毎年行っているきがしますが。

日本の夏は 暑い。。。。

ということで、エネルギーチャージ。
e0159569_15291056.jpg
タイ・ミルクティー。 
タイ語で チャーイェンとか、 チャー・ノム とかいいます。

これ、現地だと めちゃくちゃ 甘いです。


でもな。これなぁ。
昨今のイープン(日本)な、
お砂糖、ごっつぅ悪者扱いしよるねんかー。

虫歯になるでー、太るでー、 とか、 果ては、頭わるぅなるねんでー っちゅうかんじ?


でもな。
こんな ごっつぅ、あっつーい国でな、
あまーくせぇへんと、 体が持たんねん。

まじです。

わたし、タイに移住する前は、コーヒーに砂糖は入れない人でしたが、
タイで暮らし始めたら、 砂糖入れるようになりました。

炎天下、よれよれ歩いていて、水分もエネルギーも暴力的に奪われる時、
火炎儒の木陰で商売している 飲み物屋台のおばちゃんが
コンデンスミルクたっぷり、 クラッシュアイスをがっさー詰めたビニール袋に
気色悪いオレンジ色のお茶が注いで、 ハイ、10バーツって手渡されて、

そいつをストローでキューって飲んだ瞬間に
暑いところでは、甘いものを 摂取せねば 生きて行けないのだな

と、気付きました。

汗かくのだって、エネルギー使うんだぜ。


多分、タイのお砂糖が サトウキビから出来ていて、
かつ、お砂糖は 体を冷やす働きもある というところも あるのかもしれません。


暑いところで 甘いものを飲む週間があるといえば、
たとえば、モロッコのミントティーも、 あれ、あまーくしてくいくい飲むじゃないっすか。


暑いからこそ、エネルギーチャージ。

消化促進、油控えめ、ハーブたっぷり調理法の タイ料理を食べて
日本の 暑い夏を乗り切りましょう。


8月の 「オールジャパンでカオマンガイ・レッスン」は
現在、17日が 若干名募集中でございます。


9月からの ベーシックコースでは
まず、 漬けて、焼く! 冷凍もできまっせー、BBQや運動会でも人気でっせー の
ガイヤーン、手作り万能スイートチリソース添えなど、 作ります。


お申し込みは、 こちら予約サイトより、お待ちしております。



メールマガジン読者様には 新コースの お値引き特典もございますので
御登録 宜しくお願いいたします。




[PR]
by salaisara | 2018-08-05 15:49 | ドリンク類 | Comments(0)

e0159569_1611888.jpg

11月のレッスンと、撮影と、生徒さんのご注文分と合わせて、 キロ単位で取り寄せた 美味しい生姜ちゃん。


・・・・どれだけあまるか、実は戦々恐々でございました。

だって、これを作りたかったから。
[PR]
by salaisara | 2012-12-05 16:55 | ドリンク類 | Comments(6)

常温保存

e0159569_10372092.jpg


子供が「ちょっとぉ、きちご、たべたいなぁ♪」というので買ったものの、イマイチ減りの遅いイチゴちゃんを、パン(シェイク・ミキサーにかけること)してみた。
中途半端な量のイチゴを氷でカサ増しした、スピードおやつということで。(笑)


前日から、イチゴジャムを作る要領でお砂糖をまぶして赤い汁を出しておいた。

バンコクのジュース屋台では、イチゴに限らずブルーベリーなどのベリー類は、そうやっておいて、注文が来たらシロップごとおたまですくって氷と一緒にパンしてくれた。

常温保存の 知恵だと思った。


しかし。日本の、そのまま食べても甘くて美味しいイチゴを、砂糖漬けにしてシェイクにすると。
・・・・・少なくとも、私には、甘すぎた。(苦)

以前、ジャムねーちゃんからいただいて惚れた、いちごとミント、胡椒のジャムをマネっこして、ミントと胡椒を加えてみたものの、どちらも、イマイチ思い切りが足りず。

まあ、子供が喜んで飲み干してくれたから、よしとしよう。



[PR]
by salaisara | 2011-04-01 11:02 | ドリンク類 | Comments(0)

