うちのレッスンに通ってくださる方の中に

小麦アレルギーの方がいらっしゃいます。

ご本人いわく、「パンが好きすぎて、食べ過ぎたら 数年前から アレルギーになりました」

とのこと。

彼女の場合は、パンとか 小麦のものを食べると 後で鼻水が止まらなくなるそうです。

小麦が駄目なら、お米で食事を楽しもう、

と、アジア料理に興味をもたれて、

その中でも、味のバリエーションと 元気なる色合いの

タイ料理を習いに来られるようになりました。

軽く牛乳アレルギーの方も いらっしゃいました。

乳製品が駄目なら、 ココナッツミルクを使いこなそうって。

タイ料理、アレルギー対応に、めっちゃ ええんとちゃう!?

小麦、乳製品などを「使えない」と頭抱えるお母さん。

辛くないタイ料理で 食卓に彩り加えられまっせー。

夏休みは、 まず、日本の材料だけで、カオマンガイを作ります。

ご予約はこちらからね。


ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。

そして、9月からは

辛くない、普通のスーパーで手に入る材料で フライパン1つでぱぱっと作れる

タイ料理のみを 季節に合わせてチョイスした

6回1クールのコースを 開講します。

詳細は こちらです。☆

ご興味ある方、 どうぞ お問い合わせお待ちしております。


[PR]
# by salaisara | 2018-07-16 22:41 | 生徒さん | Comments(0)


暑い厚い 連休最終日。
「オールジャパンでカオマンガイ」レッスン、 初回レッスン、無事に開講いたしました。

お集まり頂いた生徒さん達に 伺うと

やっぱり
タイの調味料は 使いこなせる気がしない

だけど、美味しいタイ料理で定評があり、
かつ、
メールマガジンの記事がぶっ飛び過ぎている
サクライセンセー が  日本の調味料で タイ料理が いとも簡単に作れるカオマンガイのレッスンをする
というので、お申し込みくださいました。


そして、今回は初レッスン。
そして、初めていらっしゃった方々で
本場の調味料も きちんと味見して頂いて、
私が本場の味を調合して、
味見していただました。


すると。
「調味料をチエリ先生に購入して頂いて、 みんなで分け合うっていうのはどうでしょう」って。

いちいち調味料だけ小分けにするなら、
 私が独自の配合で 販売しますよって。




もちろん、オールジャパンは 食べたいときにすぐ出来て、
しかも、タイ料理という 特別感が出せて 
「こんな簡単に作れるっていうのを かくして家族に食べさせたい」
とのご感想など、頂きました。


楽して家族から絶賛される、 しかも、日本の調味料だけで作れる カオマンガイ夏休みレッスン。

ご予約はこちらからね。


ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。

そして、9月からは

辛くない、普通のスーパーで手に入る材料で フライパン1つでぱぱっと作れる

タイ料理のみを 季節に合わせてチョイスした

6回1クールのコースを 開講します。

詳細は こちらです。☆

ご興味ある方、 どうぞ お問い合わせお待ちしております。



そうそう。ぶっ飛びすぎているメールマガジンの御登録は
こちらからお願いいたします。



[PR]
# by salaisara | 2018-07-16 15:57 | ごはんもの | Comments(0)


生のとうもろこしが出回るようになると、 我家の食卓には
トートマン・カオポート という、とうもろこしと豚挽き肉のさつま揚げの 登場回数が 格段に上がります。

この季節だからこそ! というお料理があると、四季の移り変わりが感じられていいもんです。


で、さて。 この揚げ物なんですが。
娘が 作りました。

娘、小学4年生です。
もう、結構色々作れます。

おやつの買い置きがなければ 自分でパンケーキ作ったり、白玉茹でたりしますし、
休日ランチには、張り切って薄焼き卵を作り、冷やし中華やオムライスをご馳走してくれます。

世の中、「別に料理が全然作れなくても、スーパーやコンビニやデパチカで 幾らも美味しいものが買える」
と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

が。

いつまでも、そんな便利な場所に居られると思うなよ、この世の中。


私の生徒さんの中には、
「これから日本食在が手に入らないであろう、アメリカの田舎へ夫の赴任についていくので、
 アジアの調味料を使いこなして、好きなタイ料理をはじめ、その調味料で和食も 不便なく作れるようになりたい」
と、通われた方もいらっしゃいますし。

急にトルコへの赴任が決まってしまい、
慌てて「日本にいれば、ランチでタイ料理も食べられたけど、これからは自分で作って 食べる楽しみを途切れさせないようにしたい」
と、タイ料理を習いに来られた方もいらっしゃいます。

カナダ在住日本人が
「アジア食材店はあって、タイの調味料は手に入りやすいんだけど、何しろ作り方がわからないし、
カナダで教わっても、いまいちよく分からない」
と、日本に一時帰国した時に 習いにこられた方もいらっしゃいます。


私の娘は、 多分これから、何処に行っても生きていけると思います。
味噌汁が恋しくなったら、味噌と煮干持たせてやれば、自分で作れますし、
自分でアレンジして自分好みのご飯を作って、 ご機嫌に暮らしていけると 信じています。

