骨抜きの 幸福

e0159569_14502248.jpg
先日、 久々にレッスンにいらした生徒さんが。

「今月は、クリスマスパーティみたいに豪華ですねー♪」と 喜んでくださいましたが。

12月は12月で、 タイ料理でがっつりクリスマスパーティでしたから。


タイ料理って、簡単な割りに 手作りしたというと、インパクトが大きいし、
簡単なのに、おうちで作るやつが(辛味とかの調整とか) 一番自分好みに美味しくできるから、
自分で作れると、すごくお徳です。


で。そうそう。
今月のメニューは、 パーティ向け というよりも。 王様向け。
宮廷料理 っていうカテゴリーのお料理、やってます。


その中の1種。

e0159569_14581698.jpg
手羽先フライ。

こいつ、ただものじゃないのです。 

骨が ないんです。

いや。正確に言うと。 骨、抜くんです。

さすがは宮廷。
王様は、手羽先の 骨にかじりつく、なんてしないんですね。


そして、現代の我々も これ たべてみると

「骨が抜かれた手羽先って、 どうしてこんなに食べやすいんだろう」と、うっとりします。

骨抜いたあとは、ちゃあーんと、 現状復帰 として、肉やらエビやらが詰まってる。


骨とかついた料理が「面倒くさい」と苦手な男子なんかが、 絶対に好きになるだろう。



この、幸福の手羽揚げ。

今月は、 新たに28日(日)10時半より 追加で募集いたします。


ざぼんのサラダと共に、 4年に一度のこの機会、どうぞご検討のうえ、

こちらより お問い合わせくださいませ。




[PR]
by salaisara | 2018-01-16 15:11 | 肉料理 | Comments(0)