タイ料理をベースに、創作料理を作ってみよう

春ですね。

なんか、今年は色々早い気がしますが。

筍、頂きました。

どうやって食べようか。







色々思いつきすぎて 困りましたが。

まず、掘り立てなので、 刺身で食べた。

若竹煮にした。

筍ご飯にして、 炊きたてと、 おにぎりにしてと、 2回楽しめた。
どうして炊き込みご飯って、 おにぎりにすると、また違った美味しさなのかしらん?

バター醤油で、 ソテーにもした。


筍、お前、どうしてこうも、許容範囲広いんだよ!

タイ料理にも、なります。

かつて、 筍カレーは 初めて食べた生徒さん達が 中毒寸前くらいに 熱狂し、
筍サラダは、 日本の筍たちが「なんでこんな目にあわねばならぬのか!」
と、悲鳴を上げる美味しさで 圧巻した。


が、 今回は。

仲良しのおじ様からの おすそ分けなので、
ボコるにもかわいそうかなー

とか、

パクチーとかアジアより、今日はもう少し穏やかにしたいとか、


お腹と自分のモードと 対話して。


シンプルな サラダにしました。

筍と紫小玉ねぎをスライスして、
お塩とオリーブオイルで和えてレモン絞って
アーモンド砕いたやつを散らした。

作り方のベースは タイです。

タイ料理をベースにしたって、 なんか、おしゃれなもの、仕上がったじゃないですか?自画自賛的に

ここから、もっとスパイス効かせたかったら、
今度は、私なら、インド行かずに、北アフリカくらいまでもっていきます。


こうやってな.
世界の料理知ると、 同じ材料でも、色々 アレンジできるわけですね。
でも、なぁんとなく、 というノリで 手ぇつけると、
特に お料理を生業にしている方だと、
苦しい展開になります。


ちゃんと学ぼう。
自分の軸を持った上で、 いろんな国のお料理を知ると、
料理の幅が、めちゃくちゃ広がる。

って、私、ジャパニーズですけど、軸、タイですか?


ええ、なりましょうぞよ。
軸になる、技術と理論、任せなさい。


で。

全然、創作じゃない、 れっきとした 中華系タイ料理なのですが。

のり の スープ、4月のレッスンで 作ります。
まず、本物の スープに入れる海苔知って、
それから、 日本の海苔とかなんとか、 アレンジしてみてください。

中華街で 入手しました、タイでも使われる、スープ用の海苔。

現在、4月8日、9日、15日、22日と、 Monthly lessons募集中です。
お問い合わせは Contactここクリック  より、 どうぞー。





[PR]
by salaisara | 2018-04-03 10:38 | サラダ(ヤム) | Comments(0)