「ほっ」と。キャンペーン

超教育的サンタクロースと やる気スイッチ

2017年1月のmonthly lessonsは
1/23.1/30に 空きがございます。
タイスキをおうちで気軽に楽しみたい方、 こちらより お問い合わせくださいませ。

さて、
なんかすっかり、お料理教室の宣伝ブログになってしまった このブロ グ。
いや、宣伝しないと、ね。うん。

しかし昨今、 ブログ開設した当初から、情報発王信ツールがほかにもいろいろつかうようになりまして。

今年は、 このブログは、気楽に時々発信してみようかなーと、
新年、こっちも ブログに挑戦してみることに。

当面、レッスン関係は どっちも同じ内容でアップしてみます。



で、さて。表題の件。

もう先月、 もはや去年の話になっちゃいますが。
お子様のクリスマスプレゼント、 何がきましたか?







e0159569_13240304.jpg
2016年12月25日は、 小先生の通うバレエ教室の発表会の日でして。

この、出番まちの時間に、「たま○っち、もらったー」 「D●もらったー」とか、
舞台メイクでぴこぴこ嬉しそうに遊んでいる子が ちらほら見受けられました。



我が家のサンタさん、 
連日の自分の仕事だのリハーサル付き合いだの疲労ピークで、うっかりプレゼントを置き忘れたことに明け方気づき、 
明け方あわててセットしたという、危機一髪がありましたが。


一応、きてくれましたよ。サンタさん。

プレゼントは

e0159569_13364717.jpg

バナナグラム っていうゲーム。 (すいません、なぜか画像が寝てしまいます。時間あるときに直します)


大喜びで、 自分の名前とか、作ってますが。

この時点で小先生、 英語なんて、さーっぱり、 ひとかけらの理解もしていなかったわけですよ。

まったく、一応ね、かーさんだって、 先生が0歳児時代から、 ABCの歌教えたり、
たまに英語で話したり、
アルファベットの書き方本を買って、書かせたりはしていたんです。

でも、どうも 右から左、 アルファベットを文字として認識さえしていなかったようで。 (驚)


そんな折に チャレンジャーサンタさん、 こんな英語教育玩具なんて、置いて行っちゃって、家間違えたんとちゃう?


・・・・いやいやいやいや。 サンタさんの読みが深かったらしい。


その後、元旦からタイに飛んだ。
クラビ、さすがは世界中から観光客がバカンスに来る土地。
待ち構えるレストランや宿の人々も、 とりあえず、英語体制で向かってくるわけです。

困ったのは、 小先生。

e0159569_13481799.jpg
スイーツを注文しようにも、 何のトッピングがあるか、英語で書いてあるからわからない。
どういえば 目的のものが注文できるかわからない。

その上母がスパルタなもんだから、 ホテルで「ほら、ルームキーもらってこい。部屋番号は英語でね」
なんて 崖から蹴落とすようなことするもんだから。

突如、英語の必要性を切実に感じた小先生。


そっから先が、母もびっくり。
まず、必死で何とかローマ字読みを覚えたらしい。
家で踊っていない時は、バナナグラム取り出して、 思いつきのいろいろな言葉を並べ始め。
「それじゃ、実際に書いてみようか?」と、英単語のお手本書いてあげたら、 結構喜んでなぞっていた。
(学校の漢字の宿題は半なきでやってるのに)


やる気スイッチ=極限状態の 必要に駆られたとき なのだ、と、 改めて感じ入ったかーさんでした。

そういえば、かーさんだってタイ語覚えるとき、 必死で3日間でPCのブラインドタッチ覚えたりしたもんなあ。

あとは、どうやって、 やる気スイッチをONにしっぱなしにできるか、というところですねー。
英会話教室でも、通わせる?



ところで、久々にタイに里帰りしたかーさんといえば。

久々に、タイ語スイッチがONに入りっぱなしになり、
でも、長年使わなかっただけあって、 タイ語ー英語の配線が上手に作動せず、

英語モードで待ち構えていたタイ人にいきなりタイ語でべらべら話しかけ、
相手から「?????えええ?この日本人、タイ語しゃべってる!」と タイ語で言われる始末。

なにはともあれ、日本人に戻っていて、よかったよ、あたし。




[PR]
Commented by borarn at 2017-01-11 22:52 x
子供のやる気スイッチの威力は計り知れないですよね。
このスイッチが入っているときは、どんどんいろんなものを吸収していく。でも、このスイッチはどうやったら入るのか?どうやったら切れるのか?予告もなくやってきたり、去って行ったりするのが厄介なところ(笑)

うちのサンタさんは。。。
本格、本物志向の囲碁セット(笑)&英語のボードゲームでした
Commented by salaisara at 2017-01-12 09:41
borarnさん。 囲碁セット、渋い! って、昨今の男子の間で流行ってるの、囲碁? 私の周りで少なくとも3人は学校帰りに地区センターでおじいちゃん相手に囲碁やってたり、囲碁教室通っていたりするんですけど。 

やる気スイッチ、今回はものすごく必要に駆られたんでしょうね、うちの子の場合。 今朝もバナナグラムで「AA OMOSHIROI MUSHINO KOE」と作ってから、学校に行きました。おい、英語じゃないじゃん。まあ、先月までローマ字すら知らなかったんだから、いいとしよう。
Commented by borarn at 2017-01-13 21:14 x
3人も!!!
うちの子はずっと将棋のほうが好きだったんですが、なぜかある時に囲碁の「やる気スイッチ」がON。そこからは囲碁にはまってます。うちも地域のおじ様たちに鍛えられております。

ちなみに今回のやる気スイッチ、「ヒカルの碁」という漫画を読んでから入ったもの。何が引き金になるか、摩訶不思議(笑)
Commented by salaisara at 2017-01-14 09:29
borarn.さん。 地域のおじ様たち、大喜びですよね。笑 漫画からやる気スイッチっていうのも、あるんですね。 ほんと、何が引き金になるかわかりませんなあ。 
by salaisara | 2017-01-11 14:03 | ときどき・娘のこと | Comments(4)