人気ブログランキング |

新手のフルーツ・シェイク屋台?(ポンラマーイ・パン かな?)

e0159569_10434185.jpg


屋台の写真は撮りたいけれど
食べもせずにいきなり撮ったりするのに大変抵抗を覚えるアタクシ。

以前、通訳、コーディネーター仕事でプロの写真家さんの撮りかたを見ることができたのですが。
笑顔を武器に、あと、言葉が分かりません~というのを味方にして、バシバシ撮り逃げしていたのな。

と、いうことで。
今回、旅行者に戻ったということで、笑顔を引きつらせて 屋台の写真を撮らせてもらった。






e0159569_10511927.jpg
いやー、恥ずかしいわーと、
屋台のお姉さん。
ごめんなー、でも、可愛かったので、ついつい。

新手の屋台だと思ったのは、
台湾発?日本でもちょっとはやったらしい、タピオカ・ミルクティのアレンジ版だったということ。
 
あと、タピオカだけじゃなくて、色とりどりのゼリーも選べるというの。

アタクシのテリトリーだった、繁華街&ビジネス街の、シーロム、サトーン通り界隈では、こういうのは見なかったのさ。




e0159569_10555097.jpg
シェイクを買いに来ていた子供たちも、興味はあっても恥ずかしいみたいで、
カメラを構えると途端に屋台のほうを覗きこんだりして。


そうそう。シェイクだけど、この屋台に並んでいるのはフルーツ・フレーバーのシロップですね。

生の果物だと持ちがよろしくないために、こういうのを使っていると推測。
しかも、生フルーツだと、どうしてもお値段が高くなる。ここじゃ、そういう商売は成り立たないのだろうね。


はい。
ここは、クロントイ・スラムです。

なんで、子連れ旅行だったのに、こういう所にアタクシが行ったかというと、
「スラムの子供たちに教育を」と、実の親の代わりに子供に学費を支援する、NGOの里親制度をやっているのでして。
今回は、小学校4年生の頃から里親やっている男の子の、今度は高校3年生になる時の授業料を支払いに行ったのです。

これまでは、住まわせてもらっているタイへの恩返しという意味で里親をやっていたけれど、実際に子供を持った身になると、また感じ方が変わりますな。

しかし、まあ、スラムだろうが何処だろうが、やっぱりタイの子はかわいいな。
何というか、やっぱり、笑った顔が純真なかんじ。


と、そうそう、シェイクです。
やっぱり相手も商売なので、きっちりとお買い上げさせていただきました。
味は、やっぱり人工の味。(苦笑)

出来上がりのお写真ですが・・・・・

ごめんなさい。手ぶれが激しすぎて、載せられませんでした。(涙)


恐縮しきり、焦って慌てて片手で撮ったのが 敗因かと。

・・・そうじゃなくても、やっぱり、ちっちゃいカメラで慌てて撮ると、全然良い写真になりませんな。

やっぱ、あたくしは、もう暫くは料理の写真に専念します。




それから、話はまた、里親に戻って。

先日、学生時代の悪友たちと、すっごーく久しぶりに会って、忘年会という名目で、飲んだくれておりました。
そのときに、高校の先生やっている友達(男)に「いやー、アタクシも今、タイに高校2年生の里子がいてさー。やっぱり、大学にも行ってもらいたいしねー」とか話してみたら

「・・・そうか、サクライ。タイでヤンチャやっちゃったんだ。いや、いいんだよ、大丈夫。俺も仕事で色々経験しているからさ。」



奴は、何かを激しく勘違いしていると思いました。
昨今の、日本の子供は何かがスゴイらしい。
by salaisara | 2008-12-26 11:21 | タイでソトメシ | Comments(0)