アレルギー対応に、タイ料理が有効じゃないか ということ。 その1

最近、友人のお子さんが アレルギー反応がすごくって、 救急搬送されたとのこと。

丁度、私がボランティアしている こども食堂でも
アレルギー対応について、 もう一度、しっかりマニュアル作ろうって、 話し合っていたところ。

誰もが、アレルギーになりたくってなっているわけじゃないけど。

そういえば、タイで、アレルギーとか、聞いたことなかったわ。


ただ、私は
タイとカナダと日本で、1回ずつ、
どうやら 化学調味料の何かの成分で 蕁麻疹が出た事はあります。

タイで タイ料理を 日常的に食べていたからだと思います。


バンコクのオフィス街の屋台とかは、 健康志向の金持ちホワイトカラーの要望にあわせて
早くから「No MSG」をうたっていました。

そういうのを 1杯100円程度で さらさら食べていたら

日本に帰ってきても、 あれだけ好きだったコンビニのおにぎりが 食べられなくなった。
味がしない。

しょうがないから、自分で作る。
e0159569_14045568.jpg
顆粒スープを使わずに、 素材の味で ぱぱっと作れるクリアスープ。
これ、「オールジャパンでカオマンガイ」レッスンで お教えします。

ご予約はこちらからね。



ご予約は ここ ↑ クリックおねがいします。


あと、7月のmonthly lessonsは 新たに30日に開講決定でございます。
トムヤムクンチャーハンで、おなかの中から爽やかになりたい方、
是非 遊びにいらしてくださいませ。


メールマガジンは、
タイに行った事のない人でも、 ものすごく行った気分に浸れると、ご好評頂いてます。

アメイジング・タイランドを 読むことで感じてください。
で、もっと 面白い話を聞いてみたいと思われる方、 SALA ISARA に遊びに来てください。




[PR]
by salaisara | 2018-07-13 13:04 | その他 | Comments(0)