意外なジャパン食材がタイ料理になること/イベントお知らせ/6月のレッスン

春になって、 何かと忙しく、
またまた更新が滞ってましたが。

e0159569_09452772.jpg
生きてます。大丈夫。
ちゃんと5月のレッスンも 始まってます。

そういえば。
先日来られた生徒さんに言われたこと。

その方は、いろいろなお教室に通われていて、
でも、ご主人から、 いくつかのお教室は、行かなくてもいいんじゃない?とか、言われることもあるそうで。

恐る恐る、うちは大丈夫?と聞いたら
「ボス(彼女はあたしのことを、ボスと呼ぶ)の教室は、主人が是非習って来いと言ってるんで」
とのこと。

あ、今までも、結構いらっしゃいました。
主人が、子どもの面倒は見るから、おいしいカレー習って来い!と、送り出してくれる、とか。
以前は、「今日も美味しいの習ってきてねー!」と、家族に見送られて新幹線に乗ってこられたご婦人とか。

ジャパニーズ・メンズの胃袋もつかむ、うちのタイ料理。(がっつ)


あ。
今月、横浜でお教えしているお料理のうち1品は、 7月に 神戸でもお教えします。




ちょっと、レッスン中にあせって撮影しているので、 まだいい写真が撮れていなくって申し訳ございませんが。


e0159569_09452285.jpg
パット・プリッキン という、カレー料理です。

これ、個人的に 大好きで、タイに住んでいた時、近所のぶっかけ飯食堂で、 よく頼んでました。
ココナッツミルク入れない、あっさりカレーがしゃきしゃきインゲンに絡んで、
すかっとした、食欲そそる香りで、 ごはんがサラサラ食べられる。

近所の食堂では、インゲンの他に、恐怖料理 と あたしが恐れおののいている、
カリカリポークを刻んだやつが絡んでいました。

プライベートでは、 よう作らん!と いうお料理を頼むと、すごく得した気分になる
というのが、この料理をよく注文していた理由の1つかもしれませんが。

そうじゃなくっても、ほんと、好き、この料理。
カレーペーストの材料もシンプルだし、 インゲンのしゃきしゃきと、お肉のカリカリがのコントラストが好き♪


・・・・でも。 はい、よう作りません、恐怖料理。


じゃ、今月と、7月の神戸では、 蛋白質は 何を絡ませるかというと。

もう一度、パットプリッキンの画像をどうぞ。
e0159569_10124641.jpg
お皿の左側。 天かすみたいな、かっさいやつ。
お魚を揚げたものです。

こんな魚、おらんやんー、 と お思いのあなた。

すっとこどっこい。 ジャパニーズが大好きな あのおさかななのです。
ナムプラーもおいていないスーパーだって、 この魚は売ってるはず。

この、天かす魚フレークと、しゃきしゃきインゲンと、あっさりカレーを御飯にかけると、
まー、御飯の進むこと進むこと。


サロンでのレッスンは、 今月はあと、25日、28日、29日に開講します。
お問合せは contact より お願いいたします。


それから、神戸で開催するワークショップ。
ブログでの告知が遅れてすいません。

         ↑
タイにも何度も来てくださった、 西の友人が 呼んでくださいました。
7月9日、 住吉駅直結の会場で、 
簡単に、でも、一口食べたら 明らかにタイ以外にありえない味わいのお料理をお教えします。

べたべたな、 メジャーなタイ料理じゃないところが、たぶん、あたしが神戸に伺う価値というもんなんだろうな。


お問い合わせは、 たなかまみ先生まで よろしくでございます。



それから、 話はまた 横浜に戻ります。

6月のレッスン、 先行予約が始まりました。
いまのところ、 さっそく6月13日(火)の開講が決定してます。

2017年6月のメニューは、

カオパット・ガイ(鶏肉入りタイ・チャーハン)

パット・パック。ルワムミット(タイ風ミックス野菜炒め)

クン・ホム・パー (エビ・イン・ザ・ブランケット もとい。 まるごとえび春巻き)


ちょっと、基本に戻ってみました。
6月のメニューも、 作りやすいわりに、 がっつり、タイです。
たぶん、ご旅行などで 町の食堂や屋台で食べた事のある方は、
食べたとたんに、「ああ、べた暑い中、お風呂椅子の高くなったようなプラスチックのいすに座って、 食べたよな、こn味」
と、なつかしさに浸れる事、間違いなしの味です。


宮廷料理から、屋台料理まで、何でも来いの、SALA ISARA。

どうぞ、一度遊びにいらしてくださいませ。










[PR]
by salaisara | 2017-05-17 10:41 | Comments(0)