人気ブログランキング |

カテゴリ:素材・調味料類( 112 )

イメージダウン。

e0159569_1525052.jpg

「丁字はいい包いをして幸い味をしカレー、やき魚、やき肉、ソーセージ、みそ汁、ケチョップ、野菜っけもの、トースター、トーナツのスパイスとして使用される」

袋の裏に書いた日本語、そのまんまです。

日本語訳の誤字脱字が多いのが、海外のこういうフクロものの楽しみの1つなのですが、

味噌汁にクローブは怖いだろ。
味噌汁にクローブ入れて煮立てたら、味噌汁が味噌汁じゃなくなりそうだ。

なお、英語ではbean soup,タイ語だと「豆のスープ」と書いてありました。


丁字、clove,タイ語では、ガーンプルー と言います。
タイ料理だと、中華系の煮込み料理や、南のスパイスたっぷりカレー系の料理に使います。

そういえば、タイ語の「ガーン・プルー」の意味を解体してみると、「ガーン」というのは「枝」という意味です。
して、プルーというの、「トゥア・プルー(四角豆)」「スワン・プルー(バンコク都内の通りの名前。この通りには1年半ほど住んでいました)」など、色々使っているけど、はて、プルー 単体の意味は?
今更ながら疑問に思ってしまったので、辞書をひいてみた。

そこで出てきた意味。
キンマ。
(*この、キンマの葉っぱでビンロウ椰と少量の石灰を包んで 噛む。噛みタバコみたいなものの材料なのね。)

子供時代、台湾でよくタクシーの運ちゃんがいきなり運転席のドアを開けて「カー!ペッ!」と真っ赤なビンロウを吐き出していたのを「うわ、血ぃ吐いとる!」と恐れおののいていた記憶の強い私、
一気にすべての「プルー」という文字のつくものに、イメージダウンです。

でも、やっぱりクローブの香りって、好き。
12月のレッスンで煮込み料理に使うので、ビンに移してみました。スパイスは袋に入っているよりもビンとかに入っていたほうがカワイイな。
・・・でも、袋の能書きも捨てがたい。現在、この袋を取っておくべきか捨ててしまうべきか悩み中。
by salaisara | 2009-12-04 15:34 | 素材・調味料類 | Comments(0)

灯台下暗し。

e0159569_925199.jpg


娘とお買い物に行った帰り、大変なものを見つけてしまった。

e0159569_9271391.jpg
サラネー(タイのミント)。
思わずベビーカーを脇に寄せて触って匂いを確かめてみたのですが、
絶対に、サラネーだ。

しかも、群生しているよ!!!(大興奮)

暫く指をくわえて見つめてから、かえってきました。




タイ料理では、主に東北地方の、サラダに散らします。
香りが穏やかだから、デザートに葉っぱをチョイと乗せても大丈夫。

逆に、例えばペパーミントをラープ(東北風肉のそぼろサラダ)に入れちゃうと、香りがキツくて変な味になる。
日本のスーパーで手に入る種類のミントなら、スペアミントを使うといいです。


さて、我が家の鉢植えサラネーは。
夏の間、虫に盛大にヤラレてしまい、それを全部刈り取って部屋の中に入れたら、ようやくヒョロヒョロと新しい茎が出てきたくらい。
やっぱり、地植えはすばらしい。

あーあ、庭付きの家に住んで、タイ・ハーブ・ガーデンを作ってみたいものだ。
オトーチャン、ご検討のほど、お願いいたします。(この近辺じゃ庭付き1戸建ては高すぎるから無理そうだけど・・・・涙)

おまけ。 その頃娘は。
by salaisara | 2009-11-27 09:40 | 素材・調味料類 | Comments(0)

e0159569_11534210.jpg


今年も わっしりと届きました。

めぐりめぐって。
by salaisara | 2009-11-06 14:34 | 素材・調味料類 | Comments(4)

要る様でイラナイもの。

タイ料理、パクチーは欠かせないものとされていますね。
逆に、こいつの匂いでタイ料理が苦手という方も少なからずいらっしゃいます。

私としては、パクチーはあったほうが断然良いのですが、なくてもイッカ という感じでして。

そんなパクチーも「香菜」「コリアンダー」という名前で 日本の普通のスーパーでも手に入りやすくなりました。
しかし、パクチーと言った途端に臭そうなイメージになるのは 何故でしょうか?


e0159569_1128998.jpg


ということで、上がパクチー。
下にあるのは、パクチーファラン(ノコギリ・コリアンダー)というものです。

似ている?
by salaisara | 2009-10-07 12:58 | 素材・調味料類 | Comments(2)

タイのお米って

e0159569_13385212.jpg


日本に輸入されるタイ米って、すっごくキレイ。
レッスンの時にお米を出すたびにウットリ見つめてしまう。
タイにいた頃も、ちゃんとジャスミンライスを買っていたけれど、こんなにキレイじゃなかったと思う。

もっとも、お値段も全然違いますが
 検疫だの何だのと、厳しい検査をパスして我が家に来てくれたのだろう。


さて、日本では年配の方には大層印象の悪いタイ米ですが、アジア全体では随分とランクが高いらしいです。

ヴェトナムに行ったとき、市場で「これだけヤケに値段の高い米だな」と見てみたら、タイ米だった。
その時に案内してくれたホテルのシェフの方も「タイ米のほうが値段の分だけ美味しいと思う」と言っていた。

香港のお料理教室で、たまたまタイのもち米が使われていて、教えてくれた先生が
「このタイ米みたいに、現地で手に入るものよりも高級なものがみんな香港に来ちゃうのよ」みたいな事をおっしゃっていた。 

でも、お金を出せば美味しいものが何でも手に入るという点に関しては、日本のほうがスゴイような気がする。
香港には住んだことがないかわ断言できないけれど。
その分、なんだか食べ物に対するアリガタミが薄い気がするのは、気のせいか?


