人気ブログランキング |

空飛ぶアップルパイと 忘れ去られたリンゴケーキについての回想

e0159569_11351139.jpg
実家から りんごのおすそ分けが来た。

やっぱ、日本のりんごは、大きくてジューシー。





タイでも、日本のりんごは、実は、よく見かけた。
バンコク伊勢丹などで、「ジャパン・フェアー」というのをよくやっていたから。
お金持ちのタイ人と、日本の美味しい食材が欲しい駐在員のご家族に好評だったみたい。

一度だけ、香りと売り子さんの口車に乗せられて、1つ、日本で手に入る値段の3倍くらいの値段で、1つお買い上げした。

そのときの感想。

ジュースを食べているみたい。

その時の感想は、日本に帰ってきた今も、変わらないです。


同じく、「ジャパン・フェアー」では、よく、アップルパイも売られていた。
青森から来たというオバチャンが実演販売していた。

試食させていただいた時に、少しお話しした。
何と!というか、さすが!というか、粉からバターから、日本から担いできたそうだ。

「バンコクに来るのは3回目。あんまり売れ行きはよくないけど、夜は美味しいタイ料理が食べられるし、夜は比較的自由だし、何よりも1週間、あったかい所に居られるんだから、いいとしますよ。」

日本人も、たくましいのである。



と、さて。
なぜかアタクシは、タイにいた8年間のうちで、日本の果物に飢えたことって、なかったと思う。
逆に、りんごなんぞは、 どこぞやからの輸入物の、固い、小さな青リンゴが好みだった。
ジャパン・フェアーのりんご1個の値段で4~5個は買えた。

それで、よく、アーモンド・プードルを入れた、ちょっとドッシリした りんごケーキを焼いていた。

e0159569_11501451.jpg


日本でも焼いてみた。
さすが、バターがいいやつだったので、タイで作っていたのよりも美味しくできたかも と、自己満足。



・・・・・がっ!

最初は、ダンナもウマイと1切れ食べてくれたのだが
なぜかその後、「明日食べるから」「ちょっと今はいらない」と、会社にまで持っていきながら、デスクの隅っこにラップしたまま置くだけで、食べようとしない。


当然、カビが生えます。(涙)

それを見るや、

「あー、もったいないなー。折角食べようと思ったのにー」




・・・・今年のクリスマス・ケーキは、どうしてくれましょうかねっ。(思い出して手がグー)
Commented by kinoko-de at 2008-12-17 07:32
おはようございます^^
分かります~。
久しぶりに日本のりんごを食べたら、甘ったるくてビックリ☆
ドイツの小ぶりで甘酸っぱいりんごが恋しくなりました。笑
ドイツに来たばかりの頃は嫌いだったのに。人の味覚は不思議なものですね~。
旦那さまったら、もったいないオバケがでますよっ!
Commented by salaisara at 2008-12-17 12:45
そうそう。日本の果物って、もちろん美味しいんだけど、改良のしすぎっていう感じもしますね。
うちのダンナは・・・・。未だによく分かりませんわ。とほほ。
by salaisara | 2008-12-16 11:55 | ときどき おかし | Comments(2)