人気ブログランキング |

神様に呼ばれたホイトート

e0159569_10454810.jpg


照明の関係か、何だか昔の料理本、もしくは、今でも出回っているタイの安いレシピ本の写真みたいですね。

ホイ・トートといいます。 
本来はムール貝で作るのですが、カキで作ってみた。
生地はカリカリともちもち、牡蠣はぷりっと仕上げるのが ベストな仕上がり。
下にもやしを敷くのがお約束。
そのまま、もしくはホット・チリソースをかけていただきます。



昨日は お給料日でした。
一応アタクシも、お給料が出るわけです。

丁度ダンナも、ちょっと大きな仕事が片付いたということで、「いい刺身があったら買いましょうかいな」と、
早めに仕事を切り上げて、ちゃりちゃりと商店街に出かけたわけです。

まず、赤身のマグロが安かったので ゲット。
イカもいいやつがあれば買って、刺身と いかのワタ焼きにしようと思ったものの、この日はソソラレルものがなし。

と。

視界の片隅に 「本日のお買い得品! 加熱用牡蠣」 が。

うううううん、加熱用かー。

もう1軒のスーパーに買いたいものがあったので入ってみると。
またもや視界の片隅に。
「本日のお買い得品! 加熱用牡蠣」


・・・・・ 
これは、アタクシに、ホイトートを作れという、神様のお告げか?

e0159569_1113830.jpg

結果、我が家の晩飯は、
お刺身、菜の花のおひたし、とり豆腐と、純和風にまとめるはずが

何故か タイが乱入。

ダンナ、一口食べるや否や

「・・・タイの味がする」


奴は 違いの分かる男であった。

まあ、タイ料理の神様がアタクシにささやいたということで、勘弁してやってください。

でも、おおぶりの牡蠣を使ったホイ・トートは おいしゅうございました。

ちなみに、オースワンもしかり、私のホイトートの作り方は、牡蠣の処理が本場の作り方とは ちいと変えてます。
だって、本場の作り方って、「アタリが出たら病院行き」的なんですもの。
 
by salaisara | 2009-03-27 11:21 | シーフード | Comments(0)