さて、タイ米。
わたくし、日本に帰ってきた当初、日本のお米が胃にもたれちゃってもたれちゃって、ヒーヒー言っていました。
朝、お茶碗1杯のご飯を食べちゃうと、お昼ご飯が食べられなかった。
サラっと食べて胃にもたれないタイ米に慣れすぎたせいだったかと思う。

が、タイから帰って丸2年。
気候が変われば好みも変わる。今では日本のお米も美味しく食べています。

一応わたくし、現在の体重は タイにいた頃に比べると、妊娠出産を経て2kg減。

なのに、なのに。
娘がオカーチャンの二の腕をぷにゅっと握るというのは、どういうことか?
密かにコイツはもっちりフックラの日本の米のせいだと思っている。

だってさ、タイ米を日々ワシワシ食べているタイ人は細い人が多いけど、日本人って日本米みたいにふっくら、もっちりした感じじゃないか。
オカーチャン、タイ米ダイエットでもやってみようかな・・・・。年のせいとは、まだ言いたくないと悪あがき。
by salaisara | 2009-09-16 14:09 | 素材・調味料類 | Comments(0)

在庫整理

e0159569_1115577.jpg


今回のカレー・レッスンで使った、ペーストの材料の1つ。

コブミカンの 実です。

果汁は余り取れないので主に皮を使います。
独特の、いい香りがします。

でも、日本では手に入りづらい。横浜のタイ食材店では時々冷凍ものがあるけれど。

なので、なければ無理して入れなくてもいい。
レッスンでは、是非本物を見て香ってもらいたかったから仕入れて参りました。


さて、タイにいた頃は、仕事でタイ料理ばかりだったので、タイ食材で遊ぶという事をしなかったのですが、
日本に帰ってきたら 「これをタイ・フレーバーにしてみたら?」とか、遊ぶようになってしまった。

ということで、恐らく当分使わないであろう、コブミカンちゃんと まだまだたくさん実っている、鉢植え青唐辛子君を使って、ちょっと遊んでみた。

More
by salaisara | 2009-08-28 11:41 | 素材・調味料類 | Comments(0)

しぶとく

e0159569_10562113.jpg


この前
盛大にカットして食べてしまった 水栽培ミント。
すぐに土に植えてあげようと思いつつ、そのまんまほうっておいたら、またヒョロヒョロと育ってしまった。

意外としぶとい。


しぶといといえば、
また最近、ちょっと色々あって気分が下向きになっておりまして。
タイ料理のレッスンを続けていくのもドウシタモノカ?と考えたりもして。

そういう時に限って、北海道やら九州やら、果てはN.Yから、「ふと思い出してメールしてみました」という内容のメールをいただいたりして、

ああ、私はタイ料理のお陰で色々な人と繋がっているんだ と、 またがんばっていこうと思えるようになっています。

私は、皆さんから元気をもらっています、ありがとう。


といことで、まずは今週末のレッドカレー・レッスン、張り切ってやります。



ついでに、かたや鉢植えのほうのミントさん。
盛大に いも虫君に食べられていました。(泣)

台湾やらタイやら、いかにも虫の多い所に長年住んだのに、アタクシ、虫が大っきらいです。

今朝、会社に来る前に意を決して虫退治を。
どうしようもない所で虫がくっついている枝をハサミでカット、生ごみと一緒にごみ収集所へ。
念のためと、お風呂場に鉢を持って行ってシャワーの水で水攻めに。

うがー、まだまだウニョウニョ頭を持ち上げているー(涙)

半泣きになりながら水で濡らしたティッシュで虫を取り除きました。

それにしても、あんなに匂いの強い葉っぱにも、虫ってつくのねえ・・・・・。
by salaisara | 2009-08-07 11:15 | 素材・調味料類 | Comments(4)

収穫・加工

e0159569_10221658.jpg


会社のお客さんが 唐辛子の鉢植えを下さったそうな。

青唐辛子。赤くはならないらしい。

頂いた時には既に大きくなっているものがたくさんあったので、早速収穫。

e0159569_10261479.jpg


なんだかたくさん収穫できてしまったよ。

さて、何を作るか?
by salaisara | 2009-07-17 11:21 | 素材・調味料類 | Comments(2)

ひょろひょろ

e0159569_1128861.jpg


買ってきて余ったミントの枝を水に挿してから3ヵ月後。
とうとう、ばっさりカットして食べてしまう前の 記念撮影。

水栽培で ひょろひょろながらも、随分成長したものです。

これより先、すいません、愚痴です。
by salaisara | 2009-07-02 11:37 | 素材・調味料類 | Comments(2)

おおきくなりました。

娘も大きくなったけど。


e0159569_1393022.jpg

ミントも こんなに大きくなりました。

これ、先月のレッスンで使って余ったミントの枝を 水に挿しておいただけ。

しかし、これを見て、改めて 日本の水はきれいだと思った。
だって、タイでもよく水に挿していたけど、すぐに水が腐ったもんな。

おかげさまで、ちょっとミントを飾りたい時は、鉢植えのほうからじゃなく、こっちからブチブチやってます。

面白いから、水栽培でどれだけ伸びるか観察してみます。
by salaisara | 2009-05-26 13:15 | 素材・調味料類 | Comments(0)