カニはやっぱり・・・・・ プーパッポンカリー

インド産の渡りが二を見つけた。
「お吸い物に」と書いてあったけれど。

e0159569_1122564.jpg

作るんだったら
やっぱ、コレでしょう。





日本では、主に渡りガニを使って作る、プー・パッポンカリー。
タイでも、青い渡りガニ(プー・マー)を使うこともありますが、
一番ゴージャスでポピュラーなのは、プー・タレー(マッドクラブ)、殻の固いヤツで作るもの。

・・・・
一度だけですが
タイで教えていた頃、

レッスン用に前日から仕入れていた、このプー・タレーちゃんが
夜のうちに縄を解いてシンク下に逃亡、目が合うや否やハサミを振りかざして威嚇してきた事がありましたっけ。


タイの、シーフード屋さんの店頭に、ふん縛られて整列させられているカニ君たちがおりますが、
あんまり不用意にこづいたりしないほうがいいです。
知り合いで、密かに縄抜けしていたカニに反撃されて、2針ほど縫った方がいらっしゃいます。


渡りガニで作ると、なるほど、いいおダシが出て美味なのですが、
日本人は、カニといえば身を食べたいらしい。


と、いう時に、今度は北海道産の、ちょっと立派な人を発見。

e0159569_1118046.jpg

          毛ガニ・パッポンカリー。

渡りを使うよりもゴージャスですね。

コレも美味しかったには美味しかったのですが、

さばく時、とげとげがメチャクチャ痛かったんですけど。(怒)

食べるときも、毛に卵が絡まってしまい、チューチューしようにも、口が痛くてチョイといただけなかった。


でも、やってみて ちょっと満足。
[PR]
Commented by Kaz at 2008-11-19 18:19 x
こんちは。

早速遊びに来ました。

ぶーバッポンカリー、美味しいのですが、身をほじくるのがやや面倒?

こちらのOFF会メンバーで約1名、蟹を甲羅ごと食べてしまう方がおられますが・・・。
Commented by salaisara at 2008-11-20 14:18
ご訪問、ありがとうです~。
この料理、バンコクのレストランでは「カラなしでお願い」というと、殻をとって出てくるらしいのですが、どうにもビジュアルがいただけないです。

カニの殻ごと食べる方って。(驚)
それは、タイの、あの、殻の固いやつですか?
by salaisara | 2008-11-19 11:29 | シーフード | Comments(2)