「ほっ」と。キャンペーン

6月上旬に、うちの男が自分の弟(私にとっては義弟ね)を連れてタイに行った。

義弟、思いっきりタイにはまってしまった。
日本の帰ってきたら「電車とか静か過ぎて怖いよ」「キレイすぎて面白くない」
料理については、「パクチーがあんなにウマイとは思わなかった」「つい、普通のご飯も辛くしたくなっちゃって」

重症である。

ということで、うちに招待して、タイ料理を食べてもらった。



そのときに、「でも、あの人は酒も飲むけど甘いのも食べるよな」と、焦ってありあわせのもので作ったデザート。
e0159569_11362728.jpg

タピオカ・ココナッツミルクである。

しかし。
どうして、巷のタイ料理レストランでは、「タピオカ・ココナッツミルク」で終わってしまうのか?

いや、何がいいたいかというと。 例えば、タイで私が習って美味しいなーと思ったのは、
タピオカ・ココナッツミルク +カンタループメロン とか。
タピオカ・ココナッツミルク +甘く煮た黒ささげ とか。


こうやって果物とかをトッピングして、クラッシュアイスをかけて、冷たくして食べるのとか。

何かトッピングしたほうが華やかになるし、絶対に美味しいと思うのさ。


今回は、生憎、果物を買いに走る余裕も豆を煮る気力もなかったので、
生徒さんから頂いた、キウイはちみつジャムをのっけた。
ジャムの甘みがいい具合に混ざって、おいしかったっす。

もちろん、主賓も一気食い。(笑)

昨日のメニュー。
[PR]
by salaisara | 2011-06-30 13:18 | ときどき おかし | Comments(4)

タイ料理なんです。

6月のレッスンで作った料理、その3.

e0159569_16121411.jpg


タイ料理に見えない?
それは、お鍋のせいです。(笑)

何がタイかって。
[PR]
by salaisara | 2011-06-29 16:35 | シーフード | Comments(2)

無駄にはしないの。

e0159569_11212175.jpg

葉っぱを虫に食べられっちまったパクチーさんも、救済します。

More
[PR]
by salaisara | 2011-06-27 14:09 | ハーブ作り | Comments(4)

森の仲間たち。

6月のレッスンメニュー、メインはカレーです。
でも、この、じめっとした蒸し暑い気候ですから、あっさりしたカレーを。
e0159569_1046845.jpg


ジャングルカレー。

全然、さわやかなネーミングじゃないですね。

でも、バンコクのレストランでは、たいていこういう訳され方、しています。

タイ語は ゲーン・パー。私は「森カレー」ということにしました。、これも直訳。


そういえば。
私がタイで仕事していた時、このカレーの、ステキなネーミングを考えてくださった方がおりました。

彼は、K大卒、Dr.まで修了し、UNパスポートで駐在していて、タイやハノイの大学で教え、今は帰国してT大で教えているらしいという、 すごいお方なのですね。
そんな彼に、当時日本のレストランのメニュー作りをしていた私が「ゲーン・パーのうまい訳が浮かばない」と愚痴った時。

「そうだねえ。そこって、高級なところなんだよね。そういうところにさ、例えば

タイ風あっさりカレー・鶏肉と森の仲間たち入り
 とはメニューには書けないよね。」




瞬時にこんなステキなネーミングを考えて、爽やかに返してくれる、秀才K大Dr.の頭の中を覗いてみたい。

さて、何が「ジャングル 森」か?
[PR]
by salaisara | 2011-06-23 11:24 | カレー | Comments(4)

馬鹿にして悪かったよ。

6月のレッスン、楽しくやらせていただいておりまする。

e0159569_172512.jpg


さて、このテーブルの上に、センセーだけが、妙に事前に「シケたヤツ」と言っていた料理がありまして。

・・・教えるんだから、そんなこと言うなよ、センセー。(汗)

More
[PR]
by salaisara | 2011-06-20 17:51 | スナック・前菜系 | Comments(4)

3歳の知恵

e0159569_22432563.jpg

「ねえ、この もりに ミッフィーちゃんが いるんでしょ?」

ミッフィーもピーターラビットも居ませんけど、蛇は出るようです。
それよりも、早く目的地に行きますよっ!(怒)



3歳検診を受けてきました。

身長93.8cm、体重13.1kg、胸囲47.6cm、頭囲49cm。
ほぼ平均ど真ん中、(現代の飽食時代の平均から比べると)やや痩せ型だそうです。

健康優良児。

でもね・・・・。(汗) 
[PR]
by salaisara | 2011-06-16 23:05 | ときどき・娘のこと | Comments(2)

