人気ブログランキング |

唐辛子は体を冷やし、タイ料理は自分で作るべしと悟った日 横浜タイ料理教室

先に、レッスン予約について ご案内させてくださいませ。

10月のマンスリーレッスン、 まず、8日と16日 21日に 募集します。
21日は、前日の娘の運動会が 滞りなく開催されたらの 条件にての お願いになります。。。。。。

ご予約はCONTACT からか、
こちらから




ワタシ、 タイ料理の先生を長年やっているので、 辛いものを食べる機会は、一般の人より多いと思います。

が、どうやら、ある種の唐辛子が 体に合わないようです。
そして、人生で2度目、 やらかしました。

偶然見つけて、気になった あるタイ料理屋さんに1人で入り、 おすすめメニューを頂きました。

このお店、このメニューが悪いわけではないです。
こぢんまりしたお店で、 常連さんも多いらしく、
隣で食べていた女性から「やみつきになりますよ!」と 言われたくらいなので、
単に 私が その種類の唐辛子と その量が 体が合わなかっただけかと思います。









ランチで その 辛いヌードルを食べて、

ちょっと、唐辛子が利いていたなー、胃に負担かかってるなー と 思いながら帰宅して、

普通に1日過ごして、

夜中の三時。

唐辛子にやられた!の腹痛で 目覚めました。
唐辛子が腸内で発酵した?ガスが溜まっている風な痛み。

下痢じゃないけど、 出せればいいなー と、トイレに行く。

出ました。
尻が辛かったです。。。。

そして、 お腹の中が空になると、 体の中が寒くなりました。

東洋医学によれば、
便が適度に腸にたまっている状態というのは、
炭の熾きがあるような感覚で、 体を温めているそうです。

その意味が 切実に分かった、 夜中のトイレ。


そして もう1つ、 悟りました。

タイ料理は 自分で作るのが 最も安全だ。


唐辛子のとりすぎは、 体によくないです。
使う唐辛子の種類や、辛さ加減を 自分で調整できるし、
カプサイシンは 適度に摂取すれば、 脂肪燃焼効果もちゃんと働きますが、

尻が辛くなるほど唐辛子は摂取しちゃいけない。



ちなみに、私が人生で最初に唐辛子にやられたのは、 中本蒙古タンメンの 辛いラーメンです。


その他、タイ食材の 色々について メールマガジンで ご紹介してます。

タイに住んだ気分にも浸れると、人気のメールマガジンは、こちらに御登録 お待ちしてます。



by salaisara | 2018-09-27 09:36 | その他のソトメシ | Comments(0)