ゆっくり、その手を 離してみる 第一段階を迎えた時 

娘今日、お誕生日です。

何をしていようが としはとる。
やれやれ。


よく 私のことを昔から知っている人は

「よくぞ、母親になったもんだ」
と びっくりしています。

私自身も、そう思います。

よくぞ、娘に育ててもらったもんだ。







在タイ時、 もう、めっちゃくちゃな生活してましたから。
すごい時には、 レッスン通訳やって、午後はレストラン取材して、夜行便の飛行機の中で原稿仕上げて、到着した先の空港のラウンジで原稿送って、
すぐにバンコク戻って、また料理の仕事とか。
週に3回成田ーバンコク往復していたとか。

そいでもって、一度バンコクで手術しました。
ヒコーキ乗りすぎと 仕事やりすぎて知らぬ間に溜まったストレスのせいと、一応解釈してます。

だから、
まじで。本当に。 娘が五体満足で生まれたのは、奇跡みたいなもんで。

だから、彼女が生まれて 決めたのですね。

子育ては 後で後悔はしないよう、最善を尽くす。

彼女が自分で考え、自分で行動して、 自分の意思で親離れするまでは
彼女の事を 最優先事項とする。

なんかさー。
自分の失敗は、後で自分で死ぬ気で取り返さなきゃいけないけど。

子どもが何かでぽっきり折れたり、捻じ曲がったりして、
後で「あの時あの子にああしておけばよかった」って 後悔するのが 一番嫌だったので。


そのために、色々歯ぎしりしながらやり遂げた事、 あきらめた事もあったけど
一ミリたりとも後悔していません。


そして。あと数時間で10歳になる わが娘。

見た目と違って えらくビビリなわが娘。

ようやく、 1人でバレエレッスンに行って帰ってこられるようになったり。
月末には 宿泊学習で 母と1泊離れてみたり。

ゆっくり、確実に わが道を歩み始めています。


これから10年くらいかけて、 段々、彼女は 私から離れていくことでしょう。

それに伴って出来る 自分の時間を、
大事に、育てていこうと思います。

って。
アラフィーで この段階って、やっぱりヘヴィーだわ。涙

がんばろっと。 前進あるのみ。












[PR]
by salaisara | 2018-05-23 09:42 | ごあいさつ | Comments(0)