本場そのまんまの作り方をやっていられない場合もあるんだよ。 /10月のMonthly Lessons

e0159569_18194720.jpg
9月のMonthly Lessons,  快調に開講中。

・・・・とおもいきや。

実習の前に生徒さんに カオマンガイ好き?と問うと、

「前に食べたことあるけど、 美味しいは思わなかったんです」というご意見が あちらこちらから。

OMG!


ええ。もちろん、美味しい作り方をお教えして、 おうちで作ります、お弁当にもって行きます!と、 
がっちり胃袋つかませて頂きました。


今まで どこぞやで食べたカオマンガイにがっかりされた方は

9/17か26日には、 若干のお席がございますので、 お問い合わせくださいませ。
その他の日程は、9月中は、 日程によっては要相談、 2名様以上で開講させて頂きます。

カオマンガイを極めてみたい方、 どうぞ、 ご連絡くださいませ。







さて。その、カオマンガイ。

e0159569_18360671.jpg
うちのレシピは、 多分、タイの一般的な 「味自慢」のお店とは、 ちいと違う形で調理します。


*** が 味を決めるわけじゃない。


というか。

***を 決め手にくるには、 家庭で作るハードルが高くなりすぎます。


だから、敢えて ***を やめる。

すると、クリアで飽きないあじになります。



それは、私が悶々と考えて、 生徒さんの声を聞いて、 試作して、 
簡単で、確実に美味しくなるよう、 
おそらく タイでやったら えー、それ、やる? と、非難されるかもしれない 作り方します。


でも、 美味しい、って、 今まで食べたカオマンガイとは全然違って美味しい! と 実際に、言っていただいてます。

いくら 本場仕込っていっても、 それで美味しい!って、 目ぇひんむけなかったら、
それは 改良すべきだと 思います。



あ。 ***はともかく。


うちのカオマンガイに欠かせないお鍋。

e0159569_18363188.jpg
忘れもしない。
2003年に、 セール期間中だったシンガポールから、タイに抱えてきて、 未だに現役でカオマンガイ炊いている、 ルクルーゼ。

中はお見せできないくらい、使い込んでます。

でも、生徒さんからは 「美味しく炊けそうな、使い込まれ方ですね」 ですって。


まったく。 いつも、ほんの少しだけ ごめん、って、思うんですけど。

フランス生まれのくせに、 
圧倒的に タイ料理作りに使われて、
ごめんな、 ルクルーゼ。


と。

いきなり話題は10月ですが。


10月は
「レモングラス祭り」します。


メニューは
1 ヤム・タクライ
レモングラスのサラダ。 あの、硬いやつを、ばりばり食べられます。
すごくヘルシー。 レモングラスの香りにまみれてください。

2 ガイ・タクライ 
チキンのターメリック揚げ、レモングラスソース

e0159569_18534778.jpg
うちのレモングラスチキンは、レモングラスをかさかさに揚げるバージョンと、ココナッツミルクとあわせてソースにするバージョンの
2バージョンるのですが、
今回は、レモングラスソース です。
おいしすぎて、2人で600gの鶏肉がお腹に収まったという伝説もあり。

3ゲーン・ソム
サワーカレーです
トムヤムよりもまあるい酸味で、私は個人的に一番好きな部類のカレーです。
そのときのおいしそうな野菜とエビで、あっさりスープカレーに仕上げます。


レモングラスにどっぷり浸ってみたい方、  まずは、 ご希望の日程をお知らせください。
現在先行予約中ですが、
希望日は、基本、言った者勝 みたいなかんじです、うちのレッスン。


まずは、ご興味ある方は、一度ご連絡くださいませ。


お問い合わせは
contact より お願いいたします。



[PR]
by salaisara | 2017-09-10 18:56 | ごはんもの | Comments(0)