先日のレッスンで、
タイに住まわれていた経験のある生徒さんが

「ゲーンソムやるなら、 持込させてください」

と、チャオムの葉っぱを 持ってこられました。

タイでは 卵焼きに混ぜて、 ゲーンソムの具材にしたりします。

いや、私もゲーン・ソム教えるときに、 一瞬考えた。 卵焼きのサワーカレーにしようかと。

で、さてはて?
チャオム とは、

タイでは 結構一般的? 特に北のほうでは スープに入れたり、 生で食したりもするらしい。


和名を調べると ハリエンジュ。

うん。 オジギソウみたいな葉っぱに えらく攻撃的なとげとげがついている。

中国語では 臭菜。 そうなんです。 くっさいんです。 でも、慣れるとこれが、旨みみたいに思えるから、不思議なものでして。


それじゃ、英語だと、 何かというと。

ACACIA


ちょっと待て。

あの、 ミツバチが集めてくれる花のみつに、 アカシア ってあるよな。

あの、イタリアで 3月に 女性に送られる、あの、かわいい黄色いふわふわの ミモザも あれ、アカシアの一種だよな。


あの くっさい葉っぱと かわいい花と、あの甘い蜜の間に 共通点があったとは!

意外性で攻めてきたか、チャオムよ。


と。

SALA ISARAでは、
レモングラスとか こぶみかんの葉っぱとか、 いい香りのハーブもたくさん育っておりますが

 時々、 
こうやって、 ディープなタイ野菜が 生徒さんによって 持ち込まれる事もございます。


タイ料理の奥深い世界に、横浜の山奥で出会いたい方、 是非 遊びにいらしてください。


11月のレッスン日も、 順次ご案内させて頂きます。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。


 

[PR]
by salaisara | 2017-10-31 14:45 | カレー | Comments(0)


そう。レモングラス祭りが 華々しく幕引きを迎えようとしています。


「レモングラス、 足りなかったら 刈ってくるから
買ってくる じゃないです。 刈ってくる



こんな 横浜の山奥まで、 生徒さん、来てくれるのかしらん? と、
2011年から この場所で(その前は2008年から 別の場所で)
 ずーっと ソフトオープン状態で 細々と レッスンしていますが。

そうそう。こういうレッスンしたったんだよな、
足りなかったら、レモングラスを がさがさ採ってきて、 みんなでお料理するの。





以下、最近思ったこと
[PR]
by salaisara | 2017-10-30 12:45 | ごあいさつ | Comments(0)

10月のレッスンメニューでご紹介し忘れました。

e0159569_16550907.jpg
ゲーン・ソム・パックルワム・クンソット。

なんだかべた長い名前ですが。 直訳して、 生エビとミックスベジタブルのサワーカレー。

カレーがすっぱくていいのか? と 食べた事のない方は思われるでしょう。

いやもう。 絶品です。
あたし、このカレー大好きなんです。
エビの濃厚なダシ。 たっぷりのお野菜。 そして、ほっとする味の酸味。

タイで暮らしていた事のある人は、このカレーのファン、多いです。


でも、このカレー。 味噌汁並みに作り方簡単なのです。

タイで、その辺の道端で作っているの見て、驚愕しました。

お鍋にお湯沸かして、
適当にペーストを味噌汁のように溶いて、
エビやら野菜やら入れて、
酸味の調味料とナンプラーをちょちょいと入れて、
全部火が通ったら出来上がり。


もっとも、レッスンではちゃんとペーストから作りますけど。
ダシをびしーっととって、絶品間違いなしに仕上げます。


なので、生徒さんがたが 皆さん驚愕する。

レモングラスに浮かれてきたら、実はカレーもメニューにあって、
しかも、スープを飲み干したい程に美味しいときたもんだ。


一度、お皿のふちに穴が開いた飾りになっているお皿で このカレー食べたら、
生徒さんから やんわり 苦情をいただきました。

このお皿じゃ カレーのスープが飲み干せないです。


今月のレッスンは、あと、ぎりぎり29日と31日、若干のお席残ってます。

飲み干したい方、お早めにお問い合わせくださいませ。


それから、もう季節は初冬? 11月のメニューです。

トム・セープ・ムー (豚肉の煮込みトムヤム)
サクー・サイ・ムー(甘い豚肉団子のタピオカ包み蒸し)
プラー・パット・トンガティアム(白身魚と白ねぎのあっさり炒め)

スープは、ことこと煮込みます。でもトムヤム。

タピオカ包み蒸しは、 もちもち、かりかり、むちむちの 三層仕立て? 

