愛されるお店は、何処までも愛されるという事。


横浜中華街って、 行った事ありますか?

修学旅行生?が わんさか散らかって、肉まんとか ほおばっていて、
甘栗売りの兄ちゃんがしつこくって(最近、減ったな、そういえば)、
食べ放題の点心やさんの呼び込みがしつこくって(こっちは増えた気がする)
手相見のおばちゃんたちが てぐすね引いて待ち構えていたり、(このあたりは、余り数の増減なし?)
超絶高級中華コースから、
The,薄利多売的なお店から、

中華的エンターテイメントが ぎゅーっと ある一角に詰まっている感じ?

という、超絶観光地な このエリアですが。

長く長く、愛され続けるお店もあります。


このお店との出会い? は。。。
私が台湾から帰っていたばかりの、小学生時代。

父の台湾駐在仲間と、家族で横浜に来て、 すごい有名店で、 行列が出来ているので、
やっぱり混んでるね、と、あきらめて ほかの店に入ったような 記憶。

あの頃から いい加減に見てくれはボロかった。
その、見た目のボロさと、お腹減っているであろうに、黙って並んでいる大人たちの空気に 圧倒された。


それから大人になって、 えいや、と 並んで入ったら、
店のおばちゃんが怖くって、 萎縮した。でも、あんかけ焼きそばは、あっつあつで 美味しかった。

タイから帰ってきて横浜に住む事になって、
中華街に一人で食材買いに行く時とかに、
ラッキーなことに、店の前で待っている人がいなければ、 焼そばとか牛バラ麺をささっと食べた。


そして去年。
お店の老朽化とか、お店の人々のアンティーク化に伴い? 閉店。
そして、最近 生まれ変わって、 同じ名前、同じメニューで 再スタートしました。


新しいコックさんは、そりゃー すっごいプレッシャーだと思います。

で、今日、たまたま雨で中華街の人出でも少なく? 
丁度開店5分前。
並んでいる人数をみたところ、 1回転目で入れる数。

今日は 海員閣日和だ。

黙って雨の中を待っている人々のほとんどが 男性だった。
注文するのは、ほとんどの客が 牛バラそばか牛バラ飯。

まだ外に待っている客がいるから、さくさく食べて、さっと帰る。
でも、その空気感が、 めっちゃ あったかい。

そうかー、みんな、好きなんだ、海員閣。

美味しいものは、ずーっと、長く、愛されることを 証明していただいた気分でございます。


なんか、新しい海員閣と ほろっほろのとろける牛バラに、 元気をもらいました。

美味しいものは、不滅である。

私も日本に帰ってきてから、結構な年月、 
自分で作れる 一番美味しいタイ料理を お教えしてきました。
私の教えたタイ料理も、 みんなに愛されているといいなー と 思いました。


あ。夏休みには、お昼はタイ料理レッスンやって、
夜は中華街を散策して、
いかにもチャイナな八百屋さんで パクチーとか買って帰るっていうのも 楽しいかもしれませんよ。


夏休みは、全く気負わず、 思いついたらすぐに作れる、
オール・ジャパンの食材で作れるカオマンガイ・レッスンやります。

明日から 一般予約になりますので、
今日20時配信予定のメールマガジン登録されたら、
メルマガ割引で受講できます。

ご登録はこちらからよろしくです。













[PR]
by salaisara | 2018-07-06 17:45 | その他のソトメシ | Comments(0)