ハハの味

e0159569_134844100.jpg


ブラジルのソーセージを焼いたやつに挑む娘。
相変わらずよく食べる人なのである。

しかも、料理の国籍を問いません、この人。




昨日は、久しぶりにポテトサラダを作った。
日本のポテトサラダ。じゃがいもを粗く潰して、マヨネーズをぶっちゃりと混ぜたやつ。
ポテトサラダとは、ジャガイモを茹でたり にんじんを茹でたり、みじん切り玉ねぎを水でさらしておいたり、きゅうりを輪切りにして塩をふっておくとか、結構手間がかかるものである。

と、晩御飯に出してみたところ。
うちのオトーチャンの実家では、ポテトサラダにはゆで卵を崩したやつも入っていたという。
私の母が作っていたのは、ポテトサラダにはゆで卵は入らなかったが、スパゲッティサラダやマカロニサラダには、上にミモザにしたゆで卵が乗っかっていた。
家庭の味というのは、色々違うものである。

・・・・となれば。あああ。
今更になって気づいた。

私が娘に作っている日々のご飯は、娘にとっては母の味になるんじゃないか。 気づくの遅すぎ。

e0159569_1432557.jpg思えば、色々食べさせてきたものだ。日本のご飯から中華にイタリアン、たまに韓国、フレンチみたいなのやモロッコ料理やら。もちろんタイ料理にも散々付き合ってもらった。

これらの料理の、何を大きくなった彼女は「カーチャンが作る、あれは美味しかったなあ」と言ってくれるんだろ?

はい、ハハは、これからも精進していきます。



もっとも、若干2歳にして、何でもチャレンジしてくれているから、大きくなって世界放浪の旅に出ても、きっと彼女は食べるものには困らないだろうね。

e0159569_14314163.jpg


いっぱい食べていっぱい寝て、元気に大きくおなりなさいな。


・・・・・って。
どうも最近気になることが。

娘、どうにも足が太すぎやしませんか?  太ももなんてムッチムチだ。

娘よ、これからは安易に「だっこー」とか言っても聞かないぞ。いっぱい動いて食べた分を消費してくれ。
[PR]
by salaisara | 2010-06-29 14:37 | ときどき・娘のこと | Comments(4)

思いつき

e0159569_10293438.jpg


6月のレッスンのデザート。

娘のバースディ・梅酒の梅を取り出して、ついでに梅酒も皆さんにおすそ分けしようと思いついた。
皆さん、お酒は大丈夫と確認済み。
ビール持参でレッスンにいらっしゃる方もおりますし。


が、食後酒というのも、どうかなぁ と悩んだ。

そうだ、梅酒ならゼリーにしちゃえ と ゼラチンで固めてみた。

その後、「そういえばめっきり暑くなってきたし、梅酒はソーダで割りたい気分だなあ」と思ってしまった。



結果。


e0159569_10325118.jpg


ゼリーを味見してもらって、それから崩してソーダで割ってもらった。

しゅわしゅわ・ふるふる・かりかり。
なかなか好評。

思いつきでも、結構サマになるものだ。

センセーが一番お酒にクラクラしていたみたいですが。(昼呑みに弱くなったアタクシ。)


そのうち、大失敗な恐ろしいデザートが出てくるかもしれませんが。デザートは 遊ばせてね。



なお、6月のレッスンのBGMは もちろん、ジェイ・チョウNEWアルバム。
勝手に聴いてもらっています。



こういう、古典ベースの曲も得意なJAY。 作詞の方文山さんの不可解意味深な歌詞も好きなの。

まだMVが出来ていないと思われるが、色々YOUTUBEに出ているのが面白いな。

って、↑ どうして9年前くらいのJayの画像を使うか?(大汗)
[PR]
by salaisara | 2010-06-24 10:43 | ときどき おかし | Comments(6)

クッキーブーム

e0159569_11161268.jpg

私のエプロンをつけてご満悦の娘。
トーチャン、娘をテーブルの上に乗せないで欲しいが・・・・・。
そろそろ娘にもエプロンの1つでも作ってあげようか?・・・・作れるものならね。(ミシンが苦手な私。汗)


娘が「まぜまぜ~♪」好きになったので、少しずつ「お手伝い」をしてもらうことに。

丁度私も何故かクッキーを作りたく(食べたく)なる事が多くなったので、バターと砂糖を混ぜてもらうことも。

カーチャンの出番になって、ボウルを取り上げるとガン泣きしますが。



e0159569_1122121.jpg
写真に撮るとどうにもクッキーが白くトンでしまいますが。(汗)
先日作って気に入ったハニージンジャークッキー、リピートです。
友達にあげたところ、大変美味しかったとのお褒めのメールも頂いたことだし。

覚書で生地の配合を。

薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ1
バター 100g
砂糖 60g
卵 1個
コンデンスミルク 大さじ1(ちょっとミルクっぽくしたかったので。生クリームでもいいか?)

