タグ:素材、スパイス、調味料類 ( 106 ) タグの人気記事

カニの捌き方


わたりがに。

この2年ほど、近くのスーパーでいきなり目が合うようになりました。

この日も でっかいやつが 激安で売られていたのを 即購入。

そしたら
インスタで予告したので、 カニの捌き方、 解説します。



More
[PR]
by salaisara | 2017-11-15 10:22 | 素材・調味料類 | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)


レモングラス祭り、大いにお祭り中でございます。

今月はあと、29日(日)10時半ー と、31日(火) 10時ー となっております。

で、さて。 レモングラスは生食できるか?

できます。 あんな、ススキみたいなやつでも。 口切れませんよ。


生食の代表格。

e0159569_14323456.jpg
ヤム・タクライといいます。 まさに、レモングラスサラダ。

いや、レモングラスと紫小たまねぎの下には、 春雨がありますが。

このはるさめのチュルチュルに、 レモングラスのざくざく感が たまらんのです。

で、口の中は一気にレモングラスの香りに包まれます。


で、このヤム、その レモングラスの多さゆえに、ドレッシングに ちょいとコツがあります。


お庭でレモングラスが育ちすぎたかた、 是非遊びにいらしてください。


ご興味ある方は、 お早めに
contact より お願いいたします。




[PR]
by salaisara | 2017-10-16 14:35 | サラダ(ヤム) | Comments(0)

e0159569_14085954.jpg
なんか、すっごい野放図になってますけど。

うちの庭のパクチーです。
1m超えに成長し、バンバン花を咲かせてます。

でも、余りにおおらかに背丈ばかり伸びてしまい、 雨が降ると、雨粒の衝撃に耐えきれず、
どんどん倒れていく。

支柱でも立てればいいとはわかっているのですが、
逆に、倒れたやつから 間引きしていかねば、
そのうち うちの庭はパクチーの樹海になってしまう
(もう既にシーズンによっては樹海ですけど)
ので、
適当に倒れたやつから 引っこ抜いて、最終的に綺麗に実をつけてくれる株を数株残したいかと思ってます。


・・・
しかし、せっかくかわいい花が咲いているんだから、 なんかしてあげたいなあ。

食っちゃうか。




More
[PR]
by salaisara | 2017-05-26 14:42 | シーフード | Comments(0)

4月になりましたね。
張り切って 方々にお花見に繰り出してはいるのですが、
今年は、桜、遅いですねえ。
e0159569_15212547.jpg
タイにいたころは、
成田空港の滑走路脇の、シケた桜の木ですら
「おお、ジャパンだ、ジャパン!」と、感動したもんですが。
今じゃ、 毎年、咲くのが遅いの早いの、 すぐに散ったの、寒い だの、
色々言いたい放題です。


さて。 我が家の庭は、越冬したパクチーが もりもりです。

が。
複数の知人から、 不穏な相談を受けたので、 
とりあえず、ここで お答えしてみます。
って、知人がこのブログ知っている可能性は低そうですが。




More
[PR]
by salaisara | 2017-04-04 16:07 | 素材・調味料類 | Comments(0)

気合のしょうがカレー

やれやれ。
はやいもんで、もう11月です。

もうすぐ冬です。

はい、タイで8年も逃亡生活を送っていたあたくし。

はっきりいって、 冬の寒さ、だいっ嫌いです。


e0159569_16185058.jpg

そんなわけで。

11月は センセーの権限を利用して、 しょうが祭り。

気合いれて、 高知から しょうが取り寄せました。

More
[PR]
by salaisara | 2016-11-09 16:33 | Comments(0)

タイ料理ですよ その1

e0159569_14214113.jpg

6月のmonthly lessons,はじまりました。

初日から、元気で可愛い 妙齢のご婦人方と、 わいわい笑いながらレッスンしました。


今月のメニューは

煮魚

サテ

生春巻

って、 これらって、タイ料理?


大丈夫。 びしっとタイ料理ですよ。


特に、今月のびっくりは、 これだな。
[PR]
by salaisara | 2016-06-09 14:45 | シーフード | Comments(0)

明日、6月8日から 6月のmonthly lessonsが始まります。

e0159569_14375853.jpg


タイのスイートバジルを仕入れました。

タイの スイートバジル です。
ホーラパーといいます。

先月使った種類のバジルは、 ガパオっていう 種類で、
英語だと holy basil っちゅうやつです。

そういえば先月。

ガパオを取り寄せまくって、 でも、一度に使い切れずに、 保存方法とか配送のタイミングとかを
タイ食材店さんに 泣きついてみたら

「お客さん、 そんなに頻繁に使うんでしたら、
いっそのこと、ご自分で種まいて  育てて実てはいかがでしょう?」

と言われました。

既に種まいているんですけど、 発芽しないんです、今年はまだ。



ええ、ご自宅用なら、 普通にスーパーで売っているバジルで 気分だけ楽しむのもいいんです。
あたしも、「ฺボーノボーノ・バジルのくせに」とか いぢわるいわずに、
1人ランチとかでは、 試しにイタリアンバジルで炒めもの作ってみることもあります。

でも、 ここは、 きっぱりと、タイ料理教室なので、
生徒さん全員に、 バジルの違いを 実際に知ってもらいたいのです。


ということで、今月も、 バジル求めて右往左往します。


今月は、あらたに 12日に開講決定しました。

駆け込みで「日曜日!」に バジルの香りに癒されたい方のお申し込みをお待ちしてます。
問い合わせはこちらから。

あと、14日もまだ募集かけてます。

14日は 残り1席です。


ちまちまお肉を串刺しにしたり、 生春巻きを 和やかに巻きたいかた、 ご検討下しませ。




[PR]
by salaisara | 2016-06-07 19:11 | Comments(0)

ちょっと久しぶりの投稿になりましたが。

元気です。 5月は毎週末になるとエビを買いに走り、トムヤムクンを作り続けましたが。。

ようやく、エビの頭から開放され、 しばしの休息をいただいておりました。
・・・いや、 デスクワークが溜まりまくっていたので、休養はしていませんが。


で、5月のレッスンで、 トムヤム以上に「美味しい!」と 生徒さん方が狂喜乱舞したのは

e0159569_9431281.jpg


手作りチリ・イン・オイルでしたとさ。

センセーびっくり。
[PR]
by salaisara | 2016-06-05 10:26 | 素材・調味料類 | Comments(0)