「ほっ」と。キャンペーン

タイアップタイアップって、
センセー、だんだん大人になってきた風ですけど。


お肉の次は、こういうものが届きました。


e0159569_1364896.jpg


More
[PR]
by salaisara | 2015-11-09 13:44 | 調理器具 | Comments(0)

e0159569_10222772.jpg


タイのフライパンと共に、私が愛してやまない調理器具がこれ。
クロックといいます。
これは、石で出来ているので、クロック・ヒン(石)。
めちゃくちゃ働き者なのです。

唐辛子やニンニク、コショウやコリアンダーシードがこの石の重みで簡単に潰れるし、潰れることで切ったときよりも香りが立つ。
炒りゴマとかを潰しても、日本のすり鉢と違って中がツルツルだから手入れが楽。
底が浅いから潰した素材をスプーンで掬いやすいのもいい。
殻の固いマッドクラブの爪もこれで一撃。
おまけに、この石臼の縁で包丁も研いだりも出来る。

自分の中でサイコーにこのクロックをイケてる使い方をしたと思った時は、ドーナツを揚げた時、パウダーシュガーが手元になかったので、これでグラニュー糖を潰してしまった時
潰せるもんだなー、粉になったよー、と、やってみて妙に感心。
石なので、ちゃんと洗えば匂いが残らないのも使いやすさの1つ。

姿かたちは無骨なヤツですが、ひとたびレッスンで使ってしまうと皆さん欲しくなるようで、
タイで買って手荷物で持ち帰った人多数。

でも、それってさ。
眉用ハサミや、ソーイングセットにチョコントついている糸切りカッターよりもよっぽど凶器になるんじゃないですかね? どちらもかつて、うっかりポーチに入れていて没収された。
それに、「これを抱えて飛行機に乗るまでに腱鞘炎になるかと思った」という意見も多数。


e0159569_11363123.jpg お土産やさんとかでミニチュア(実際にもニンニクを少し潰すのは潰せるらしい)よく見かけるのは、ソムタム(グリーンパパイヤのサラダ)用のクロックで、木製や、焼き物のやつがありますが、こちらはこういう、和え物に使う用に底が深くなっています。
スパイスを潰す時には私は石の、底が浅いやつのほうがいいです。

それに、どちらにしても、大きさはだいたい直系25cmくらいにやつが使いやすいとも思われます。
あまり小さいと、重さがたよりないし使いづらい。



しかしですな。

このスパイス・クラッシャー(といえば急にオシャレなイメージになるな)、
例えばイタリアでは大理石とかオリーブの木とか、大層オシャレっちい素材で出来たモノがあるそうですが、

ここはさすが、it’s THAI! ただの石です。しかも作りが粗いし・・・・。
申し訳程度に マジックで飾りだか呪文だかが書かれています。 

その他、どうやらこういう「潰しモノ」は世界中で、さまざまな形で使われているらしい。
タイの近くでは、インドネシア、それかインドも、スパイスを潰すのに、もっと平らな、石製のやつが使われているそうだし、イタリア、フランスにもあるらしいし、モロッコでは金属製のがあるそうだ。
世界って広いようで結構似たようなものを何処でも使っているのだ。
これらをコレクションして棚に飾っているという人も少なからずいるらしい。

しかし、それ以上を行った方がいらした。
気に入ったデザインがないと、自分でオーダーメイドしてオシャレなすり鉢を作ってしまったb_nomadさん、私、その男前ぶりも出来上がったもののデザインも、サイコーにイケテイルと思います。


(追加画像)

e0159569_11323243.jpg


我が家で活躍中の、クロック2種。 既にオトーチャンには邪魔にされているので、これ以上増やせないけど(涙)、この2つを私は愛しています。
[PR]
by salaisara | 2010-03-03 11:54 | 調理器具 | Comments(8)

しぶとく10年選手

たまには タイ料理の調理器具の紹介でも。
というか、最近娘が長時間昼寝してくれないので、ブログをちゃんと書く時間がないのだ。とほほ.

今日の娘、(いつもやっていますが)「はっぴぃ♪」と言いながら、何かをひたすら食べているフリをしています。
どんだけマンマ、食い足りないんだっ!?

・・・そんな、日々の娘と私の毎日ごはんを支えているもの その1.

e0159569_943365.jpg


これ、タイで一般的に使われているフライパンです。
タイで生活するようになって、初めて買った調理器具が、この、フライパンとフライ返しです。
これ1つあれば、炒め物、揚げ物、煮込みに、蒸篭を乗せれば蒸し物も出来るという、優れもの。

アルミ製の、すっごくチャチなものですが、そのチャチさがタイらしいということで。
軽いから取り出すのも苦じゃないし、鍋ふりも楽です。

チャチだから、「丁寧に優しく洗わねば」などと思わずに、思う存分ガシガシ洗える。
チャチだから、ガンガン使って壊れたらまた新しいものを買えばいいやと思える。

そうやって、気づけば同じものを10年以上使っているのですが。


しかも、生徒さんたちから口々に「その割には随分キレイですね」と言われます。
ええ、使うたびに遠慮なくガシガシ洗っていますから。


そうして使っていくうちに、
いつの間にか、生徒さんたちがタイに行ったらこのフライパンを背負って帰ってきたトカ、「センセーの所で使っていたら、どうしても欲しくなってネットで買っちゃいましたー♪」などの報告が来るようになった。

チャチなくせに恐るべし、タイのフライパン・・・・。
[PR]
by salaisara | 2010-03-02 10:34 | 素材・調味料類 | Comments(4)

細工道具。

e0159569_9472025.jpg


カノム・チョー・ムアンの白いバージョン(フライドにんにく抜き) を、娘のお弁当に入れてみた。
娘よ、君がコイツを喜んで食べてくれるから、オカーチャンは作った甲斐があったというものだ。

さて、この形を作る道具です。

e0159569_9573791.jpg
ティニー といいます。
丁度、角砂糖をつまむピンセットくらいの大きさで真ちゅう製。

まぁるくあんを包んだら、こいつでキュキュキュっとつまんで形を作っていきます。
なので、皮はニラ団子よりはシッカリした、伸びのいい粉の配合で作ります。



作るのはチマチマと手間はかかりますが、食べるのは一瞬。
でも、娘がこれが好きとあれば、オカーチャン、また作らせて頂きます。

お弁当も、娘が幼稚園に入ったら、もっとがんばってカワイクしなきゃイカンのだろうなあ。。。。

既にお弁当持参で出社する1歳児。
[PR]
by salaisara | 2009-12-01 10:51 | Comments(0)