180度のオーブンで15分焼き。




娘が苦手だったらやだな と、ショウガを入れないやつも焼いた。

e0159569_112957100.jpg


何の問題もなく むしゃむしゃ食べていましたけどね。







e0159569_11324826.jpg


ほろほろ・さくさくのビスケットというレシピが本にあったので、是非ベトナムの型を使って焼いてみたいと、早速トライ。

うさぎとか、にわとりとか かわいいと思いますが
魚とかエビというモチーフは、かなりアジアだと思います。 でも、それがまた好き、ベトナム。


・・・・・しかし、焼き上がりは。

e0159569_11402795.jpg


模様、全く見えず。(涙)


はああああ。この型、やっぱりゼリーで使うべき?
[PR]
by salaisara | 2010-06-23 11:41 | ときどき おかし | Comments(3)


冬瓜。夏に収穫されるけれど、まるっとそのまま涼しい所においておけば冬まで持つということから、その名がついたという。

タイ語では、ファク・キアオ。ファク というのは瓜類のことを指し、キアオは緑。
1年中夏みたいなタイでは、いつも出回っています。

旬は7月ー8月のくせに、フライングして走りの冬瓜を探し回りつつ、八百屋さんから聞いた話。

今では味があるようでない冬瓜は人気がなく、かつ、家族の人数も少なくなった日本では、1個まるっと使う人などほとんどいないから、農家でも、昔の80cm長などのビッグサイズではなく、わざと小さいのを作っているという。

e0159569_10151898.jpg

                 ↑
この、まるまる冬瓜は 三浦産のやつ。直径24cm皿にボコンと置けます。

こんな大きさじゃ、カービングに使いたいじゃないか。


・・・・いえ、やりたいのは山々でしたが、幼子が走り回っている時に真剣勝負できるわけでもなく、
彫ってそれをカップにするという目論みで。更に冬瓜を買ってきてスープを入れるにも気力が足りず、(彫ってから加熱するとトロけてしまいます)
レッスンではバックリと切ってスープにしました。


e0159569_10245590.jpg

どうして私が旬の前の冬瓜を汗だくになって探し回ったかというと。

1つには、冬瓜が安くなってから生徒さんにガンガン作ってもらいたいからという以上に

やっぱりカオマンガイ(蒸し鶏乗せご飯)には、冬瓜スープを添えるのがマストなんですもの。

本来は、鶏を1羽、蒸し煮にして、出たスープでご飯を炊いて、更にどっぷりと余った鶏スープに、安くてカサの出る冬瓜を放り込んで カオマンガイのオマケとしてスープをつけてオトク感を出すという、屋台の目論見らしいけど。


ついでに、このレッスンでは、作り方があまりに簡単だったので、簡単すぎるカービングも伝授。

e0159569_1042296.jpg

まず、ネギ遊び その1.
万能ネギの緑の葉っぱの部分を割いて、ナイフの背でしごくか、冷水に浸すと 葉っぱがクルクルになる。

このネギが添えてあると結構カワイイ。

でも、タイでは、カオパット(タイ風チャーハン)にも添えられていて、
箸休め、お口直しにポリポリやる。

生のネギをかじったほうが、よっぽど口が臭くなりそうですが。

・・・私もよくかじっていたけどね。


e0159569_10461924.jpg
ネギ遊び その2.
ネギの青いところを短く切って、両端を細かく割いて水に放すと、端っこが丸まってちょっとカワイイスープの浮き身になる。

他にも色々ネギ遊びをして、好きに飾ってもらいました。


生徒さんたち、ハマりすぎだし。(笑)







e0159569_1052868.jpg


素材紹介ついでに。

先日「欲しい!」とのコメントを頂きました空芯菜カッターは、 これです。

このカッターを持っていない生徒さんたちにも大うけでした。

と、改めて空芯菜の葉っぱを見ると、タイの炒め物に使うパクブン・チーン(中国空芯菜)と、葉っぱに衣をつけてフリッターみたいに揚げるのに使うパクブン・タイ(タイ空芯菜)の中間みたいな葉っぱの大きさ。
これはジャパニーズ空芯菜ということか?
味はタイのでも日本のでも美味しいけど。



e0159569_1101156.jpg


何はともあれ、皆さん、よく出来ました。お疲れ様でした。
[PR]
by salaisara | 2010-06-22 11:01 | 素材・調味料類 | Comments(2)

