タイハーブの生命力をありがたく頂きます。 横浜タイ料理教室

e0159569_18464980.jpg
プリッキーヌーの花が咲きました。

そして、あっという間に、レッスン分の唐辛子が収穫できました。

去年分の唐辛子の在庫が ぎりぎりだったから、
天の助けとは、このことぞよ。


あ、タイの唐辛子、 多年草です。
なんかね、木みたいになるの。

タイに居た時、 唐辛子畑の取材、撮影の通訳として 同行した事あるんですけど。

背の丈くらいの木から、唐辛子をぷちぷち摘む というかんじでした。

日本だと、そこまでは大きくならない。


冬場、室内に入れても、枯れたようになっているんだけど。
地道に水遣りしていると、 春になって、温かくなると同時に、 
一気に葉っぱ出して、花咲かせて、
あっという間に 実がなるという。

プリッキーヌー。おまえ、どんだけ大盤振る舞い。


この株ですね。
干し唐辛子として 料理で使ったときに出た種を 植木鉢に撒いたら、
育ってしまったという代物です。

こんな 生命力の強いもん、食べていれば
元気になるよな、タイ料理。

これから、うまく収穫できれば
プリッキーヌー、新鮮なやつ使って レッスンできます。
レモングラスも順調に生育中。
バジルも、芽がでましたよ。

フレッシュハーブで タイ料理レッスン受講されたい方、
まずは、monthly lessonsに 遊びにいらしてください。






今晩お届けするメールマガジンは
唐辛子の使い分けについて、配信します。  仮登録したら、ちゃんと本登録してね。








[PR]
by salaisara | 2018-05-19 09:45 | 素材・調味料類 | Comments(0)