食材キットを崇拝していた人が、料理上手になりつつある話。 よこはまタイ料理教室

6月のmonthly lessons, 全日程終了いたしました。

7月は22日は満席。 31日は残席2 となっております。

あと、29日募集中でございます。

その他日程、ご希望がございましたら、 お知らせくださいませ。
7月はトムヤムクン・チャーハンやります。
生ハーブを チャーハンで違和感なく食べられる方法、伝授致します。



と、さて。
このMonthly lessons,
すごーくディープにタイ料理が好きな方、
ご自身でお教室やられている方や、 レストラン関係者の方々にもお越しいただいておりますが。


もう1カテゴリーございまして。

私のタイ料理が美味しいから、どちらかというと、食べに来る生徒さん。


その中に、 仮名Aさんとします。
普段の家族へのご飯は、 宅配キットで、 まさに「あてがわれたものを言われたままに調理すれば、
絶対に失敗することなく、 効率的にご飯が作れる」
ものを 偏愛されていました。

で、ご自分のランチなどで、大好きなタイ料理を タイ人のお友達にご馳走になっていた。
でも、その友達が帰国してしまった。
友達にならっておけばよかった。
じゃ、 日本人から習ってみるか。

そんなのり?

Aさん、 通い始めは、 宅配キットを崇拝していました。
「食材や調味料も余る事ないし、自分で献立考える手間もないから、 楽なんですよ!」


で、
うちで タイ料理を作るようになっても、最初のうちは、調味料がないから、とか、
食べる方を優先されていたようです。


これが、ある料理をお教えしたとき、
「これは美味しい! 中華のやつよりも タイのこの味付けが好き!」

と、 材料買って、作ってみたそうです。

タイ料理は苦手といっていた、ご主人様筆頭に、 家族に大好評。


「あの料理は美味しいから!リピートしています!」

あの料理、センセー的には、結構面倒臭い料理なんですけど。


こちらも、敢えて詮索はしませんが、
彼女の発言が だんだん変わり始めました。

「揚げ物の揚がったタイミングって、どうでしたっけ?」

「このレシピの倍量作るとしたら、使う卵は全卵でいいんですか?」

とか。

倍量? 作る気まんまんか?
揚げ物? 極力やりたくないって、最初はいっていたような?


結論。
美味しいものが自分で作れると知ってしまうと、
どんどん自分で作るようになる。

イコール。

美味しいものを食べれば、自然、料理が上手になる。

いや、ほんと、食べるだけじゃ、駄目よ。
作る工程が分かって、その手順で作った料理が美味しいと、 自宅で作りたくなるってこと。



ということで。
タイ料理好きだけど、料理苦手なお嬢さん。
タイ料理を足がかりに、 料理上手さんになりませんか?
出来ない、で 足踏みしていると、 一生できません。
そうして、ダイエットとかしたって、 絶対成功しませんから。

自分の体は自分で作れ。 料理上手は とっかかりは何であれ、経験値だ。


SALAISARAでは
タイ料理をきっかけで、 料理上手になれる最短距離のレール、敷いて差し上げます。

まずは、読むだけでタイに行った気分になれそうな、メールマガジンご登録、よろしくです。









by salaisara | 2018-06-29 15:31 | Comments(0)