3月のmonthly lessons

立春を過ぎて 日差しが温かくなってきて
日の出の時刻が早まってきて

春は近いなー と 感じている 今日このごろ。

煮込みの季節は終わった。

カレーの季節の幕開けだ。

e0159569_14311147.jpg

ということで。 この画像、まだ菜の花引きずっていますが。

3月のmonthly lessons, カレーやります。

とはいえ、まだ、しゃぶしゃぶなスープ状のカレー程には 熱い気分にはなれないので

3月は、ココナッツミルク濃厚な、とろみ系カレー。
もちろん、カレーは生ハーブから作りますよー。

あと、3月は、


お花の形のタイ・シュウマイ(カノム・チョームアン)と、 
タイ・レストランのデザート部門で大人気な、 ココナッツミルクの焼きプリン(カノム・モーケン)。

引き続き、女子受け系でいきますんで、どうぞ夜露死苦。


現在、

3月17日が FULL、
3月20日 残り2席、
あと、近日中に もう2日程くらい、希望が出る予想。


その他の日程も、 要ご相談下さいませ。


問合せはこちらよりお願いいたいます。




[PR]
by salaisara | 2016-02-26 14:44 | おしらせ | Comments(0)

タイが「きている」!?

お正月、実家でダラダラと テレビを見ていたら

「今年は パクチーがきます!」と、何処かの番組でいっていた。

確かに、都内や、横浜にも「パクチー料理専門店」なるものが 続々とオープンしているよなーと、
ふーん、と 流していたのですが。

こんな製品が 発売していた。

e0159569_14533620.jpg


やっぱ、パクチー・ブームっていうよりも、タイがキているんじゃないでせうか?


そして、このドレッシングは、アタシへの挑戦状ではないでせうか?



お仕事いただいて、もう、この調味料に目が釘付けよ。

受けて立ちます。頑張ります。

詳細につきましては、またいろいろ決まってきたら、告知致しますです。




[PR]
by salaisara | 2016-02-24 15:05 | 素材・調味料類 | Comments(0)

これからちょくちょくスピードランチをアップしますといいつつ、

あてどもなく試作したり、

当てがあって試作したり、

 試作しようとしたら、 材料が不足して出来なかったり、 

時々娘が風邪ひきやがったり。

・・・・いや、娘もひきたくてひいたわけじゃないのは、分かるのですが。

といいつつ、 何となく、1人ランチは撮り溜めています。


パスタランチ。
女子、好きですよね。 

ということで。 そろそろ素麺は一度お休みにして。
2種類ほど、 じょこじょこやるだけのパスタ・ランチをご紹介。

More
[PR]
by salaisara | 2016-02-23 15:08 | シュフのスピードランチ | Comments(0)

うちのお教室、
コンサルの方々からは 「ブログやHPの写真に、もっと人間を出したほうが 集客できますよ。」
と言われるものの

シャイな人々や、 仕事柄、 写り込みNGな生徒さんもいらっしゃるので、
基本的に、 後姿や 手だけ を ブログでは使わせていただいております。

あ、「どんどん写して!」という生徒さん、いらっしゃれば、 ご連絡を。

e0159569_1431508.jpg

それで、 テ だけの写真みて、 思った。

数年前は、 結構皆さん、カメラ持って来ていたけれど
今はスマホで写真撮るのね。


嗚呼、どんどん時代から取り残されている、センセー。 あー、スマホー。

でも、季節からは 取り残されないわ!
[PR]
by salaisara | 2016-02-19 15:03 | 肉料理 | Comments(2)

菜の花祭

立春が過ぎて、 やっぱり 寒さのシバレ具合が確実に緩んでくるなー 

日本の季節の移ろいに感心する、毎年のこの時期。

って、 あたしにとっては まだまだ全然寒いんですけどね。

今から時々、足首見せている人とか、みかけますけど  みかけるたびに「無理だー!」と心の中で叫ぶ、
もう、すっかりおばちゃんのアタシ。

e0159569_1348375.jpg


 と、いいつつ。 レッスンでは、 春を先取りした気分で。

菜の花祭りよ。
[PR]
by salaisara | 2016-02-18 14:41 | 麺料理 | Comments(0)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


