最近の つれづれ。

すいません、すっかり更新が遅れました。

色々ばたばたしていて、こちらを更新する時間が取れませんでしてん。
写真すら、ほとんど撮れない日々でした。

e0159569_15502956.jpg

去る10月6日は、近所の小学校の校庭借りての 幼稚園運動会だったのですが。

母、係の仕事に忙しすぎて、写真なんてこれ1枚っきりしか撮る暇なかったし。


いや、それなりには楽しいですよ。パン食い競争のパンつけて紐を持つ係とか。
園児リレーのコースアウトを阻止すべく、人間コーンになっていたり。
器具発表のマットレスや跳び箱を出し入れする仕事とか。
こういうのは、面倒なんて言ったらきりがないっちゅうか。


その他、色々重なってましてん。
[PR]
by salaisara | 2012-10-09 16:50 | 泰国的なこと | Comments(12)

ロングラン

お互い忙しくてあえないお友達と、お正月の挨拶をfacebookなどでしてしまったら、
そのまま日々、たらたらと文通してしまったりしているお友達がいたりして。

こういうお友達繋がりもいいでしょう。

そんな1人、
「このところよく仕事しているイケメン料理人君が、最近タイにはまりよく出かけているそうで、もう羨ましくて羨ましくて…。」

タイも羨ましいが、イケメンと仕事が出来るほうが若干羨ましさ度合いが濃いというところ、アタクシもすっかりオバチャンになってしまったのでせうか?

それでもまあ、売れっ子イケメン料理人君が、タイを好きになってくれてタイ料理もじゃんじゃん紹介してくれて、タイ料理ファンが増えてくれれば、オバチャンも言うことなしでござます。


さて、話し変わって、1人でタイをほっつき歩いてきたお陰か、最近上機嫌のオトーチャンからの情報。

このCM、私がタイにいた時(2003年だか04年だか)に大流行したのですが、未だにBTS(スカイトレイン)の駅構内(本人は車内といっていたが、車内ではやらんだろう)でCMが流れているとか。↓




娘がこのCMに釘付け。
「しんめちょーだい、もういっかい みるのぉ!」と、何度見ているやら?(汗)


いくら受けたからといって、ちょっとロングラン上映すぎやしないか?

ちなみに当然、このお茶、甘いです。



ついでに。
このCMと同じ時期に、「いもむしなんぞに構っていられるか!」とばかりに凝視していた、
多分、アタクシがジェイ・チョウに心奪われたきっかけの1つであるCMが こちら。



かわいかったねえ、ジェイ。 
本当にマジックしています。指がきれいなのー♪ この歌も大好きなの~♪
タイにもプロモーションに来て、TV出演して、セクスィーねーちゃんたちにいぢり倒されてやんの~♪

・・・・いかん、そろそろ、目の保養をしたほうがいいということだな、ここ心の在りようは。
[PR]
by salaisara | 2011-01-14 15:20 | 泰国的なこと | Comments(10)

e0159569_11211484.jpg


とはいっても、行ったわけではございません・・・・・今年は。

そりゃー、今年も、行きたかったタイ。
[PR]
by salaisara | 2010-12-24 11:47 | 泰国的なこと | Comments(6)

仏様と ご利益と。

e0159569_1532318.jpg


そういえば。と、昨日、気づいた。

玄関に飾ってある、アンコール・ワットの仏像の写真を、1人で出かけるときには、今日も無事に過ごせますようにと、軽く拝んでいる気がする。

*娘と一緒に出かけるときは、もう、しっちゃかめっちゃかなので、拝む余裕も何もないのだ。(苦)

この写真、別にご利益があるとか、高値で買ったとか、そういうのじゃーなくって。
単に、その昔、モトカレが、自分で撮ってきた写真を現像して、私の誕生日にプレゼントしてくれたものなのだけど。

何故、気づいたかというと。
[PR]
by salaisara | 2010-10-28 16:41 | 泰国的なこと | Comments(5)

e0159569_10262614.jpg


クロントイ・スラムの中。 何てことない風景に見えるが、すさんだフオンな空気が漂っている。

今回のタイ旅行で、ここも行きたいところの1つでした。

子供に会いに。
[PR]
by salaisara | 2010-01-15 14:12 | 泰国的なこと | Comments(2)

e0159569_113856.jpg

タイの おうちやらビルやらには、必ず祠がある。 見つけたら手を合わせてみよう。


大阪からタイ料理仲間がやってきた。彼女の友達がやっている、新橋のワインバーで会いましょうということになった。

お店の開店時間、待ち合わせの時間よりも早めに到着しそうだったので、途中、品川駅で降りて、本を買ったり寒中見舞いカードを買ったりして、ちょりっとスタンドでコーヒーを飲んだ。

