夏のお土産に すいかカービング  横浜タイ料理教室

お暑うございます。

まぢ、暑すぎませんか、にっぽん!?

異常な暑さ、といわせてください。

タイのほうが 余程過ごしやすいわ。



さて 本日。
私が 幼稚園児におやつ作りを教えている幼稚園の 夏のイベントにお邪魔しました。

例年なら お父さん達は肉を焼き、
子ども達は野菜スティックを切り、
ママたちは 盛りつけ、配膳担当で、
園庭がにぎやかなはずなのに。

今日は、2人のパパさんが ダッチオーブンで野菜てんぷら遣っていたほかは、人気が無く。

熱過ぎて 園内での開催になったとのことです。



今回、おやつ先生は、 特に仕事もなく、ひやかしに行ったので
ご馳走になるお礼に、 ちょっとしたお土産を持っていきました。



すいか持って行って、 カービングの実演。

いやー。スイカは久しぶりだったので、どきどきしましたが、
とりあえず「すごいー!」のお声をたくさん頂きました。


大人たちは、それこそ、パパさんたちも
「最初見ていなかったんですけど、どうやってこういう風に成形するんですか?」と
手順を聞いてくださったり、
ママさんたち、先生方も「写真とってもいいですか!?」と、
大喜びでしたが。

何よりも 子ども達の かぶりつきようっていったらもう!

すごいなー、キレイだねーと、みんなワクワク、調子近距離で見てくれました。

こういう夏休みの一幕、みんなの思い出になってくればいいなー と うふふ、と 彫りつつ。

いつのまにか
彫りくずの、スイカの赤いところ目当ての園児達が 
すいか頂戴、と、 列を成してましたけど。



あ。中には最初は
「おれ、すいかとか、苦手なんだよねー」とスカして言っていた男子が
みんなが ちまちまスイカのキレッパシ食べているのを見ているうちに
食べる気になって、
ちょっと食べたら「もう1切れほしいなー」
とか、
余裕で 苦手克服していたり。


思わず、カービングで食育 が出来た 1日でした。


アタシは カービングの専門の先生じゃないのですが、
師匠の料理学校のカービング5日間コースの通訳、コーディネートもやっていたので、
生徒さんと一緒に彫りながら、
タイ人のプロの先生方の教え方も 通訳通して学びました。

e0159569_14461248.jpg
だから、作品を彫るデザインや技術というよりも、
極々初歩の、ナイフの使い方、彫り方のコツとか、
素材の特徴を生かしたバランスの取り方とか、
料理に添えて映えるカービングのほうが 圧倒的に得意です。

e0159569_14451223.jpg

そういう ちっこいのが彫れるようになれば、 すいかやメロンも、同じ要領で彫れます。

ちなみに、今回のすいかの所要時間は、30分くらい。 


ということで。
この カービングレッスンも 人数割りになればお得な
プライベートレッスンでの開講となります。


が、
パイナップルケーキレッスンと同じく
1人だと料金が・・・ という方が 既にいらっしゃいます。

人数と日程さえ揃えば、 ばりばり開講いたしますので、
メールマガジンに御登録頂いた上で、カービング、人数集まったらやりたいです!
などと、メルマガ返信してくだされば、
会員価格で 開講させて頂きます。

たいへん申し訳ございませんが、
仮登録メールが届いてから、 本登録になります。
もし、仮登録したのに 本登録メールが届かない場合は、
まず、迷惑メールフォルダを見ていただくか、

そして、大体毎日20時頃配信なので、
それも 届かない場合は迷惑メールフォルダから外して頂くか、
再度ご連絡くださいませ。


なんかね、現在の メールマガジンの内容は

タイ料理以前に、「タイ暮らしの始め方入門」風内容になってます。
どうにかいつか、力業で、料理のほうに引き戻せるよう、がんばります。









[PR]
by salaisara | 2018-08-26 14:56 | その他 | Comments(0)