「ほっ」と。キャンペーン

ギャップ落ち

e0159569_11361021.jpg
1月最初に使った画像を、再利用してみますが。

まず。
お料理教室で 実習のテーブルが寂しい事になっていると、
なんか 拍子抜けしますね。

でも、そのあと、 

e0159569_11384981.jpg
作っているもモノの可愛さに 「きゃー♪」となると、
最初のがっかりか、 期待しなかった分だけ、 盛り上がりの程度が高くなるわけですね。

こういうのを、 あたしは「ギャップ落ち」と、いってます。

あるでしょ。

例えば、 

お料理出来なさそうな子が、 持ちよりパーティで実に手際よく料理を準備したり、
しかも、持ってきた料理が タイ料理だったりして。
株、3段跳び位に上がるでしょ。


男性でも、 普段ぱっとしない感じの人なのに、
レストランのオーダーのしかたや料理のチョイスがスマートだったり、
しかも、 作る料理は「俺ってさ、パスタ得意でさ」じゃなくって 
「休みの日にはフライパン1つでさくっとタイ料理を」なんて
聞いたときには、 落ちるでしょ(何に。いや、ご想像におまかせ)。

で。
無類のタイ料理好きの生徒さんが集う、 SALAISARAでも、 しばしば「ギャップ落ち」が起きます。





1月のお料理では、 これが ダントツで こいつです。

e0159569_12042915.jpg
ガイ・パット・メットマムアン・ヒマパーン という、 お料理。 
名前、長いっちゅうねん。

ガイが「鶏」で、パットが「炒める」、で、 長い名前のは、メットマムアンヒマパーン ってやつで、「カシューナッツ」の意味ですが。
一応、「カシューナッツ」は、状況によりけりですが、端折って「メットマムアン」でも通じます」

これ、中華料理のカシューナッツ炒めとは、味が全然違ぁうの。
お醤油味で、ちょっとぺたっとした感じになる 中華と違って、
甘くて辛くてしょっぱくて、 お酒にも御飯にも合う、かりプリの鶏肉とカシューナッツの食感、
+ 意外に食べてみたら辛くなくってじんわりサクっとおいしい~!な、 唐辛子。

そりゃーギャップ落ち、でしょ。


まあ、当然といえば当然かもしれませんが、
うちのお教室は、無類のタイ料理好きさんが集う場所なので
「これ、惚れた!」
「もう中華では頼まない!タイ料理で頼むか自分で作る!」
「今月、タイスキ目当てで来たのに、 これ、一番好き!」

と、 目玉商品のタイスキをしのぐ勢いで「美味しい!」連呼をいただきましたとさ。


ええ、明らかに「ギャップ落ち」。



と、まあ。 ギャップ落ち。

カシューナッツ炒めしかり、ですが。
日本ではタイ料理自体、 作れること自体が 尊敬に値するらしく。

「タイ料理はお店で食べるもんだと思っていた」ものが
いとも簡単に作れて、 しかも、 おいしいとくりゃ。

そりゃー、 みんな、すごいー!素敵ー!、と、なるわけですよ。


・・・・・そう言ってくれる人は、 タイ料理好き、パクチー好きに限られますんで、ご了承くださいませ。
パクチー嫌いに「タイ料理を少々」というと、 片方の頬をひくっとさせて「へー、すごいね」と、棒読みで終わるでしょう、きっと。


なにはともあれ、 ギャップ落ちで落としたい(何を)かたは、
一度、遊びにいらしてください。

2月のレッスンは、 
2月18か19、 それから25か26日が募集中。
2月20日が 残席2です。

どうぞご検討くださいませ。


お問合せは こちらより お願いいたします。





[PR]
by salaisara | 2017-02-03 12:21 | Comments(0)