会社帰りの人で 夕方の品川駅はすごい人ごみ。

温かいコーヒーでほっと一息ついて、何ともなしに周りを見てみると。

・・・・日本人は、なんか、硬い。 人の多いところに行くとよく思うのだけど、みんな、透明な殻をかぶっているみたい。自分の世界だけを背負って、せかせか歩いているみたい。
みんな、タイみたいに、祠を見かけたらサッと手を合わせるくらいの余裕があればいいのに。
席が足りなかったら「こっちに座りなさいよ」とか、席を詰めたりする余裕があればいいのに。

何だか知らんが、この「硬い空気」は日本、東京で特に感じる。
他の諸外国の都市に行っても、例えばパリの小路の両側に聳え立つ石造りの建物に多少の圧迫感を覚えたことはあったけれど、人が固いと思ったことはなかった。
日本の水は びっくりする程柔らかいのにね。
日本で便秘になりやすい私は、タイの硬水が合っているらしいというのが、今回の旅行で分かったのさー。るるる~・・・・。

バンコクに住んでいたころ、東京に行く仕事があって、丁度朝の通勤ラッシュの電車に乗ったところ、
「うがー、みんな同じ顔して同じような格好して、しかも、みんな表情がない!怖い!!」とパニックになりかけた。

東京って、昼間にちょっと買い物するくらいならいいけれど、そこに居続けるには妙なパワーの必要なところだと、思った。

こんな私も、かつては毎朝満員電車に揺られて東京のオフィスで働くOLだったのに、
もう、あたしゃー東京では働けないな。



看板が見えづらいからいちげんさんはまず入ってこない、新橋のワインバーでは、友達と久々にたっぷりお話ししたり、他のお客さんともわいわいおしゃべりしたりと、とっても楽しかった。



だけどだけど・・・・・。

家に戻って、化粧落として歯を磨いて、寝巻きに着替えて娘の横に転がりこんグーグー寝たまではいいのだが。

品川駅、新橋駅辺りからくっついてきたらしい「マイナス・オーラ」らしきものが背中にベッタリ張り付いたようで、背中がドヨヨンと重いんですけど。
それは絶対、軽い二日酔いのせいとは別物だ。うん。
[PR]
by salaisara | 2010-01-14 11:42 | 泰国的なこと | Comments(6)

高架下でモノ思う。

e0159569_1127677.jpg


正月明けのバンコクは、 そりゃーもう、大渋滞でした。
仕事始めのアタフタありぃの、おまけに、渋滞すること必至なところに限って橋の工事をしていたり。

これも、バンコクの風景 ということで。

3年ぶりに 考えてみた。
[PR]
by salaisara | 2010-01-13 12:24 | 泰国的なこと | Comments(4)

日曜日。
またしてもオトーチャンの悪い癖が始まった。
あてどもなくさ迷い歩く(もしくは車でさまよい走る)こと。

そういうのはアタクシ、1人のときにはやるけれど、ムダに連れ回されるのは真っ平御免なので、すかさず提案した。

黄金町に行こう と。
丁度、黄金町バザールの 最終日だったのです。
e0159569_10564225.jpg


ここはかつて、タイ人のオネーチャンつきの飲み屋さんが乱立して、売春なんぞも盛んだったとのこと。
それが近年一斉摘発、オネーチャンたちは強制送還、
同時にオネーチャンたち御用達のディープに現地的味を守っていたタイ料理屋さんがバタバタと潰れていったというところでして。

その後、空き店になったところをアーティストの方たち借りて色々と面白い事をやっている。

そんなお店の1軒、ピカリと私のツボにはまっているっぽいお店を発見。
娘をオトーチャンに預けてチョット覗いてみた。

ふとタイ語が聞こえてきたので思わずタイ語を口にしてしまったことから オーナーさんと話し込んでしまいまして、お互い色々と「あー、そこ、知ってる、懐かしい~」などと 大盛り上がり。

聞けば、タイで面白いレストラン、ホテルを展開している「Reflections」のオーナーさんと仲良しとのこと。
ソイ・アリーにあったころのレストランには何度か行っていたので、話が合う合う。

いやはや、それにしても、私の行くところ、どうにもタイにぶち当たるような気がするわ。
荻野さん、これからも仲良くしてください。

asian gallery GREENCRAFT
神奈川県横浜市日ノ出町2-145先 日ノ出スタジオ内




e0159569_1120851.jpg
変かもしれませんが、あたくし、黄金町、日の出町、野毛あたりの、昼間の雰囲気が好き。
夜のギラギラ・ギトギトとは打って変わって 気の抜けたような 閑散とした空気が 昼間のパッポン通りと同じ。
パッポンの路地裏にあるスーパーマーケットなんぞが御用達だった私にとっては、なんだか懐かしいのです。



結局私は、アジア的な雑然としたものが好きなんだな。




おまけ 踊る娘。
[PR]
by salaisara | 2009-09-28 11:54 | 泰国的なこと | Comments(0)