競争食い


e0159569_16585811.jpg

庭の梅の実が適度に大きくなってきたので、決死の覚悟で木に登ったり、箒の柄の先でつっついたり木をゆすったりして、何とか1kgほど収穫。

今年の娘のバースディ梅酒漬け、梅を買うことなく無事に終了。


ええ、戦っています、園芸部。

More
[PR]
by salaisara | 2011-06-15 22:37 | ハーブ作り | Comments(4)

冷凍バンザイ。

今後のレッスンメニューで 何やりたい?と聞いたところ、
生徒さんから「たまには麺料理を食べたい」とのことでして。


そうですね、蒸し暑くなってきたことですし、辛いもんでもガツンと。

e0159569_15423448.jpg

クイッティオ・パット・キーマオ・タレー。 (バジル入り 辛い炒め米麺)

今回は試作品。
冷凍シーフードミックスがあったので、そいつで作りました。

日本って、すばらしいわ。冷凍シーフードミックスがお手軽に買えるんだから。


タイだって、そういうの、無いわけじゃーないのですけどね。
冷凍加工する費用の分、生よりも俄然お高いんですもの。
だったら、生のやつを、例えばエビちゃん何グラム、イカチャン何ハイ、貝は怖いけど、どうしようかなー?なんて、市場でコッテリ買ったほうが美味しいし量の割にはお安く出来るのですね。

・・・その分、下処理に手間食いますし、1~2人分、ささっとシーフードバージョンで作ろうなんていうのは不可能なのですが。


あと、この料理、現地では、麺は生のものを使います。
ブロッコリーじゃなくってケールを使います。
今回、タイのバジルはまだうちの畑では作れていないので、冷凍のやつを使いました。
唐辛子も冷凍もの。


でも、「あ、作ってみるか」と、すぐに作れるって、幸せだなー なんて、今更になって思ったりしちゃいましたよ。
タイではそもそも冷凍庫に霜がビッシリついちゃったりして、どうにも信用ナランと思っていましたが、私も随分と色々冷凍するようになりました。日本人になったもんだな、あたし。

って。
冷凍庫の半分は、なまずのすり身とかコブミカンの葉っぱとかレモングラスとか、日本の普通の家庭ではありえないモノがワンサと眠っていますけど。




さて、この麺メン。
シーフードでやるかお肉でやるか、いずれにせよ、7月のレッスンでやります。
・・・・・レッスンで作る時には、もうちっと美しく作りますね。







[PR]
by salaisara | 2011-06-14 16:09 | 麺料理 | Comments(2)

e0159569_16503930.jpg

最近の、娘の親友です。

名前は 「ピンクのくまさん」

・・・・まんまやん。

好きなんです。
[PR]
by salaisara | 2011-06-13 17:26 | ときどき・娘のこと | Comments(4)

手間をかけるか否か?

うちの男がタイを満喫して戻ってきました。

しかし、その、男のいない間。
日本のお醤油、味噌を使った事、確か一度もなかったような?




e0159569_22371152.jpg

そんな期間中に作ったものの1つ。
ピッガイ・トート。手羽揚げです。
タイ・フレーバーを意識して、ナムプラー、タイのおしょうゆ(シーイウ・カオ)、オイスターソースと、「これを入れれば何でもタイ!」となりえる、パクチーの根っこ、ニンニク、胡椒を潰したものでマリネして 素揚げしました。

ビールに合います。これからの季節にヤバイです。


と。
e0159569_22415433.jpg

お肉の形状が2種類ありますけど。

手羽肉4個中2個は、一部骨を抜いています。
これも、タイの宮廷料理の技術でして。

骨がなくなったら食べやすくなるかなー と、ちょっと試してみたのですが。



骨があろうとなかろうと、手羽先肉は、結局手が汚れる


と、思いました。 だって、手羽先ですもの。手羽の先のところをつかんで食べたいじゃーないっすか。
ここに紙を巻きつけるとかしたら、確実に食べやすくはなりますが、
何となく、個人的に、骨つき肉は骨の間の肉まで、いとおしみながら食べるのがいいんじゃないかな と。



手間をかけるべきか否か、そればっかりは人によりますなー。


レッスンで使おうかどうしようか、この料理はもう少し何度か作って考えます。



[PR]
by salaisara | 2011-06-09 22:48 | 肉料理 | Comments(2)