自由に作って、美味しく食べよう  横浜タイ料理教室

タイ料理は 辛いの、難しいの、家族に出しづらいの、
色々聞きますけれど。

それ、いっていたら、 まじ、何も作れなくなります。

料理のマンネリ化に悩んでいる人は、まず、
家族がどうとか、 そういうのより、 
ご自分が食べたいものを 優先して そこから 味付けとかを組み立てなおすと、
結構、新しいレパートリーが出てくると思います。


ということで、 参考までに、 今日の私の 超ずぼらランチ。

包丁なし。 お皿さえなし。 スキレット・ばんざい!

ジャパニーズ・ガパオライス。

ガパオライス=辛い の概念は、取り払います。もちろん、辛いの好きな人は、辛くしてな。

ガパオが手に入らないなら、 じゃ、同じシソ科の 紫蘇、ええやん。

もっとも
本当のガパオライスを 知っての上で、実践して頂きたいのは 山々なのですが。


家族がタイ料理食べられないから、 好きなタイ料理を自分で作りたくっても、作れない。
だから、習えない

んじゃなくって。

タイ料理の ちゃちゃっとズボラでも美味しく作れる作り方を学んで、あとは、自分でアレンジして ほかに応用してよう
っていうのが
お料理上手、レパートリー自慢の 最も近道だと思います。 タイ料理のアプローチからしたら。

限りなく和に寄せた、ジャパニーズ・バジル炒めがけご飯

限りなく和に寄せた、ジャパニーズ・バジル炒めがけご飯

by salaisara

調理時間:15分
Comment

世の中ガパオごはんが氾濫していますが、肝心なガパオの葉っぱがまだ専門食材店でしか手に入らない。 なので潔くジャパニーズ・バジル(紫蘇)で和に寄せて作ってみました。

このレシピを詳しく見る


あ、ちゃんとレシピみて 紫蘇いため、作ってみたい方は
こっちに レシピあげてあります。↑


イタリアンバジルなら、私なら、トマト一緒に炒めちゃって、アジアとヨーロッパが融合した風に、寄せちゃうな、バジル炒め作るなら。



ってなかんじで。
ーTT
この夏から、 まず、タイ料理を突破口にして、
普段のお料理のレパートリーを ぱーっと 広げる
コースレッスンを 開講します。


毎月、 タイ料理の、 油少な目の炒め方、 レンチンでも 立派なおかずが1品できる、野菜たっぷり蒸し物とか、
調理法のテーマ決めて、 6~8回のコースにします。


まずは、 先行予約や 割引価格など、
メールマガジンでお知らせします。

ご興味ある方は、まず、ご登録くださいませ。



ちなみに、今のメールマガジンの テーマは、
そのコース開講前の予備知識的に、
タイ料理の 調理法のタイ語の読み方などについて、 配信しています。

これからタイに遊びに行く方も、 読んでおくと、タイレストランでオーダーしやすくなりまっせ。





by salaisara | 2018-06-27 13:48 | ごはんもの | Comments(0)