6月のレッスンのメインは。

e0159569_1242485.jpg


うちのレッスンの看板メニューの1つである、カオマンガイ(蒸し鶏のせご飯)。
今回は空芯菜炒め以外は 生徒さんたちに各自お好みで盛り付けていただきました。
写真はセンセーの盛り付け例です。

これ、日本人の方に人気ですね。
蒸し鶏のあっさりさやショウガの香りなどに惑わされてヘルシーな料理と思われがちですが。
すっとこどっこい、なかなか高カロリーです。
ご飯がたっぷり油を吸っています。

作り方は簡単なので、鶏の育ちの良さやら何やらを除けば、たれの配合が味の決め手。
このタレも、ご飯が進んでしまう要因の1つでもある。


タイ料理で太ったとかいう方は、大抵この料理が大好き。
しかも、タイの1杯じゃ足りないと、2皿とか、最初から注文しちゃうとか。
しかもしかも、2皿目は 更に鶏肉に片栗粉(現地じゃタピオカ粉)をまぶして揚げたやつとか。
・・・・・揚げたやつもサクサク衣で美味しいんだけどね。


と、見かけによらず油たっぷりのこの料理、いくらヘルシーを謳っているうちのレッスンでも、美味しく作るためには油は抜けない。
なので、レッスンの時に「この料理は油を使うからカロリー高いですよー」と説明したけれど
生徒さんがた、皆さんガッツリとお代わりしていました。


皆さん、いっぱい食べてくれてセンセーはうれしいよ。
[PR]
by salaisara | 2010-06-21 13:34 | ごはんもの | Comments(8)

2歳児の運動能力

娘と2人で外の空気を吸うぞ!宣言から すぐにお出かけをしたりしておりました。

e0159569_13444397.jpg


「いっちっだーす♪」

先日、待望のご懐妊をされた元同僚の子と 白金台でランチした時の娘。
彼女がくれた洋服を着ておめかしして、お子様ランチをほとんどキレイに平らげて、更に我々のパンやサラダにも手を伸ばしていた。

食べすぎだっちゅーねん!

こんな娘に暖かいまなざしを送ってくださったSちゃん、それからblue pointのスタッフの皆様、それから、よく食べる娘に「いっぱい食べてすごいねー」などと声をかけてくださった、隣の席のご家族の方々、本当にありがとうございました。

子連れで でもちょっとオシャレにランチをしたい時に使えるお店って、ステキ。

食べる分だけ よく動く。
[PR]
by salaisara | 2010-06-18 14:12 | ときどき・娘のこと | Comments(4)

ナムプラーを使わない?

おとーちゃんが 珍しく仕事で電車で出かける用事があり、
珍しく 「帰りにちょっと友達と飲んでくるから」と連絡があった。

いってらっしゃーい♪

ということで、今晩は、簡単にカオパット。
ご飯も残っていたことだし。

もちろん私はパクチーたっぷりで。


e0159569_1984522.jpg


。。。。やはり、照明の関係で色が悪いですが(苦) カオパット・プー(カニチャーハン)。
何だかそういう気分だったので。

これ、カニの風味を生かす為に ナムプラーを使わずに塩でしょっぱさを調整します。
あとは、色をキレイにする意味もあり。ナムプラーを入れるとどうしても茶色っぽくなっちゃうし。



e0159569_19183283.jpgって。

どうせ、食べる時にナムプラー・プリック(唐辛子入りナムプラー)をかけちゃいますが。


だってー、暑かったから、辛いの食べたかったんだもんー。

ついでに、レモンもきゅっと絞って、さわやかに。

うまい。


これ、結構ビールのつまみとしても食べていました、シーフードレストランで。
モンキーショック(今はバンコクでは営業していない?サムイ島が本店だと聞きました)のやつが美味しかった。







薄味に仕上げたので娘と同じものを頂きましたが、これ、娘に大好評でした。

e0159569_19233591.jpg

「イッチッ ダース!
(いただきます)」

「おいしーねー」







e0159569_19284629.jpg

えええっ!?
私と同じ量(子供茶碗を型にしたもの)を完食?

