タイ料理がいとも簡単に短時間で作れるということ。/ ゴルゴ13が本当にいた話

うちは タイ料理教室ですが、 
私、横浜中華街が好きで、
何かのついでとか、 中華材料買いに行ったりする時に
ちょいちょい、うろついています。

あ。タイ料理でも、中華系タイ料理というのが存在してまして。
本家中国料理より、あっさり、油少な目な調理法で、
本家中国料理より、 茶色一辺倒~ みたいな感じじゃないです。
それでもって、 ほかのジャンルのタイ料理と違って、辛くない。

日本の家庭で 普通に出しても 家族が美味しい!っていってくれるのは、
中華系タイ料理が 多いと思われます。



あ、中華街ですね。
肉まん立ち食いなんかで、 お腹を満たすわけにはいきません。
ましてや、甘栗なんて、 もってのほかです。

今日は、ちょっと 午前中から
疲れ果てるのが解っている御用時があったので

朝から ここ行く!と 決めてました。



金陵 肉盛り2種どんぶり。

野菜大好き、草食系?の やせっぽちのおばちゃんですが、
やるときゃ、やるんです。
肉!ってときは、 がつーっと 食べます。



中華の焼き物は、 家では 作りません。
やっぱり、専用の釜と 職人さんには かなわない。
北京ダックも、もう、とうにあきらめています。

私にとっての、東京,神奈川トップ2の焼き物は、 外苑前の「楽記」さんか、中華街の「金陵」です。

ここで食べられれば、いいや、って、割り切ってます。
金陵さんなくなったら、ちょっと考えます、自作焼物。

でもね。
タイ料理は、かなりの種類、中華なべ1個で ぱぱぱーっと、できるからね。
わざわざ食べに行かなくっても、
一度習うと、思い立った時に いとも簡単に作れちゃうのです。


ということで。
6月のレッスンは
海老刺身、タイスタイル。
e0159569_14543183.jpg
こちら、あと、27日、29日のみの開講となります。
木になる方、 スケジュールあいた!という方、 Contactより お問い合わせくださいませ。



この後、この ミントやゴーヤと 爽やかにエビ刺身作って、おもてなし料理で出してみたいという方は
プライベートレッスンにて お申し込みくださいませ。


そして、今日と明日のメールマガジン。
2日間にわたって、 「今、タイは軍事政権っていってるけど、 旅行とか渡航、大丈夫なん?」
の ご質問にお答えするにあたり、
その辺の経緯を ご説明します。

ゴルゴ13、 タイにいたんです。まじ。
ご興味ある方、 ご登録お願いいたします。










[PR]
by salaisara | 2018-05-25 14:56 | ごあいさつ | Comments(0)