e0159569_13454837.jpg


牡蠣が好きな人は 大好きな料理。

でも、現地で食べると いささかデンジャラス。

その問題は、お店の問題もあるかもしれないし、その時の、食べた人の体調にもよるかもしれない。

でも、
一番に、 作り方があるかと、アタクシは見ています。

タイ人の先生から教わった作り方だと、牡蠣にしっかり火を通そうとすれば 身が縮むわベトベトになるわで、加減が大層難しい。

そこで、アタクシ、失敗なく、フワ・トロになるような作り方に改良して教えてます。

がっ!

今回のレッスンで。
牡蠣の量を奮発したら、やっぱり「卵はいずこ!?」風になってしまいました。(汗)
牡蠣はチャンと、プリプリっと火は通りましたがね。

ちなみに、日本人に人気のオースワンのお店@バンコクは
スクンビット通り沿い、トンローをちょっと過ぎた辺りにある、「ラーン55」というお店です。
今回のオースワンは、このお店風の割合かも。
[PR]
by salaisara | 2009-01-30 14:08 | シーフード | Comments(6)

e0159569_10461263.jpg 
1 美味しいコーヒーを頂いた。

2 妹が さくっと 遊びに来てくれる。

いこーる

More
[PR]
by salaisara | 2009-01-29 11:16 | ときどき おかし | Comments(0)

e0159569_11185475.jpg


娘の離乳食にトマトを使った。
ついつい、皮を剥いて バラの花に仕立ててしまうアタクシ。

このバラの花を作る場合、
まず、ヘタのところを えいっと 半分くらいまで平らに切りとってから 続けてナイフをグルっと回して方向転換をして、それからリンゴの皮むきみたいに剥いていく。
そうしておいて、巻く時にはお尻のほうから巻いていくと、最初に切り取ったヘタの部分がうまく台になってくれます。

これは、カービンブナイフがなくても、簡単に出来るカービンング。
お皿には・・・・
置き方によっては キッチュでかわいいデコレーションになりますが、
ちょっと間違えると どうにもコテコテ、ダサダサな1皿に変身してしまうので、注意が必要です。
[PR]
by salaisara | 2009-01-28 11:40 | その他 | Comments(2)

美味しいコーヒー

e0159569_9515023.jpg


生徒さんからの いただきもの。

ご自分で、手煎りされるそうな。
酸味と苦味の塩梅が、めちゃくちゃアタクシ好みです。

何と、このコーヒーの豆、タイ産と、確かコロンビア?のブレンドだそうです。

そう、
タイでも、コーヒーが栽培されてます。

有名なのは、現・ラマ9世プミポン国王のお母様が始めた事業で
「麻薬(ケシの実?)の代わりにコーヒーを」
のキャッチフレーズではじめた、 ドイトゥン・コーヒー。

と、今更ながら思えば。

私がタイに住み始めた 約10年前なんぞの、「どれだけ深煎りなんだよ!どんだけ煮出したんだよ!!」と怒りたくなるようなコーヒーが平気で出てきたのを思えば、随分な進化じゃないか。


美味しいコーヒーの普及と都市の発展度は比例するようです。


何はともあれ、Tさん。美味しいコーヒーを、本当にありがとうです。
おかげさまで、本当に、ステキな煎り具合の、香りのよい 美味しいコーヒーを頂くことができました。


・・・・さて、となれば

やっぱ、これに合うような美味しい茶菓子の1つでもなくっちゃね。(にやり)
[PR]
by salaisara | 2009-01-27 10:43 | ドリンク類 | Comments(0)

e0159569_12444183.jpg

やってみたかった、蒸篭デコ。

ナムプリック・ヌムといいます。
タイ北部の、大きい黄緑色の唐辛子(プリック・ヌム)を使った料理。
プリック・ヌムは、あんまり辛くないです。
北の料理自体、辛さはマイルド。

でも、北の料理・・・・ 
ゲーン・ハンレーもしかりですが、
地味です。

野菜の色彩にまぎれて、主役が何処にいらっしゃるのか分かりませんな、この写真だと。

More
[PR]
by salaisara | 2009-01-26 13:19 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)