このほか、トマトとブロッコリーの添え物もきれいに食べています。(汗)

全くよく食べる人である。
[PR]
by salaisara | 2010-06-16 19:31 | ごはんもの | Comments(2)

風通し

e0159569_9471047.jpg


レッスンで新ショウガを使ったのがたくさん残っていたので、はちみつに漬けていた。

紅茶に加えたり、レモンと一緒にソーダで割るのも好きだし、
メロンとか桃とかライチなんぞに加えてマリネするのもいいけれど、
ふと 思い立って 干してみた。

さて、結果は予想していたが。。。。
[PR]
by salaisara | 2010-06-14 10:54 | ときどき おかし | Comments(2)

くるくる。

e0159569_17363055.jpg


6月のレッスン。その2です。
パックブン・ファイデーン。空芯菜いため。

こっちは注文どおり入りましたよ。
ハウスの水栽培で通年、手に入れようと思えば入るらしい。
でも、やっぱり夏の野菜ですね、日本では。


この料理は簡単すぎて、まあ、調味料の配合が決めてですね。

この「赤い炎の空芯菜」という名前は、カンカンに熱したフライパンに、水も滴る空芯菜を一気に入れて豪快に炒めるとフライパンから炎が上がることから名づけられたようですが。

日本の家庭じゃ、危険なのでおやめください。

私は時々やってみるけど。うふ。


ところで。
6月最初のレッスンに参加されたメンバー。
空芯菜カッターを喜び勇んでベトナムで買ってきたものの、ずっと使い方が分からなかった という。

タイではほとんど使わないのですが、折角だから、使い方をお教えしました。

結果。

e0159569_1742139.jpg

シュルシュルカットされた空芯菜の茎が山盛りに。
・・・・・なんか、お素麺みたい。

もちろん、全部食べました。
うちの生徒さん、皆さん本当によく食べてくださる。その上皆さん、おしゃべりもしっかりされながら、大笑いしながらいつの間にか完食なので、センセー、びっくりだ。
[PR]
by salaisara | 2010-06-11 17:44 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(10)

e0159569_13283690.jpg


中途半端に余った牛薄切り肉を使って、夕食にオイスターソース炒めを作った。
ヌア・パット・ナムマンホーイと、タイ語では言います。チュウカ系だけど、タイの甘いお醤油などを使います。
野菜も色々入るので、肉の少なさをカバーできる上に、ご飯にも合う。

・・・・と、丁度これを作った時に、オイスターソースがなくなってしまった。
やばい。すぐに買いに行かねば。

うちは、レッスンで消費するのもあるけれど、普段も中華などでオイスターソースをよく使う。
当然、買うなれば大瓶です。


ということで、最近ショックだったこと。

娘宛に某教材会社さんからダイレクトメールが来ます。
最初は「歯磨きを楽しく習慣づけようセット」とか、「トイレトレーニングをスムーズに終わらせる本&DVD(?)」とか?

大いに心が動きかけた時には急に娘が歯磨き好きになったりして、ご縁がないままなのですが。

ここが最近、「幼児食と大人ご飯を楽に作れる宅配サービス」についてのDMを送ってくるようになった。
一応、中身を拝見して、「そういえば、最近麻婆豆腐を作っていないな」などと参考にさせて頂いているのですが。

その「こういう点でお得!」なコピーの中で

「オイスターソースとか、瓶で買っても使い切れないから、1回分パックはお得だわ」
というのがあったのですよ。


ええええっ!?普通の日本の一般家庭って、一体日々何を作って食べているの?


確かに我が家には、ただでさえ色々な調味料を使うタイ料理を作るうえに、頂いて使って気に入ったオリーブオイルが3種類、気分や料理に合わせて使い分けていたりと、調味料の数はハンパないとは自覚しているものの・・・・・。
小瓶のオイスターソースを使い切れないというフレーズに、自分のガイジン度を思い知らされた気分でした。


この、牛肉の炒め物、娘はバクバク食べてくれました。
オトーチャンは、ほとんど食べてくれなかったようですが。

ちなみにこの日の献立。
私の母が遊びに来てくれて、地元でとれたての釜揚げしらす、朝採りトマトとソラマメをもってきてくれたので、しらすおろしとトマトと茹でソラマメ。

・・・・・シラスはおかわりしたくせにねー。(と、草葉の陰で涙してみる)
[PR]
by salaisara | 2010-06-10 14:01 | 肉料理 | Comments(6)