「トマトが赤くなると医者が青くなる」とまで言われる、トマト。
ビタミンCたっぷりのアセロラ。
クコは免疫力向上、コレステロール降下などの他に美白作用などもある。

最近、日本ではブラジルのアサイというベリーのポリフェノールが注目されているらしいし、
水分ばっかりで栄養のなさそうなスイカだって、カリウムが豊富で浮腫み防止に良い上に体を冷やす作用のある、夏向きの食材なのである。

と、赤いものは体に良いものばかりだ。

e0159569_1033827.jpg


そんな仲間に入れるか? という、タイの飲み物。 
タイ語では ガチアップ(kratiap)という、花のガクを干したもので出すお茶。

e0159569_1072579.jpg
 

こーんな形の、いかにも「花」っていう感じのものですが。
やっぱり、干した状態でもニクニクしいですね、熱帯の植物というのは。

タイで、これは英語でいえばハイビスカスだ と言われて、うっそだー と思っていたら、ローゼルという種類のハイビスカス(Hibiscus sabdariffa)なのだそうで。


効能は、利尿作用、疲労回復、消化促進、目の疲れにも良いらしい。
やっぱり赤いものは体に良いらしい。


でもね・・・・

私、個人的には、この「小梅ちゃん」系の味は、好んで飲みたいものではないのです。


ちなみに、「おちゃ、のむのむ~♪」とせがんできた娘に飲ませても、ビミョーな顔をして「おいひぃ・・・・」だそうで。
ルピシアのハイビスカス・ローズヒップブレンドの紅茶はおかわりしていたのに。



とはいえ、ハイビスカスティが好き♪という人もたくさんいると思うので、このお茶、8月のレッスンのお茶としてお出しします。
さて、どういう反応になることやら?
[PR]
by salaisara | 2010-08-04 10:20 | ドリンク類 | Comments(6)

実物。

今朝、娘の歯磨き講習に行ってきました。

ほとんどオヤツも食べないし(というか、カーチャンが作った時のみというか、お昼をいっぱい食べるから夕食まで持ってしまうというか・・・)、トーチャン、バーチャンが与えない限りはジュースも飲まない娘ですが。

仕上げ磨きをものすっごく嫌がるんですね。
私がやると、寝かせた時点で駄目。エイヤとやっていたら、歯ブラシを投げるは隠すわ。
オトーチャンがやればそこそこ素直にやってくれるものの、そもそも「ちょっとチャカチャカやってみます」程度のものなので、虫歯予備軍に指定されるのはうなずけるのですが・・・・。(涙)

今回の講習でも、歯ブラシを出した途端に「私、自分で出来るから」とばかりにシャカシャカやっていたのに、「それじゃ、お母さんの仕上げ磨きをやってみてください」となると、泣くは跳ねるわ、講師の保健士さんも「これはやりづらいですねー」と納得していただけたくらい。

でも、いい訳はできん。オカーチャンがんばります。娘も講習が終わってから「歯磨きがんばろうな」と言うと「オー」と答えてくれたし。
・・・・・返事だけはいいんだから、娘。


e0159569_11525347.jpg


だからというか、何というか、これ、何でしょう?

今月の レッスンのお飲み物に。
[PR]
by salaisara | 2010-01-21 12:29 | ドリンク類 | Comments(4)

変なお茶

なんだか最近、「変なタイ食材」シリーズ化しているので、ちょっと調子に乗ってみます。

前にも紹介させていただきましたが。

e0159569_1035185.jpg タイのお茶です。
なんだかアヤシイ色合いですね。

一応紅茶なのですが、後味がチュウカな感じ。






もっと怪しくなります。
[PR]
by salaisara | 2009-10-15 11:02 | ドリンク類 | Comments(8)