肩こりのほかにも、いろいろ出かけたり。
[PR]
by salaisara | 2016-02-15 12:19 | ときどき・娘のこと

最近デスクワークが多いので、 スピードランチの撮りためが 絶好調。

今回は、スープの活用法の1つでもあるので、これを紹介。

e0159569_14242319.jpg

角煮ヌードル。

1 素麺茹でる。 ええ、素麺、通年絶賛消費中よ。 

2 前日の残りの 豚角煮を煮汁ごと、それに、冷凍スープのキューブ プラス ざく切りしたセロリを
  レンジでチン。

3 素麺茹で上がったら、お湯切って器に入れて、スープ注いで具をのっけて、
  仕上げはパク散らかして、出来上がり。



ここでの 冷凍スープのキューブ っちゅうのは

トリ・スープをとって、1人前の汁麺に丁度いいくらいの量をタッパーで凍らせるほかに
製氷皿で凍らせて、 ジップロックで保管しておく。

すると、ちょっと煮汁がしょっぱくなったー という時などに、これで調整できる。
ちょっと、炒め煮のコクが欲しいなーというときとかにも、 このキューブを放り込む。


さて、うちの豚角煮。

和のものも作りますが、チュウカやタイ、ココナッツウォーターが投売りされている時はベトナムと、
結構地味にバリエーション豊富だったりする。
肉が少なそう?と焦っても、ゆで卵や大根とかで カサ増しできるのも、
基本、お鍋にお任せポン というところも気に入って、 よく作っているような?


で、 必ず、シュフのランチ用のお肉は死守よ。 当たり前よ。


家の中で地味に忙しい時に角煮、お勧めです。



で、そうだ。
豚ばら肉。

2月のMONTHLY レッスンでは、 角煮じゃなくって、 カリカリに揚げます。
外がかりっと、中はジューシー。

先日、 お友達が 恐らく東京で唯一、かつ、一番美味しい、広東式焼き物料理のお店を予約して下さり、 
皮をじっくり、ぱりっぱりに焼き上げた プロの技を堪能してきたのですが。
ああ、また行きたい。 思い出すだけでよだれが垂れそう。

e0159569_153085.jpg

レッスンでは、 もう少し簡単に、 近い風味が味わえるべく、 カリカリ・ポーク、お教えします。
・・・・・じっくり時間かけない分、 ある意味恐怖な調理法ですが。



今月、新たに17日(水) 10:00- 開講決まりました。

他の日程は、 要相談にて。


とりあえず、こちらより お問い合わせ下さいませ。
[PR]
by salaisara | 2016-02-08 15:07 | シュフのスピードランチ | Comments(0)

e0159569_14164797.jpg

前回の記事で紹介させていただいた 
シュフのスピードランチ、「出がらし鶏肉のっけ、汁麺」が
個人アカウントのSNSで 結構な反響をいただいたので、

調子にのって、その他の鶏肉やスープのスピードランチ的頂き方を紹介してみます。

More
[PR]
by salaisara | 2016-02-05 14:53 | シュフのスピードランチ | Comments(0)

昨日、 1/18の雪で レッスンに来られなかった生徒さんの代替を含めた
1月のmonthly lessonsの全日程が 終わりましたー!

e0159569_10195493.jpg

よかったよー! 誰もインフルにも感染せずに、 この日が迎えられたー!!

ということで、 皆様、風邪やインフルや その他諸々、 どうぞお気をつけくださいませ。
そして、既にダウンされている方、 あったかくして、栄養のあるスープなどを摂取して、
早く元気になりますように。


e0159569_1644078.jpg

で 1月のレッスンでは、 ちょこっと、 このサカナナベに 入れたのですが。

SALA ISARAのレッスンでは スープは 部位は時と場合によってですが、
 トリからとっています。

レッスンについては、HPをご参考に。

More
[PR]
by salaisara | 2016-02-02 18:01 | シュフのスピードランチ | Comments(0)

1月30日、 念力だか祈祷により? 無事にレッスンが開講できました。

e0159569_93742.jpg



ほんと、29日の天気予報で「関東も 土曜日は大雪の可能性が」などと出たときには
寒さ以外の意味でガクブルしていました。

1月のmonthly lessonsの最終日は 諸事情により、 2月3日です。
滑り込みで、2月1日中の お申し込みまで、受け付けます。
もし2月3日、 恵方巻き巻く前に、 タイ料理で力つけておきたい方の ご連絡をお待ちしてます。

アタシは、家系的には江戸っ子なので、恵方巻きは作りませんし、食べませんけど。


・・・それにしても、寒いですね。

寒さといえば、うちの庭、あの 降雪にも耐えた 唐辛子さんたちが、 ちょっとかわいそうな事になってました。

More
[PR]
by salaisara | 2016-02-01 10:12 | ハーブ作り | Comments(0)