ってか、 私自身が 幼少期の台湾の田舎で、母がそうして苦戦しながらご飯作ってくれたのを見て来ましたし、
初めてきちんと一人暮らしをした タイ、バンコクで、そうやって、自分の食べたいものを作って食べてきたので。
(当時、親子丼食べた過ぎて、でも、三つ葉がどうしても手に入らなかったという、痛恨の思いでもあり。)


また、 時々、ボランティアの中学生、高校生のお嬢さんたちとお料理することがあります。
彼女達は いい私学の学校の生徒さんだったりするわけですが、
包丁使いは 見ていてハラハラするような手さばきだったりします。

お勉強も大事だけど、 その前に、 生きていくために必要な事。
身につけておけば、 どんな環境におかれても、 元気に生きていける技術
勉強で忙しくなる前に 身につけておく必要性、感じています。


揚げ物は、コツさえつかめば 全然怖いものじゃありません。
包丁は、正しい使い方を覚えれば、 指なんて切りえません。

この夏休み、
親子参加ウエルカムの、
「オール・ジャパンでカオマンガイ」レッスンで
お子さんと一緒に 好きなタイ料理を習得してみませんか?
ただ今 募集中でございます。

ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。

[PR]
# by salaisara | 2018-07-15 15:30 | 食育 | Comments(0)

最近、友人のお子さんが アレルギー反応がすごくって、 救急搬送されたとのこと。

丁度、私がボランティアしている こども食堂でも
アレルギー対応について、 もう一度、しっかりマニュアル作ろうって、 話し合っていたところ。

誰もが、アレルギーになりたくってなっているわけじゃないけど。

そういえば、タイで、アレルギーとか、聞いたことなかったわ。


ただ、私は
タイとカナダと日本で、1回ずつ、
どうやら 化学調味料の何かの成分で 蕁麻疹が出た事はあります。

タイで タイ料理を 日常的に食べていたからだと思います。


バンコクのオフィス街の屋台とかは、 健康志向の金持ちホワイトカラーの要望にあわせて
早くから「No MSG」をうたっていました。

そういうのを 1杯100円程度で さらさら食べていたら

日本に帰ってきても、 あれだけ好きだったコンビニのおにぎりが 食べられなくなった。
味がしない。

しょうがないから、自分で作る。
e0159569_14045568.jpg
顆粒スープを使わずに、 素材の味で ぱぱっと作れるクリアスープ。
これ、「オールジャパンでカオマンガイ」レッスンで お教えします。

ご予約はこちらからね。



ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。


あと、7月のmonthly lessonsは 新たに30日に開講決定でございます。
トムヤムクンチャーハンで、おなかの中から爽やかになりたい方、
是非 遊びにいらしてくださいませ。


メールマガジンは、
タイに行った事のない人でも、 ものすごく行った気分に浸れると、ご好評頂いてます。

アメイジング・タイランドを 読むことで感じてください。
で、もっと 面白い話を聞いてみたいと思われる方、 SALA ISARA に遊びに来てください。




[PR]
# by salaisara | 2018-07-13 13:04 | その他 | Comments(0)

e0159569_14414482.jpg
(イメージは、https://www.grandcereusvillage.com/ 様より お借りしました。


早いもんで、もう7月です。 夏休みです。 
海です、山です。そして、タイ料理です。


ってなかんじで。
これら、ぜーんぶ一度に楽しめちゃう イベントが、夏休み初日に あります。


ここで私、 「アウトドアで オリジナルタイ料理を作ってみよう!」なワークショップ、やります。

宇佐美の美味しい食材と 「どこをどうひねったら、一瞬でタイ料理に変化するか?」
など、
参加者の皆様と一緒に、 オリジナルタイ料理を仕上げていきます。

だから、 結構センセーにも、着点は見えないっす。笑



タイ料理は簡単です。
昔から お外で炭起こして煮炊きしていた部類の料理なので、アウトドア向きです。

で、タイ料理って、作れるっていうだけで、 「すげー!自分で作れちゃうわけ?」くらい、
普通の日本人には なじみの薄い調理法です。


だから、 習得するなら、 今のうちです。


もう、「俺ってさ、パスタ得意なんだよね」 は、佃煮にするほどいます。

でも、「俺ってさ、パッタイ得意なんだよね」って、鉄板でパッタイ炒めちゃう人は 希少価値です。

もちろん、アウトドア好きさんは、 7月21日、 宇佐美に カモーン!でございます。


宇佐美まで来られないけど、
急な来客、ランチでおもてなし でも、 冷蔵庫の普通の材料で、
お鍋開けたらワーって 歓声の上がる、 「オールジャパンでお鍋カオマンガイ」習得されたい方は
夏休み、 SALAISARAへお越しくださいませ。




ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。


あと、7月のmonthly lessonsは 新たに30日に開講決定でございます。
トムヤムクンチャーハンで、おなかの中から爽やかになりたい方、
是非 遊びにいらしてくださいませ。

[PR]
# by salaisara | 2018-07-10 14:56 | ごあいさつ | Comments(0)