タイ料理は 悩める女子によく効くということ。

夏祭りに出品するのは、 ソーセージくらいかな、と 思っていたのですが。
まさかのカレーもがんばって作ってくださり、 しかも、好評だったとのこと。

センセー嬉しいわー。
e0159569_09474371.jpg
しまなみ海道の 伯方島で 13日に行われた夏祭りで
先日みんなで作った カレーとソーセージが販売されました。

聞いたところによれば

小学生男子が 美味しいからと、おかわりしたとか。

いいぞ、小学生男子。 数年後、絶対いい男になっているであろうよ。
いや、 あたしは彼のこと、見てはいないんですけど。


島女子がイノシシとカレーペーストに奮戦している間、
あたしは、指くわえて島の情報キャッチしながら、
実家近くの相模湾の某所のビーチで うちの小学生の水泳特訓を施していました。







それにしても、 いいですな。上げ膳据え膳。


しかも、ばーちゃんは、孫がもりもりご飯を食べる姿を見たいがために、
ご飯からデザートからおやつから、 色々なモノを冷蔵庫から出してきます。

その容量以上の 異界に通じるスペースが絶対どこかに潜んでいると思われる、 実家の冷蔵庫。


そんな、日々を過ごして 家に戻ってきたら、

今度は 庭のタイハーブが、 そろそろ食べてくれ、 食べねば野放図に伸びてやる、 もう花咲かせたろか、
と、 訴えてくる。


そういうわけで。

そこかしこに、材料がもさもさ生えているのを かき集めたところ。

ものの30分程度で、 ランチ、できました。

e0159569_10193550.jpg
はい。 日本人が大好きな、 グリーンカレー。
おそうめんにつけて食べると、 タイでいう、カノムチーン・ゲーンキアオワーン ってやつに相当します。

ちなみに。
このグリーン、 嘘偽りなく、100パーセント 天然色素です。


タイのカレーペースト。
すごーく 作るのが難しそうなイメージがあるようですが。
まあ、材料さえそろっていれば、 ざくざく刻んでペーストにするだけなんで、 簡単です。
しかも、辛さの具合は 自分でその日の気分で好みの辛さに仕上げられます。
しかもしかも。 ペーストの材料のハーブ類は、 全部冷凍できます。

だから、 食べたい時に 冷凍庫からぽいぽい出して、 ざくざく切って、 ペーストつくれば、
あとはココナッツミルクとなじませて、 具を入れてさっと煮込んだら 出来上がり。

(ペーストにしてから冷凍はどうでしょうかという話ですが。 砕かれてく空気に触れる面積が多い分、香りが飛びやすいので、
 どちらかといったら、 そのつどガーっとペースト作ったほうが 手作りの醍醐味として いいと思ってます。
  もしくは、ペースト作ったら、完全密閉で急速冷凍ですね。)


そして、カレーペーストに入っているハーブ類。
レモングラスやら、しょうがの仲間やら、 そのまんまでは、繊維がさがさで、 よう食べられませんわ~ という代物が
ワンサと、完全にペーストと化しているわけですから。


タイカレー食べると、 めっちゃ、 お通じがよろしくなるのですのよ、 お嬢様。

そもそも、消化を助ける、胃腸の働きを助けるハーブが、 丸ごと砕かれてペーストとして入っているので、
食べた後も、お腹すっきりなんですわよ、 奥様。


ということで。
我が家、 旅に出たりして、 たらふく美味しいもの食べてきたりしたあとは、
手作りペーストのタイカレーで、 リセットすること、多いんですのよ。


って。 グリーンカレー。
次はいつmonthly lessonsで登場するかは 未定ですが。 ( 来年、回せるかなあ。。。。)

8月のレッスンでは、 このカレーペーストが 更に 「ハーブ食ってます!」感に浸れるお料理、作ります。

e0159569_10345488.jpg
クアクリン・ガイ っていう、 南部のドライカレー? 
こんちきしょー とばかりに、 滅多打ちにペースト状にしたハーブを
ココナッツミルクなどに溶かすこともなく、鳥そぼろに絡めます。
更に追いハーブも仕上げに加えて、
ハーブ食っている感、全開なお料理です。

先日、プライベートレッスンで でこれをリクエストされた生徒さんが
「この、草食ってる感、たまんない!」と、 きれいに平らげてくださいました。


8月のmonthly lessons,
現在の残席状況は

25日、28日、29日 ともに、 若干のあきがございます。


夏休み、色々食べ過ぎて体が重たくなったわー と感じられた方、
一度、 タイ料理でリセットしてみることを お勧めいたしますことよ。

お問合せは 
contact より お願いいたします。





[PR]
by salaisara | 2017-08-16 10:42 | カレー | Comments(0)