レッドカレー / そこ、感心しどころですか?

e0159569_17312768.jpg

まだ6月ですが、 7月のレッスンメニューを、
プライベート・レッスンで作りました。

七月は、 日本にいないから、でも、レッドカレーは絶対習いたい とのこと。

いや、あたし、自分で教えていて、なんなんですけど。

e0159569_17354207.jpg
レッドカレー、 美味しいわ。

今回の生徒さんたちも、 御飯がからっぽになっても、 カレーのスープだけになっても、
止まらないーと、 飲み干してました。

なんかね。
スパイスやハーブを自分でブレンドして作るカレーは、 ほんと、 全然お腹にもたれない。
野菜もたっぷり入れられるし。

でも、作り方は、ごくごく 簡単です。

日本人がやりがちな ****は厳禁 とか。
びっくりされがちな作り方ですが

「こんな ***で、 こんなに美味しいカレーが出来ちゃうなんて」

と、目ぇひんむくこと、 確実です。


7月のMONTHLY LESSONS の 開講決定日は 
7月3.6.と、16日です。

残席わずかになっておりますので、 お申し込みはお早めにお願いいたします。


で。あ!
6月のレッスンで作った お料理の紹介を1品、 まだでした。








e0159569_17404950.jpg
パット・パック・ルワンミット  ミックス野菜炒めです。

野菜炒めを わざわざ習う意味あんのか?

あります。うん。

タイの作り方は、 油を少ししか使わないです。
栄養もスープに溶け出すので、 さらさらタイ米にツユダクでさらさらいただけば、
栄養も残さず摂取できます。


これ、私個人的には
タイ在住時代、 近所のぶっかけ飯やで よく頼んでいた。

だって、当時は一人暮らし。
野菜を自分で色々買ってくるよりも、ぶっかけてもらうほうが、 コスパよし。
しかも、野菜だけじゃなくって、 エビまで入っているんだぜ。

空芯菜炒めなんて、 頼んでいる場合じゃないぜ。
*空芯菜炒めは 空芯菜買ってくれば自宅でちゃかちゃか作れるの故の 強気発言


で、さて、ここはジャパン。
彩よく、美味しい野菜取り揃えて、 はい、お教えしました。
ささっと作れて、しかもヘルシー。
どうでしょ?


しかし、毎回 生徒さんたちの感心は、 先生の思わぬ方に 集まった。

e0159569_17500911.jpg
人参って こういう切り方にしただけで、 すごくかわいいですね♪


そこですか、受けどころは?

そうですね。 ほんと、ほーんの少しの細工で、 ただの野菜炒めて、 かわいい野菜炒めになる。

教えてよかった、野菜炒め。








[PR]
by salaisara | 2017-06-22 17:54 | 野菜・サイドディッシュ系 | Comments(0)