腱鞘炎になるかと思った」という意見も多数。


e0159569_11363123.jpg お土産やさんとかでミニチュア(実際にもニンニクを少し潰すのは潰せるらしい)よく見かけるのは、ソムタム(グリーンパパイヤのサラダ)用のクロックで、木製や、焼き物のやつがありますが、こちらはこういう、和え物に使う用に底が深くなっています。
スパイスを潰す時には私は石の、底が浅いやつのほうがいいです。

それに、どちらにしても、大きさはだいたい直系25cmくらいにやつが使いやすいとも思われます。
あまり小さいと、重さがたよりないし使いづらい。



しかしですな。

このスパイス・クラッシャー(といえば急にオシャレなイメージになるな)、
例えばイタリアでは大理石とかオリーブの木とか、大層オシャレっちい素材で出来たモノがあるそうですが、

ここはさすが、it’s THAI! ただの石です。しかも作りが粗いし・・・・。
申し訳程度に マジックで飾りだか呪文だかが書かれています。 

その他、どうやらこういう「潰しモノ」は世界中で、さまざまな形で使われているらしい。
タイの近くでは、インドネシア、それかインドも、スパイスを潰すのに、もっと平らな、石製のやつが使われているそうだし、イタリア、フランスにもあるらしいし、モロッコでは金属製のがあるそうだ。
世界って広いようで結構似たようなものを何処でも使っているのだ。
これらをコレクションして棚に飾っているという人も少なからずいるらしい。

しかし、それ以上を行った方がいらした。
気に入ったデザインがないと、自分でオーダーメイドしてオシャレなすり鉢を作ってしまったb_nomadさん、私、その男前ぶりも出来上がったもののデザインも、サイコーにイケテイルと思います。


(追加画像)

e0159569_11323243.jpg


我が家で活躍中の、クロック2種。 既にオトーチャンには邪魔にされているので、これ以上増やせないけど(涙)、この2つを私は愛しています。
[PR]
by salaisara | 2010-03-03 11:54 | 調理器具 | Comments(8)