重たくない甘酢あんかけ

今月のMonthly Lessons,
あ、来月も引き続きになりますが

「日本で タイのシーフードレストランごっこ」
みんなで楽しくやっております。

生徒さんの中には
1年に一度はタイに通っていらっしゃる方がいらっしゃいますが
「私はいつも、ローカルの食堂や屋台でしかご飯食べていないので、高級シーフードレストランに行った事がないんです」
という方もいらっしゃったりして。

そうなんですよね。
シーフードやさんは、 タイであろうと、 そこそこには お安い。

日本のタイ料理レストランで食べたって、なかなかのお値段。

だったら、スーパー買い物行って、海老や魚が安かったら ちゃちゃっと自分で作っちゃえー!

というのが、 テーマでございます。


特に中華系タイ料理は基本的に辛くないし、
本家中国のより、全然あっさりしているので、 食べやすいです。

何が違うかというと。

大きく言うと、 こんなかんじ。

e0159569_17365095.jpg
奥さん! フライパンから魚が飛び出していますよ!!

いや、そこじゃない。
というか、 全長40cm級のお魚を スマートに揚げる方法、これ以外にあったら教えてください。


あっさりした揚げ物の秘訣。 がりがりに、素揚げする


e0159569_17533653.jpg
こっちの画像は、 タイのクラビの市場で撮った写真ですが。 
ね。 がりがり、 素揚げ。

もうね。粉はたいてあげちゃうと、 途端に チャイニーズです。

ちなみに、 素揚げの油吸収率は一般的に3~6パーセント。
フライの10~20パーセントと比べると、 格段に 軽い。


それから、 タイの甘酢あんかけが 「中華とかの甘酢あんかけは苦手でも、これは軽いから好き!」
といわしめた、
あんかけを 軽く仕上げる タイ料理技。

e0159569_17373474.jpg
タイでは鱗とらずにガリガリ揚げますが、さすがにウチの教室では鱗ひきます。
魚の処理の仕方もイチから学べます。

粉でとろみをつけない。

もう、てきめんです。
どうしたら 粉でとろみをつけずに、 軽く美味しい甘酢ができるかというと。

これは、 タイのスイートチリソースの作り方とかとも通じるのですが。

素材の組み合わせ、配合です。

その辺わかると、 もう、 ちゃかちゃかっと、 気軽に 高級レストラン級の 
ヘルシーシーフード料理が作れるようになります。

実際、今日の生徒さんの中にも
「今日、海老と魚を買って帰れば、晩御飯に家族に出せますね」
と、つぶやいておりました。



これから、こーんな感じで、フライパン1つで ちゃちゃやーっと出来る、ヘルシー・タイ料理のこととか、
メールマガジンでお伝えします。



     ↑
こちらより、 ご登録くださいませ。

あと、 
5月のmonthly lessonsは

クン・チェー・ナムプラー(タイ風甘エビのお刺身)

プラー・ヌン・ブアイ(白身魚の梅干蒸し)

ムー・トート・ガティアム・プリックタイ(豚肉のニンニク・コショウ揚げ)

の3品です。
今月の3品は、 バンコクのエアコン効いたシーフードレストランで食べる味なら、

来月は パタヤのオープンエアの 薄暗い中で
ピンクのネオンがきらめくシーフードレストランで出てくるようなラインナップかと。
 
現在の開講予定日は

5月8日、13日、 15日、 22日、 27日、29日

で出ております。

パタヤの 生ぬるい風に当たりながら、新鮮なシーフードを食べている気分にひたり、
かつ、 ご自宅で そしらぬ顔で 習ったタイ料理を タイ料理じゃないような感じで出して、
家族から美味しい!って言って貰いたい方、

Contact より お問い合わせくださいませ。













[PR]
by salaisara | 2018-04-15 18:27 | シーフード | Comments(0)