逆転の発想

何だかネタが溜まりそうなので、とっとと更新していこうとは思っていますが、
娘がなかなか寝てくれないので 仕事が溜まってアタフタしています。

と、いいつつも
ブログの更新を優先するアタクシ、大丈夫か!?



e0159569_1515386.jpg



今回ご紹介するのは、テンモー・パン。スイカシェイクですね。
日本人は好きみたい。
もちろん、私も好き。

でも、作り方は今回は違うのさ。
[PR]
by salaisara | 2009-08-17 15:36 | ドリンク類 | Comments(0)

e0159569_12464383.jpg

週末、パウンドケーキを焼いて、アチチーになったので。

ダンナのタイ土産の1つである ランブータン(ンゴ)の缶詰で、ンゴ・パン(ランプータン・シェイク)を作って飲みました。


緑のつぶつぶは、ベランダのミントの葉っぱをちぎって一緒にミキサーにかけてしまったので。
余計にさわやかになりました。


本来なら、生のフルーツとガムシロップ、それからクラッシュアイスをミキサーでガーっとやるのですが、
今回は手抜きバージョン、缶詰のフルーツとシロップを入れましてん。


バンコクの、私が時々買っていた「ポンラマーイ(果物)・パン(ミキサーにかけて攪拌すること・シェイク)」屋台では、南国フルーツだけじゃなくて、シロップに漬けた生イチゴやら輸入ものの青リンゴやらもキレイにディスプレイして注文が出るとカンカン刻んでガーっとやってくれる。
この青リンゴ1つのスーパー販売価格とエップン・パン(リンゴシェイク)の値段がほとんど変わらなかったのは、どういうことだったのでせうかね?


このシェイクを作る時のポイントは、氷をたっぷりめにミキサーにかけちゃうこと。
躊躇して少ししか入れないと、写真のようなシャリシャリにならず、薄いジュースになっちゃいます。
[PR]
by salaisara | 2009-07-14 13:00 | ドリンク類 | Comments(0)

美味しいコーヒー

e0159569_9515023.jpg


生徒さんからの いただきもの。

ご自分で、手煎りされるそうな。
酸味と苦味の塩梅が、めちゃくちゃアタクシ好みです。

何と、このコーヒーの豆、タイ産と、確かコロンビア?のブレンドだそうです。

そう、
タイでも、コーヒーが栽培されてます。

有名なのは、現・ラマ9世プミポン国王のお母様が始めた事業で
「麻薬(ケシの実?)の代わりにコーヒーを」
のキャッチフレーズではじめた、 ドイトゥン・コーヒー。

と、今更ながら思えば。

私がタイに住み始めた 約10年前なんぞの、「どれだけ深煎りなんだよ!どんだけ煮出したんだよ!!」と怒りたくなるようなコーヒーが平気で出てきたのを思えば、随分な進化じゃないか。


美味しいコーヒーの普及と都市の発展度は比例するようです。


何はともあれ、Tさん。美味しいコーヒーを、本当にありがとうです。
おかげさまで、本当に、ステキな煎り具合の、香りのよい 美味しいコーヒーを頂くことができました。


・・・・さて、となれば

やっぱ、これに合うような美味しい茶菓子の1つでもなくっちゃね。(にやり)
[PR]
by salaisara | 2009-01-27 10:43 | ドリンク類 | Comments(0)

先日バンコクにいったとき、
以前ご紹介した チャー・イェンの、新しいブランドを発見してしまいました。

e0159569_1182219.jpg
ちゃんと、「NEW!」とタイ語で書いてあります。

しかも、今まで幅を利かせていた、「No.!ブランド」よりも50g少ない割りに50バーツ(150円)ほどお高い。

店の兄ちゃんに、「その分今までのよりも美味しいの?」と聞いたら、
すげー、あいまいな笑顔でうなずかれました。

では、飲んでみましょう。
[PR]
by salaisara | 2009-01-13 11:48 | ドリンク類 | Comments(0)