レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
# by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

レモングラスの増やし方

e0159569_11225772.jpg
庭のレモングラスを、ちょいと整理してみた。
結構すっきりした。


e0159569_11242665.jpg


細いやつは 水を入れたグラスに入れると
勝手に根っこが出てくるよ。

で、いい具合に根っこが出てきたら、土に植えると、 育ちます。

一番の収穫期は、秋かな、やっぱ。

で。
実は。

うちで大繁殖している レモングラス。

実は、 元々 食用でタイ食材店から仕入れたものです。

冷凍するのもなんだなー、と、水に挿して、根っこが出てきて、
それを地面に植えたら、 このざまです。

フレッシュレモングラスを買って余ったら、 冷凍のほかに、 繁殖という選択肢もありますよって。
おためしあれ。

(全てのレモングラスがすぐに根っこ出すわけでもないので、 その辺はご了承くださいませ。)




e0159569_11270429.jpg
それから、レモングラスの葉っぱ。
うちは、お客様がいらっしゃるときとか、 この葉っぱを水と一緒に鍋に入れて、
ぐつぐつ煮出して、いい香りがするようになったら 葉っぱを引きあげて
レモングラスティにしますけど。

あんまり飲む気分じゃなくっても、葉っぱが取れるときは、
ぐるぐる巻いて リースにします。

あたし、人工の芳香剤とかは苦手だけど
天然の レモングラスの香りとかはすき。


e0159569_11352670.jpg
夏の間、 アサリバジル炒めで 散々活躍してくれた、 タイ・スイートバジルさん。
最後の力を振り絞って、花をさかせようとしてくれているので、 種収穫できたら、 また来年まいてみます。



そこで、 皆様に  「こういうレッスンあったら行きたい」のご意見を募集させてください。

1 今、オリンピック並に4年に一度の割合でしか 人気メニューが回ってこないので、
  いっそのこと、人気メニューを1年で習得するコース。

2 結構緊急告知になるかもしれないけど。 庭のハーブの食べごろをみて、
  例えば、「青い唐辛子がいっぱいとれるから、 グリーンカレー作りましょうよ」とか、
  単発で、 庭のハーブ収穫つきのレッスン。

ほかに、 こういうレッスンなら 横浜の山奥まで 遊びに行く価値ありそう というレッスンのご提案ありましたら、

contact より こっそり教えてください。
あ、もちろんコメント欄でもOK。


って。 そうですよ。今でも十分、遊びに来る価値ございましてよ。

だってうち、 コックさんとか、 お店関係の方も、「修行にだされましたー」とかおっっしゃって、 レッスン来られますもん。



11月のmonthly lessons,

9日、19日の他に
2024.25.26日も募集します。

冬に向けて ウイルスに負けないからだを ハーブで作りたい方、 是非とも 一度遊びにいらしてください。

がさがさ、朝どれハーブと一緒に お待ち申し上げておりまする。








[PR]
# by salaisara | 2017-11-02 11:46 | 素材・調味料類 | Comments(0)

10月の レモングラス祭り、 華々しく 31日のぎりぎり月末まで 宴が繰り広げられました。

10月のレッスンが始まる前の うちの庭の レモングラスコーナー。


こんなかんじでした。

で。11月1日の今日。 どんだけ食べたかというと。

結構、空いた。

細めのやつは、あえて残してみた。

でも、奥のほうっていうか、 道路からみたら手前か。
全然減ってないし。

予想以上の繁殖っぷり。

でも、お任せあれ。(誰に)

11月でも 使います、 レモングラス。

e0159569_14064907.jpg
豚肉の 煮込みトムヤム。 トムセープという、東北料理です。
ささっと作る、中部のトムヤムもいいけど、 じっくりこっくり、 滋味のあるトムヤムも 大好きです。


あとは。

e0159569_14101422.jpg
サクー・サイ・ムー。 あまじょっぱい豚肉団子をタピオカで包んで蒸した前菜。

SALA ISARAでは 通称「タピコ」。
これ、タイの屋台でも時々作りながら売っているけど、

自慢しちゃうけど、SALAISARAで作ったやつのほうが 見た目もきれい。

お子様も好きな味みたいで、 4年前にこれ習った生徒さんが、 子連れ持ち寄りランチ会に持っていったら絶賛されたといいます。


あと1品は、お葱と魚のあっさりいため。

葱、これから冬場、美味しくなりますし、 風邪予防にもいいかな。と。

現在開講決定しているのは、 9日(木)と 19日(日)です。

あと、24日、25日も 募集中です。


寒くなってもタイ料理。
寒さに震えながらお店にいかずとも 自宅で美味しいタイ料理が食べられるようになりたいかた、
是非お越しくださいませ。


。。。。ごめんなさい、お店関係者様。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。






[PR]
# by salaisara | 2017-11-01 14:19 | 素材・調味料類 | Comments(0)



先日のレッスンで、
タイに住まわれていた経験のある生徒さんが

「ゲーンソムやるなら、 持込させてください」

と、チャオムの葉っぱを 持ってこられました。

タイでは 卵焼きに混ぜて、 ゲーンソムの具材にしたりします。

いや、私もゲーン・ソム教えるときに、 一瞬考えた。 卵焼きのサワーカレーにしようかと。

で、さてはて?
チャオム とは、

タイでは 結構一般的? 特に北のほうでは スープに入れたり、 生で食したりもするらしい。


和名を調べると ハリエンジュ。

うん。 オジギソウみたいな葉っぱに えらく攻撃的なとげとげがついている。

中国語では 臭菜。 そうなんです。 くっさいんです。 でも、慣れるとこれが、旨みみたいに思えるから、不思議なものでして。


それじゃ、英語だと、 何かというと。

ACACIA


ちょっと待て。

あの、 ミツバチが集めてくれる花のみつに、 アカシア ってあるよな。

あの、イタリアで 3月に 女性に送られる、あの、かわいい黄色いふわふわの ミモザも あれ、アカシアの一種だよな。


あの くっさい葉っぱと かわいい花と、あの甘い蜜の間に 共通点があったとは!

意外性で攻めてきたか、チャオムよ。


と。

SALA ISARAでは、
レモングラスとか こぶみかんの葉っぱとか、 いい香りのハーブもたくさん育っておりますが

 時々、 
こうやって、 ディープなタイ野菜が 生徒さんによって 持ち込まれる事もございます。


タイ料理の奥深い世界に、横浜の山奥で出会いたい方、 是非 遊びにいらしてください。


11月のレッスン日も、 順次ご案内させて頂きます。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。


 

[PR]
# by salaisara | 2017-10-31 14:45 | カレー | Comments(0)


そう。レモングラス祭りが 華々しく幕引きを迎えようとしています。


「レモングラス、 足りなかったら 刈ってくるから
買ってくる じゃないです。 刈ってくる



こんな 横浜の山奥まで、 生徒さん、来てくれるのかしらん? と、
2011年から この場所で(その前は2008年から 別の場所で)
 ずーっと ソフトオープン状態で 細々と レッスンしていますが。

そうそう。こういうレッスンしたったんだよな、
足りなかったら、レモングラスを がさがさ採ってきて、 みんなでお料理するの。





以下、最近思ったこと
[PR]
# by salaisara | 2017-10-30 12:45 | ごあいさつ | Comments(0)