人気ブログランキング |

タイ人流牛肉の食べかた-ヤム・ムア(牛肉サラダ)

e0159569_10291165.jpg

 なつかしの場所。
タイ時代、アタクシが住んでいたアパートのベランダで撮影。
水さえ適当にあげていれば、ランの花がニョキニョキ咲くところです、かの地は。

いやはや、どうも、日本は、寒くていかんですな。


前に、 タイ人はあんまり牛肉を食べない と 書きましたが、
全く食べないわけじゃーないです。

そんな、牛肉を使ったタイ料理の中でも、特に日本人が好きなのは、ヤム・ヌア(牛肉サラダ)でしょう。






これ、日本で作るの、簡単アルです。

クンチャイ(チャイニーズ・セロリ/チンツァイ)だけが手に入りづらいので、普通のセロリに替えますが、生徒さんに材料を見せると、「それって、普通にサラダじゃないですか」言われるくらい。

そうですね。めちゃくちゃ、作りやすいです。

でもね、タイに居た頃は、自分のレッスンでは、牛肉は使わなかった。
豚肉のほうが美味しかったから、豚肉で代用。
日本から来られた生徒さんたちには「日本で作る時は牛肉使ってくださいねー」と、了解を得て。

いや、どれくらいタイの牛がおいしくないかって。
タイに住み始めたばかりのころ、どうしても「肉じゃが」が食べたくて、市場で牛肉を買ってきて作ってみたら、肉が固くて臭くて、敗北感に打ちのめされた。
その印象が強烈だったので、以後、タイ産牛肉は買わなかったです。
食い物の恨みは恐ろしいのぢゃ。
(*10年前のお話ね。その後、品種改良も進んだらしく、お店で食べたタイ・ビーフでは、おおっ♪うまいじゃん と思えるものにも出会ってます。・・・あくまでも、お安からぬレストランで食べたものですが。)


タイ人師匠の学校では、リクエストがあれば牛肉でやっていたけど、
やっぱり、使っていたのは固いタイ産牛肉。
スタッフも、「牛肉は美味しくないのに、どうして日本人はこの料理が好きなの?」といいながら、
タイ牛でも美味しく作るコツを教えてくれた。

それは

「肉は、なるべく薄く切りなさい。そうすれば固くて噛み切れないということもないから。」



ということで、日本に帰ってきて、安心してヤム・ヌアを作った。


e0159569_11142632.jpg

うわー。
手ぶれだー。
しかも、美味しそうじゃないー。


今度作ったら、もっとちゃんと盛り付けて、ちゃんと撮ります。
今回は、自分をいさめるためにサラしておきます。
by salaisara | 2009-01-16 11:17 | サラダ(ヤム) | Comments(0)