タイフェスティバル2018に久々に参戦して、タイ料理ファンの層について考えた、横浜タイ料理の先生。


ここ数年は、人ごみに遠慮して、 行っていなかったのですが、
今年は娘と ぷらぷら出かけてきました。

タイフェスティバル in 代々木公園。


いやもう、すっごいですね。毎年のことながら。

こんなにタイ好き、タイ料理好きがいるのか!って、 横浜の山奥から出てきたおばちゃん、
毎回ながら、びっくりです。

(注・山奥いうけどな。実は、バスで東急東横線の駅まで15-20分? そっから明治神宮前駅まで1本で、1時間圏内やで。)

あたしは 主にNPOブースに御用時あって、
ご挨拶やらなにやらして、
コスパよさげな ランチを購入して 
(ここ重要やねんか。 自分で作れるからな。 手間隙材料費とか、丸わかりやねんか。)

イベント広場から離れたところで、 ゆったりのんびり、食べ始めた。

すると、 同じようにタイフェスのご飯買ってき、「オトナ女子」3人組が、我々座っていた隣に どかどか座ってきた。
(そのまた隣の女性を どかすような座り方したねんか。 おばちゃんも、いらっとして、アカラサマにかばんとかずらしたねんか。
なーんも言わんねんか。 おねーちゃん、それじゃ、嫁にいけねーぞ、と言いたくなったねんか。)



1人のおねーちゃんが、 つぶやいた。

「グリーンカレーって、こんな、スープみたいなやつなんだね」

OMG!!!!
ねーちゃん、 何目的で タイフェス来てんねんか!


タイを知ってて、タイ料理を知っていて、 わざわざタイフェスに来る人ばっかりじゃない
ってか、もしかしたら、タイフェスにきている大半の人が、
タイのこともタイ料理のことも、知らずに来て、飲み食いしているのでは?
と 一瞬疑った瞬間でした。


ねーちゃん、
タイフェスでタイ料理美味しい思ったらな。
横浜の 日本人のタイ料理の先生のとこ、習いにおいでぇな。
ちゃんと、嫁に行っても使える、
時短、美味しい、油少なく、偶然世の中の流行に乗っちゃってる、低GI値とか抵糖質ちゅう料理も、
きっちり 教えちゃるからな。


とは、 実際には言いませんでしたが。

このブログ読んだ方。
 一度、レッスンきてみてください。

あ、その前に メールマガジンで タイフェスでは知りえない、タイの色々おもろいこと、読んで笑ってくださいませ。





[PR]
by salaisara | 2018-05-12 16:50 | 泰国的なこと | Comments(0)