お礼ケーキ

e0159569_10164388.jpg


写真は、自分食いお味見用に作ったバージョン。
タタン・ジャムを敷いて、上に甘さ控えめのバターケーキ生地を流して焼いた、タタン・ケーキ。

再びジャムを作りたいから消費したとは、まあ、言わないでおいてください。


しかし、夜に料理の写真を撮るのって、難しいですな。
うちの照明に問題ありか。
[PR]
by salaisara | 2009-01-23 10:12 | ときどき おかし | Comments(2)

e0159569_10105836.jpg


学生時代の部活の先輩から、「OB会のメーリングリストで公開するための、現役時代の写真を提供するように」との指令を受けたので、速攻写真の箱を引っ張り出して、みんなが写っているやつを見繕って送ってみた。

程なく、「ありがとう」というお手紙と、美味しいコーヒー豆と一緒に写真が返送されてきた。

いえいえ、お手伝いできて光栄なくらいなので
せめて、お礼に ケーキでも焼いて送らねば♪

・・・と、言い訳せねばケーキも焼けないのか、アタクシ?

と、本日、今から何のケーキにしようか、ルンルンでございます。


写真は、娘の誕生祝いに友達が駆けつけてくださった時に焼いた、梅酒の梅ケーキ。

・・・って、あたくし、ちゃんと子育てしているのか?(汗)
[PR]
by salaisara | 2009-01-22 10:32 | ときどき おかし | Comments(0)

e0159569_945405.jpg


これは、日本のアサリで作ったものですが。

タイのあさりと日本のあさり、殻の模様が違います。
もうちっとダイナミック(悪くいえば雑?笑)な模様だったな。
そういえば、台湾で見たあさりも、また違ったデザインだった記憶がある。

あさりの殻の模様はお国柄を反映しているのか?


とはいうものの、味は、ちゃんとアサリです。

タイ料理の中で、 あさりを使う料理でメジャーなものは、この、ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ(あさりのチリ・イン・オイル炒め)。
おつまみでもいいのですが、どちらかというと、ご飯が進む味付け。

この料理のポイントは、 生徒さんにも毎回びっくりされますが

仕上げに牛乳を入れること。
味がまろやかになります。

牛乳(というか、現地では、主に缶入りコーヒークリームを使用)は、トムヤムクンにも入れるし、プーパッポンカリーにも入れるし、そんなにビビルほどの事ではない。

そういえば、もっとメジャーな あさりミルク料理に クラムチャウダーがありますね。

と、いいつつも、私は、牛乳を入れないバージョンも好きです、この料理。
[PR]
by salaisara | 2009-01-21 09:54 | シーフード | Comments(0)

e0159569_9582459.jpg


バンコクの アパートにて。
娘を抱っこしているのは 管理人さん。 住んでいた頃は、大変お世話になりました。

で、娘と握手しているのは、確か、おかーさんはオランダ人だったかと記憶している。
もうすぐ3歳。

しかし、
ファラン(白人)の子は、白いですな。でかいですな。

このあと、事件がおきる。
[PR]
by salaisara | 2009-01-20 10:07 | ときどき・娘のこと | Comments(2)

e0159569_102179.jpg

以前、色々な方が紹介されていた タタンジャム。
ずっと作りたいと思っていたものの、それらの記事を見つけたときは、リンゴの季節が丁度過ぎ去った頃。

たまたまこの前の週末、

いつもは我が物顔で部屋中を這い回る娘が 昏々と昼寝をしてくれ、
いつもはあてども無く出かけたがるダンナも釣られてグーグー寝てくれていて。

掃除、洗濯も済んだし。

りんごもあるし。

こりゃー、今のうちに遊んでしまえー!と、 じょんじょんと作ってしまった。

いや、このジャム。

地獄の釜状態のカラメルに材料を放り込んでいくといったダイナミックな工程、あたくし、大好きです。

・・・という割には、カラメル、もっと怖がらずに焦がせばよかったかと、反省。

More
[PR]
by salaisara | 2009-01-19 10:26 | ときどき おかし | Comments(0)