ねぎと魚もあっさり、ほっこり。


いまのところ、11月は19日(日) が 開講濃厚。

他の日程につきましては個別にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-10-24 17:05 | カレー | Comments(0)

10月のレッスンメニューでご紹介し忘れました。

e0159569_16550907.jpg
ゲーン・ソム・パックルワム・クンソット。

なんだかべた長い名前ですが。 直訳して、 生エビとミックスベジタブルのサワーカレー。

カレーがすっぱくていいのか? と 食べた事のない方は思われるでしょう。

いやもう。 絶品です。
あたし、このカレー大好きなんです。
エビの濃厚なダシ。 たっぷりのお野菜。 そして、ほっとする味の酸味。

タイで暮らしていた事のある人は、このカレーのファン、多いです。


でも、このカレー。 味噌汁並みに作り方簡単なのです。

タイで、その辺の道端で作っているの見て、驚愕しました。

お鍋にお湯沸かして、
適当にペーストを味噌汁のように溶いて、
エビやら野菜やら入れて、
酸味の調味料とナンプラーをちょちょいと入れて、
全部火が通ったら出来上がり。


もっとも、レッスンではちゃんとペーストから作りますけど。
ダシをびしーっととって、絶品間違いなしに仕上げます。


なので、生徒さんがたが 皆さん驚愕する。

レモングラスに浮かれてきたら、実はカレーもメニューにあって、
しかも、スープを飲み干したい程に美味しいときたもんだ。


一度、お皿のふちに穴が開いた飾りになっているお皿で このカレー食べたら、
生徒さんから やんわり 苦情をいただきました。

このお皿じゃ カレーのスープが飲み干せないです。


今月のレッスンは、あと、ぎりぎり29日と31日、若干のお席残ってます。

飲み干したい方、お早めにお問い合わせくださいませ。


それから、もう季節は初冬? 11月のメニューです。

トム・セープ・ムー (豚肉の煮込みトムヤム)
サクー・サイ・ムー(甘い豚肉団子のタピオカ包み蒸し)
プラー・パット・トンガティアム(白身魚と白ねぎのあっさり炒め)

スープは、ことこと煮込みます。でもトムヤム。

タピオカ包み蒸しは、 もちもち、かりかり、むちむちの 三層仕立て? 

ねぎと魚もあっさり、ほっこり。


いまのところ、11月は19日(日) が 開講濃厚。

他の日程につきましては個別にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-10-24 17:05 | カレー | Comments(0)


レモングラス祭り、大いにお祭り中でございます。

今月はあと、29日(日)10時半ー と、31日(火) 10時ー となっております。

で、さて。 レモングラスは生食できるか?

できます。 あんな、ススキみたいなやつでも。 口切れませんよ。


生食の代表格。

e0159569_14323456.jpg
ヤム・タクライといいます。 まさに、レモングラスサラダ。

いや、レモングラスと紫小たまねぎの下には、 春雨がありますが。

このはるさめのチュルチュルに、 レモングラスのざくざく感が たまらんのです。

で、口の中は一気にレモングラスの香りに包まれます。


で、このヤム、その レモングラスの多さゆえに、ドレッシングに ちょいとコツがあります。


お庭でレモングラスが育ちすぎたかた、 是非遊びにいらしてください。


ご興味ある方は、 お早めに
contact より お願いいたします。




[PR]
by salaisara | 2017-10-16 14:35 | サラダ(ヤム) | Comments(0)

10月のmonthly lessons,

水戸のなんだとか(謎)、 色々ありましたが、 無事にはじまりました。

この画像で生徒さんが刻んでいるもの。

ねぎじゃないよ。 レモングラスだよ。


いやはや。随分と立派に」成長してしまったもんだ、うちの庭のレモングラス。


More
[PR]
by salaisara | 2017-10-12 16:23 | 肉料理 | Comments(0)